イベントレポート詳細Details of an event

第102回 AGC Studio Design Forum
「2つの像を映す鏡」 ~展覧会「鏡と天秤」より

2019年4月26日(金)
講演会/セミナー

Augmented mirrorに映し出された映像の意味について

 

砂山 映像の内容については、実はあまり意味がないです(笑)。なぜかというと、このプロジェクト⾃体が、どうやってAugmented mirrorを使って空間をつくろうか、ということを第⼀に考えたものだからです。いわば映像は何でも差し替え可能であるように考えています。ですから、この展⽰で制作した映像に対しては⼤きな意味を持たせていません。そういった理由から、最初はメディア・アーティストの⽅にコンテンツを担当してもらおうと考えていました。ですが、実際どのように使うことができるかが空間ができてみるまでわからないことなどから、⾃分⾃⾝でとりあえず、コンテンツも制作することにしました。空間ができてから展覧会オープンまで1週間ほど(映像コンテンツを作り込むための時間が)余っていたのですが、この場で、この環境に合わせてつくりました。結構賭けだったんですよ。ディスプレイの位置や⼤きさなど。本当は⼀⾯全てディスプレイにしたかったんですが、限られた予算の都合上、⼀部分にディスプレイを⼊れていく、という選択になり、なんとなく、ここら辺にこれくらいのディスプレイがあればいいだろうな、という感じで設計して、できた後に、応答するように映像をはめ込んでいきました。
ところで、映像以外にも物理的なものを鏡の前に置いています。それは、このグリッドフレームの考え⽅と似ているのですが、映像、鏡像、そして実際のものが溶け合っているようなコンテンツをつくりたかったということが理由です。例えば丸いヒョウタン。このヒョウタンを置いて、実物のヒョウタンと、鏡に映ったヒョウタン、そしてその間に映像が存在している、というように、曖昧で特に意味を持たないけれど、状態としては実物、鏡像、映像が並列に存在している。勝⼿に物語を連想してもらえるような、そんな空間を作りたいと考え、⼀つ⼀つのオブジェクトを配置しています。

 

Augmented mirrorを扱う上で苦労した点について

 

 Augmented mirrorが外からの光に対して、調整が⼤変です。これって、建築のデジタルサイネージの宿命でもあるんですが、映像が⾒えないとサイネージの意味がない。β版はカラーのグラデーションで作っていたけれど、ほぼほぼみえなかった。なので実際の展⽰ではほぼ⽩⿊にしてコントラストを強めています。また、映像も最初は動きの少ないものを作っていたのですが、より映像の存在を強めるため、動きを⼤きくしました。
あとは、苦労した点というか、やりたかったことになりますが、鏡の形ですね。当初、丸い鏡の裏にディスプレイを置くことも考えていました。けれども技術者の⽅に尋ねると、「今回は曲線カットが難しい」ということだった。また、この展⽰は、できるだけ⽣のまま、⼤きいガラスで使って欲しい、という要望もあり、そういったことから今のかたちになりました。もし⾃由に切ることができたなら、⼤きな丸い鏡や、有機的な形など、映像との関連においてもいろいろ考えられます。最初に⾒せた有機的な建築形態と映像がリンクしたものも⾯⽩いと思います。今回は要件的にそれが叶わなかったですね。

1 2 3