イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

会場の参加者 右下にある、藤原さんの「気になる、気になる」というのは?

 

磯村 ああ、開発が終わった後の心境ですね。藤原さん、どうですか?

 

藤原 はい、Wemekeの仕組みの中では、ユーザーの参加は最終審査で終わりなのです。最終審査時に、選抜者の1人ずつがプレゼンテーションし、受賞者が決まり、そこで終わりになるんですけれども、企業さん(の商品開発)ではそこがスタートラインになるわけですよね。先ほど金森さんから言われたように、商品化されて世の中に出るというのは、参加者にとって一つのモチベーションになりますよね。それを見たいという気持ちがあるので、自分の手を離れたけれども、その後が気になるということです。

 

磯村 三宅さん、その後、どうなんですか?

 

三宅 その後、藤原さんは、今日初めてプロトタイプを見られたと思うのですが、どうでしたか?

 

藤原 ホームページでアップされていたのは拝見していたのですが、今、展示用としてわかりやすくモックでつくってくださっていて、感謝、感謝という気持ちです。実際は大きなお風呂場のガラス面なので、ちょっと印象は変わると思いますが、まさにツヤっとした質感の綺麗なガラスの中に全てのパーツが埋め込まれる、かなりテンションが上がるようなものに仕立てていただけるであろう、と強く期待しているところです。

 

磯村 その期待にちゃんと応えないと、我々にも次がないですね。

 

三宅 そうなんです。ですから、「必ずどうにかします」って言わされています(笑)。このテーマに関して言えば、あのモックアップを持っていろんなところへマーケティングしてもらう。

 

磯村 これだけ苦労して、アイデアを詰めてもらって、それでおしまいなんて言えば大変なことですからね。我々にすごく大きな責任がのしかかってきますね。それを果たすことで次の展開や信頼に繋がると思いますし……。金森さん、最終審査以降にプラットフォームが、何かすることはあるのですか?

 

金森 いや、そこまでケアするケースは少ないと思います。どちらかというと、最終審査へ向けてのプロセスの設計とか、その過程でどのような気付きを得たか、ということを形として残すか、ということをやるのがプラットフォームの役割ですからね。

 

磯村 なるほど、やはり我々主催者企業が最終責任を持ってやり切らないといけない。他はどうですかね?

 

会場の参加者 三宅さんの「こんなの初めて」という心境は、どういうことだったのですか?

 

三宅 例えば藤原さんだったら、マーケティングの専門家ですよね。また江藤さんはもともと工業デザインの開発をされてきた方ですよね。今日いらしていない他の5人の選抜者(ユーザー参加者)の方々も、それぞれに異なるバックグラウンドを持っておられました。今回のプロジェクトは私などAGCの研究所が主導したものだったので、(思考形態や言葉などが応募者と)違うのです。関わった社員はみんな研究員であり、研究員というのはみんなものの考え方が似ていて、「こうやって、こうやって、こうするよね」ということが共通の習慣としてある。一方、マーケティングの考え方を聞くと「ああ、そっちから考えるのか」と、仕事の進め方も違うし、同じものを見ているのに見方が違う。今まで仕事をしたことのない人たちと協業した時に「全てが初めての感じがした」わけです。

 

磯村 それが醍醐味であり、大変なところなんですね。

 

三宅 僕は面白かったです。どうですか、他のメンバー(会場に来ているAGCの担当社員)は?

 

会場のAGC社員 私もどちらかというと、面白いと感じることが多かったです。

 

磯村 これまでと違う仕事の進め方、考え方など、気付きがありましたか?

 

AGC社員 提案者さんと「何を進める」「どう進める」と相談を重ねるのですが、その進める時の理由づけが、私と全然違ったりするんですよ。例えば、私たちはAGCの研究員なので、「これは特性がいい」とか、そういう物性に寄った話をしがちなんですが、「こっちの方がキャッチー」とか「意外性を感じるだろう」とか、目の付け所が全然違うのです。

 

磯村 なるほどね、これはいわゆる「越境学習」と呼ばれるものですね。実は私、この「越境学習」の研究をしているんです。すごく学びになるだろうと思います。ユーザーさんサイドではどうですかね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10