イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

藤原 ちょっと大きく出すぎちゃって(笑)。社員の方からすると「何言ってんだ!」と言われそうですが(笑)。気持ちとしては、最初、Wemake でAGCさんの公募情報を見た時に、先ほど三宅さんが仰った「素材メーカーはエンドユーザーから遠いところにいるため、ユーザー視点(ニーズ志向)を持つ人と協創したい」ということが明確に書かれていて、それなら「お役に立てるかも」と思ったことが一つ。もう一つは、私はガラスのことについて全くの素人で、「このようなニーズがあるのでガラスで充足できないか」というところまでは考えられても、その実現方法まで考えられるのか、という不安もありましたが、それについて「ガラスの専門家としてバックアップします」と明記されていました。それで、安心して応募したのです。任せて、なんてとんでもないんですが(笑)。

 

磯村 任せて、というのは消費者目線でご自分の専門性を活かせると思われたのですね?

 

藤原 はい。

 

磯村 お二人とも、これまでのアイデアとか、ご自身の専門性を活かせる場を見付けた、という気がされたのですか?

 

藤原 そうですね。

 

磯村 先ほど、募集の時点でどうするか、ゴール設定とか、母集団をどのように広げるのか、とかマッチングなど、そこらへんで気付かれたことはありますか。

 

金森 募集要項がありますけれど、その伝え方が難しいと思っていて、詳しく書きすぎたり、抽象的になりすぎたり、と。答えはないと思うのですが、先ほども言ったように、文字面だけだと、どうしても過度に読み込んでしまったりしてしまう。でも、テレビ会議のように直接お話しできると、伝わりやすいのだろうと思います。

 

三宅 僕らも実は、公募を開始してすぐに説明会をここで開きました。何人か来ていただいて「こういうことを考えている」と説明してからキックオフすることもやりました。そこへ来ていただけた方は「すごく良かった。イメージが伝わった」と言っておられましたが、来られなかった人はそうでもない

 

磯村 最初から字面だけでなく、きちんと会って伝えたらそうでもない、と。ちなみに三宅さんの心の声には、お二人が割とポジティブに受け取られているのに、「早く言ってよ!」と、意気消沈しているイラストが描かれていますね。これはどういうことですか?

 

三宅 ちょっと言いにくいんですが、これは公募の前からなんです。何が一番大変だったか、というと、社内の調整が死ぬほど大変だったんで(笑)、始まる寸前に「そんなものやるなよ」とか言ってくる同僚がいたりして、プロジェクトが始まった瞬間に「ああ、やっと終わった……」という気分になってしまった(笑)。

 

磯村 何でそういうやりづらさ、大変さがあったんですか。

 

三宅 やっぱり、公募に限らずだと思うのですが、外の人と一緒に何かをすることについて慣れていなかったので、どうやっていいかわからないし、「本当にやっていいの?」とか「こういうことが起きたらどうするの」みたいなことを言ってくる社内の人がいるのです。当然、法務とか知財部門とかは、そう考えるのは仕方ないと思うのです。ただ、今回やってみてわかったこともあるので、次回はもうちょっと、大丈夫かなぁ、と思います。

 

磯村 大きな組織だと、そういうことありがちですね。一歩(自社文化の刷り込みや業界常識、ルーチンの仕事から)外に出るのがすごく大変、という苦労が、このプロジェクトを始める前段階にあったようですね。それをどうやって乗り越えたのですか?

 

三宅 ハハハ……、とりあえず、のらりくらりですよ。(ネガティブに反応する人に対しては)「そんなこと言わないでよぉー」とか言って頼んで……(笑)。まぁ、正確にいうと「うん」と言ってくれる人を見つければいいとわかったので、「うん」と言ってくれる人のところへ頼みに行きました。

 

磯村 ありがとうございました。会場の皆さんで、それが気になる、というところがありましたら、指差したり、指摘してくれませんか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10