イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

磯村 先ほど、3つの視点がある、ユーザーの視点と企業の視点、プラットフォームの視点、の3つがあると話しましたけれど、どの視点に関心があるのか、皆さんのお気持ちを聞いておきたいので挙手してもらえますか? まずは企業の視点として関心があるという方……。半分くらいなのかな。ありがとうございます。では、ユーザーの視点で関心があるという方は……。これも半分くらいですか。プラットフォームの立場としてという方……、あっ、いらっしゃいますね。ちなみに、どんな内容の話になったか、教えてもらえますか?

 

会場の参加者 ゴールの設定について、企業側から明確に伝えすぎると発想が縮こまって面白くなくなるだろう、という話をしました。一方、何も言わないと、抽象的になってしまうだろう、と。そういう悩みが付いて回るのだろうと思いますけれど、企業側からは「伝えない勇気」も必要だろうと。

 

磯村 ありがとうございます。確かに最初のゴール設定が難しいというのはありそうですね。他には、どういうお話をなさいましたか。

 

別の参加者 パワーバランスについてなんですが、主催する企業側と参加するユーザーさんの関係で、従来の発注と受託の関係がどう変わるのか? 協創するユーザーイノベーションの時には、企業側として、どこまで期待を話すのか、と。今回、受賞なさった方、そこに来ておられる江藤さんと藤原さんは(企業経営者とプランナーという)半分プロの方のようなので「このぐらいやっておけばAGCサイドも納得するだろう」みたいな感触が、プロの経験上あったのだろうと想像しています。一方、本当の素人の方、専門領域やビジネス感覚がかなり外れている人を巻き込む際に、どのような化学変化が起きて、主催者がどのように悩むのだろう、というところに関心があります。そういう話を私たちはしました。

 

磯村 ありがとうございます。面白いテーマだと思いますので、これから、そういうことについてもトークしたいと思います。ただ、何について話すか多少の材料がないとやりにくいと思い、表のような材料を用意しました。これをベースに話していければと思います。「ぶっちゃけトーク、あの時の心の声」というタイトルを付けて、それぞれの方の各プロセスにおける問題意識を表現してあります。左から右に時間が流れており、まず、一次審査があり、改善の段階があり、最終審査があり、開発へ、という時間軸ですね。で、縦軸にはAGCの三宅さん、ユーザーの江藤さんや藤原さんがいらっしゃって、それぞれが各段階でどう思っていたかを一言ずつ事前にいただいてそこに記してあります。これを見て、気になるなぁ、というところがあるかと思いますし、プロセスを経ていくうちに気持ちも変化していくのが分かると思います。これを材料に話を進めたいと思います。では、最初は、私から質問していきます。まず、応募の段階で江藤さんは「キター!」と、藤原さんは「私に任せて」と呟いていらっしゃいますね。これは応募を知った時の気持ちなのだろうと思いますが、この時のことを話していただけますか。例えば、このプロジェクトにどんな魅力を感じたかなど。

 

江藤 私は「キター!」というようには言ったつもりはなかったんですが(笑)。

 

磯村 私が多少、誇張して表現しました。すみません(笑)。

 

江藤 「キター!」という感覚はなかったのですが、先ほども申しましたように、Wemakeさんのやり方と、自分が取り組もうとしていることがちょうど合っていたということなんですね。ただ、私の構想では、一般の方々ではなく、専門家を集めて、専門家といっても工業デザイナーだけでなく、ものづくりに関して多視点で見られる専門家、考えられる専門家を組織化して自社に限定しないイノベーションをやろう、と。そういう団体を作ったんですが。私は「ネクスト・デザイン・ラボ」という考えを持っていて、研究しながらその成果を社会に還元していこうという主旨でした。それとこれが、マッチングしたんです。Wemakeという考え方、みんなからコンセプトやアイデアを集め、それをブラッシュアップしていく、という。そのブラッシュアップの仕方を実際に見て、学びたい、と。それで、「キター!」と(笑)。

 

磯村 なるほど。ちなみにAGCであったということについてはどうですか。別に他の会社さんのプロジェクトでもよかったのでしょうか?

 

江藤 これも先ほどタイルのパテントの話をしましたよね。ガラスというのも非常に近い素材だ、と。外壁材でも使われ、AGCさんも素材をつくっておられる会社さんなので、アイデアとして近い。20年前に考えたことを基に、そのまま入っていけた。AGCさんの担当者さんとテレビ会議をした時に、親近感が湧いてきました。次の会議までにはここまでやったほうがいいなぁ、というものを私は出したいわけですよ。それで大変になって、忙しかった。要するに、言われるよりも前に、それ以上のことをやりたい、と私が思っていたのです。最終イメージが私の頭の中にあって、それを表現したい、とずっと思っていました。とにかく自分が温めてきたアイデア、構想を全部出し切りたい、と。

 

磯村 今回のようなプラットフォームみたいなようなものがあると、自分のアイデアを出せる先が幅広くなるわけですよね。

 

江藤 その通りですが、プラットフォームの限界も感じました。決められた形の意見を言われると、アイデアが萎みますよね。だから、そういう意見に対して、私はボイコットしていた。出すタイミングを考慮し、締め切りの1分前に出しました。要するに、インターネットに応募して、(採用前に)主催者とやり取りするのを避けたかったのです。それをうまく拾ってくださったからラッキーだった。

 

磯村 ありがとうございます。藤原さんは、いかがですか? 「私に任せて!」としていますが。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10