イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

磯村 江藤さんに一つ質問させてください。今回のプロジェクトにはどんなきっかけで応募されましたか?

 

江藤 JIDAという「日本インダストリアルデザイナーズ協会」というところからメールが来まして、私は、その会員ですので、その役割を果たそうと。で、Wemakeさんのことは知らなかったのですが、オープンイノベーションという考え方自体が「面白いなぁ」と思いまして。ちょうど私は、同じようなことを考えていまして、オープンイノベーションに関する一般社団法人を作ったばかりだったんですよ。それはデザイン思考の研究という立場から、スタッフを集めて、それと同じようなことをしようとしている最中だったのです。それで、その勉強のためにはうってつけだなと思い、参加して中身を知ろうと考えたのです。

 

三宅 そういうきっかけから最優秀賞を受賞された。

 

江藤 それは偶然で(笑)。

 

磯村 素晴らしい。ぜひ、皆さん、展示を見ていってください。「IoTガラスブロック」というものです。これがイメージ図ですよね。

 

江藤 要するに、ガラスのブロックを積み重ねて、そこにIoTが入っている。そういうアイデアを以前から持っていたのです。簡単に紹介しますと、愛知県ですから、昔、INAXという企業がありました。今は別の名前になっていますが、タイルと衛生陶器を作る有名な会社ですよね。私はタイルに興味がありまして、タイルの未来形を考えていて、タイルを高機能化するとどうなるのか? と考えていたのです。その中のアイデアとして「タイルに時間軸を入れたらどうなるか」というものがあり、それをパテントに出して、ちょうど3年前にそれが切れました。どういうことかというと、昔はインターネットがなかったので、素材自体に化学反応で時間を設定し、色が変わっていく、という考え方をパテント化したんですよ。でも誰も見てくれなくて(笑)、眠ったパテントになり、期限が切れて公表されてしまったのです。そこから派生したアイデアとして、電子的に制御できれば、という漠然とした思いがあり、今の時代になって、それが実現できそうだ、と。インターネットにはインフラがいらない、と。掌に収まるサイズのスマートフォンさえあればいい、と。そこから、この考えに発展しました。

 

磯村 20年以上、温めてきたアイデアなんですね。その歴史を踏まえると、感慨深いですね。皆さん、ぜひ、展示を見ていってください。色なんかも制御できるのですね。ありがとうございます。では、藤原さんにも自己紹介をお願いします。

 

藤原 藤原と申します。よろしくお願いします。私は今、フリーランスでマーケティングプランナーをしております。もともとマーケティング会社に勤めておりまして、様々な企業さんの商品やサービスのマーケティングを支援するような仕事をしてきて、その後独立して今に至っています。マーケティングは「買ってください」とこちらから言うのではなく、お客様の方から「買いたい」と思われる状況をつくっていく仕事です。そのために私たちがするのは、「生活者の人たちは、どういう行動をしていて、どんな欲求を持っているのか」をまずは調べます。そこから「これが欲しかったんだ」と自ずと思ってくれるような商品やサービスをつくる。そのプランを考えるのがマーケティングプランナーです。そういう仕事をしているために、いつも消費者目線でものを考えているわけですが、どんどんと自分の仕事の幅が固定化しているような気もし始めていて、何か新しい取り組みをしてみたい、と思っていた時に先ほどから出ているWemakeを発見しまして、3年ほど前から登録しました。1年に1、2案件程度、細々と応募して、2回に1回くらい、このように企業さまとご一緒する機会をいただいています。

 

磯村 2回に1回って、すごいですね。打率5割じゃないですか。

 

藤原 いえいえ、まだ数は少なく、お陰様でなんとか。

 

磯村 言える範囲で、どんな内容か紹介していただけますか。

 

藤原 製薬会社さんとか、飲料メーカーさんなどです。今回のAGCさんで3社目になります。

 

磯村 今回はガラストップの風呂壁という企画でしたが、これはどんなものかご説明いただければ。

 

藤原 まず、ネーミングですが、締め切りギリギリに、息も絶え絶えになって、なんとか応募できた、という感じで、名前を熟考するところまでいけませんでした(笑)。今、お風呂ではカビの問題を皆さん気にされているところに着目しました。カビが生えるのは目地とか、鏡の裏側みたいなところ、蛇口のレバーだとか、給湯の操作パネルみたいなものも凹凸があって、そういうところの掃除が大変だな、ということを日頃、当たり前に受け入れてしまって生活していますが、それをスパッと1枚のガラスの奥に閉じ込めてしまえば、操作パネルなども含め、防水テレビなども、AGCさんがスマホの表面ガラスをつくっていらっしゃる技術を活かせると考えました。継ぎ目のないシームレスなお風呂場にすると、当然、カビも生えませんし、将来的にはルンバのような自動壁拭きロボットみたいなものが掃除してくれるような、そういう世界が実現できると。そういったアイデアです。私自身、掃除が嫌いなんで(笑)。

 

磯村 これは展示のサンプルを見ると、確かにそうだと思います。なかなか気付かないのですけれど、言われて見ると、確かにお風呂で嫌だな、と思うところを解消してくれるアイデアだと思いました。と、ここまでがユーザーさんからの視点でした。ではここからはプラットフォームサイドの視点で金森さんからお話いただきたい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10