イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

磯村 前置きが長くなりましたが、今日は、ユーザーイノベーションについて、ユーザー、企業、そしてプラットフォームそれぞれの視点から話していきます。「ユーザーイノベーションが「何で必要なんだろう?」「何が起こるのだろう?」「それを、どううまくやっていくのだろう?」などと、私たちが取り組んだことについて、今日のプログラムの中で皆さんに何らかの気付きがあればいいと考えています。で、本日のメンバーをご紹介させていただきます。左から、AGCで開発をやっている三宅です。協創アクセラレータという謎の肩書きも持っています。その次のお二人は、今回展示してある「GLASS INNOVATION CHALLENGE」で受賞なさったユーザーです。藤原さんと江藤さんです。また、こういったユーザーイノベーションをオーガナイズしてくださるプラットフォームの方、ロフトワークの金森さんにも参加いただき、今日のフォーラムを進めてまいります。それと、今日はその壁際にいらっしゃる方、山内さんにもグラフィックレコーディングとして参加いただいております。なお、私はAGCでファシリテーターをやっている磯村と言います。よろしくお願いします。
 では早速、企業の視点として、三宅さんから話していただけますでしょうか。よろしくお願いします。

 

三宅 「協創アクセラレータ」という怪しい肩書きがついておりますが、会社からは「アクセラレータ」という肩書きをやるから、もっとどんどんやれ、と言われて(笑)やっている感じです。最初にAGCとしてオープンイノベーションについて、どう考えているかを含めて、ご説明いたします。最近、社名が旭硝子からAGCに変わり、高橋一生さんがCMをしてくださっていますが、社名変更とともに、ステートメントみたいなものを作ったのです。ここに書いてある通りなんですが「社会にイノベーションが起きた時に、必要になる素材や、素材にまつわるソリューションを提供していく」というのが大切だということです。私たちもいろんなことをやっていて、世の中に変化が起きた時に、そこに適応するような素材をどんどん提供するような会社ですよ、ということを説明されていまして、今後もそういうことをやっていきたいと思っています。では何でオープンイノベーションなのか? と言いますと、よく言われているように、どんどん開発がスピードアップしていく今の時代に、自分たちだけではない、いろんな知識や経験を取り入れていきたい、と。もう少し詳しくいうと、我々は「素材屋」なので、素材を加工するところがいて、それを組み上げて部品にするところがいて、さらにそれを製品にするところがあり、そういう過程を通して皆さんのところへ届くというビジネス上の特性があります。素材メーカーとしては、この製品化してくださるところを我々のエンドユーザーという言い方をすることがあります。彼らの作る最終製品が売れないと、我々の出番はない。つまり、本当のエンドユーザーからはかなり遠いところにいるのです。で、製品メーカーさんなどが「もっと小さくしたい」とか「電気製品だから」「スマホなので、、、」と言ってきた時に、部品屋さんは例えば「出力を上げればいいんだよね」と言うし、我々は「素材的には、こういうことをすればそれができる」などと考えるわけです。つまり、最終製品を作る人が何をしたいのかを分解する必要があり、時間もかかる。一方、何かを変えますという時に、例えばIT系の人たちならコードを変えればいいだけなので、パパパッとキーボードを叩いて変えられだろうし、部品屋さんでも、違う部品を持ってきて組み直すということもできるのですが、素材を提供する我々は、料理と一緒で、やり方を変えて、つくってみて、さらに性能を検証しないといけない。すごく時間がかかっちゃう。

 

磯村 他業種さんがすぐできる、といってしまうのは……。

 

三宅 あっ、失礼しました(笑)。素材ばかり研究していると、ちょっと偏見が生じるもので……(笑)。だから、この図で言うと「独りよがりはダメ」というところと「スピード上げないとね」ということがあり、自分たちだけで性能を上げようということはできないので、「こういうのが欲しい」と言っている人たちと一緒にやるとか、(ものづくりの、より下流にある分野の)エンドユーザーに近い人たちと一緒にやったり、エンドユーザーさんと一緒に取り組むのが大事になってくる。そのように、我々みたいな、ものづくりの上流にいるところこそ、そういう協業、協創が大事になってきます。「つなぐ」というのが私たちのキーワードになっていまして、私が属する研究部門では来年、新しい研究棟ができる予定になっており、そこの中にコラボできる空間ができるので、皆さんと積極的にコラボしようというメッセージを出しています。先ほども言いましたように、我々は素材屋なので、「ガラス製品をもっと魅力的にして!」とみなさんにお願いし、何かしらのイノベーションをできたらいいね、と思っています。今回、このスタジオの企画展では「ANIMATED」と名付けて、今までと違ったイメージを出したいと考え、ガラスの新しい見せ方をしています。2階では「GLASS INNOVATION CHALLENGE」という内容で、ガラスの使い方をちょっと変えてみようか、という提案をしています。私たちは、みなさんと一緒にイノベーションをしていきたいと考え、とりあえず始めたわけです。

 

磯村 半分、宣伝みたいな感じになりましたが、「AGCは(プロダクツの)上流にいるから」というのがポイントだと思います。実際、私たちのガラスを使っていただいているお客様がどう感じていらっしゃるのかが、伝わってこないんですよね。普通に仕事をしている限りでは、そういうものがわかりにくい。だから、協創が重要になると思います。では、続けて、今回の「GLASS INNOVATION CHALLENGE」に関する枠組みのご説明をします。経緯ですね。

 

三宅 はい。今回はWemakeさんのプラットフォームを使って取り組みました。この「Wemake」をご存知の方は、(会場に)どのくらいいらっしゃいますかね? あまりご存知ではなさそうな……。検索するとすぐわかると思いますが、彼らは日本最大級のオープンイノベーションのプラットフォームとされています。簡単にいうと、登録すれば誰でもここへ入れるので、そういう登録者に向けて「お題」を出してコラボをするという仕組みです。我々は「GLASS INNOVATION CHALLENGE」のお題を出しまして、アイデアを募集しました。特徴としては、公募するようなプロジェクトではありますが、公募して、選んで、おしまい、ということではなく、応募して選ばれた企画と提案者さんに対して、我々、社員が入り込んで、それが企業活動として成立するような提案へとブラッシュアップすることです。それを経てから最終審査を行うという流れになっています。実際、このプロジェクトでは200程度の応募、提案がありまして、その中から7提案を選び、それらを改善して表彰し、ファイナリストたちの提案をこのスタジオで展示しました。で、このファイナリストであるお二人に、自己紹介をしていただこうと思います。

 

江藤 江藤です。私は、名古屋で工業デザインの事務所を構えています。そこで精密機器を中心にデザイン展開をしています。例えば、バーコードリーダーですとか、カメラであるとか、そういう精密機器です。また愛知県にはものづくりの中小企業が多いですから、その方々を対象に事業をしています。口紅から電車までをやっていますね。車だけはやっていません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10