イベントレポート詳細Details of an event

第100回 AGC Studio Design Forum
「日常の体験を変えるガラスデザイン」

2019年1月17日(木)
講演会/セミナー

磯村 プラットフォーム側の金森さんはどう思われますか。

 

金森 いろんなケースがあると思います。外部有識者の方を入れて審査会を組んだり、審査においてもこれは「○○賞」こちらは「○○賞」と、事業化を前提にした賞やそれ以外の賞というように複数のレイヤーを持たせて、せっかく生まれたアイデアが埋もれてしまわないように、と。会社の人にとっては事業化、製品化がすごく大事なことなんですが、世の中や時代、社会全体に対する視点とかが評価基準にあってもいいと思います。

 

磯村 江藤さんは「最優秀賞」を受賞されましたが、やっぱり、ウケが良かったから最優秀だったわけですよね。どうでしたか、ここに至るまで「大変だ」と書かれていますけれど、何が大変だったんですかね。

 

江藤 最終プレゼンのためのワークが大変でした。7分間にまとめるための作業が大変でした。他の方々のプレゼンテーションが面白くて、楽しんで聴きましたよ、自分のプレゼンまではね(笑)。ただ評価基準については、最初に明示されていた方がいいのかもしれない。そこは企業側として、問題ありますよね。

 

磯村 そう言われると、そうですね。

 

金森 採点方法までつまびらかにする例は、あまりないかもしれませんが、行政でやっているコンペなどでは採点の配分まで開示されていて、それに対してどれだけ説明できているかなどを精査してプレゼンに臨んだりするので、そういう側面をもたせることもできますね。

 

磯村 藤原さんは最終審査の時に「この場に立てて良かった」と書いてありますけれど。

 

藤原 先ほど申しましたように、紆余曲折がありましたからね(笑)。正直、2回目の「ごめんなさい(ドロップアウトの申し出)」を、どのタイミングで言おうかと思い悩みながら、最後何とかこぎつけられたのは、やはり、パートナーとして一緒に考え叱咤激励してくださった社員さんのおかげだなぁ、と思います。途中でドロップアウトしようと思ったことは何度もあって、責任感の一念だけでとどまっていた時もある。コンペだとか審査や受賞だとか頭から消え、パートナーの方々と最終審査の場に立つことだけを目指そう、という気持ちになっていました。そこに来られたので、良かったぁー、って。その上、受賞までさせてもらって、これ以上の喜びはないです。

 

江藤 全く同感です!

 

磯村 ここまで聞かされると、やはりもう一度展示をじっくり見てから帰らないといけませんね。ユーザーイノベーションとか、オープンイノベーションとか言っても、中身はやはりすごく大変なんだなぁ、と。違う価値観の人たちとどのように結果を出していくのか。結果だけでなく、学んでいくプロセスも大事で。時間がだいぶオーバーしたので、これくらいで終わりますが、今日、グラフィックレコードをしてくださった山内さんから、まとめ代わりに、印象に残ったことなど感想を話していただきたいのですが。

 

山内 僕が主観的に気になったのは、最後の審査をするのは例えばCTOさんだ、と。一方、社員の担当者さんたちがそこへ行くまで「これにしよう」と決めたわけですよね。AGCでできるかできないかを考慮しながら「これでいこう!」と思えた決め手は何だったのか? と誰かに聞きたいですね。それが分かれば、「ひょっとして無駄になるかもしれない(藤原さん)」という1ヶ月を飛ばして、スピード感を持ってできるのではないか、と。

 

会場のAGC社員 はっきり言ってしまうと、新商品をつくる上で必要とされる要素はたくさんあります。ですから、多角的にいろんな判断をされたのだと思いますけれど、やはり、みんなの中で「オオー!」と言うような、インパクトだとか、その場の空気感をガラッと変えるようなアイデアは、大事で。

 

三宅 盛り上がった!

 

社員 そう、その盛り上がりって、今まで見たことがなくって、かつ見たことのないものが課題とソリューションの間に、ズボッとハマっている感があった、と個人的には思っています。

 

磯村 なるほど、素晴らしいですね。多分、ものを見れば、それが「すごいじゃん」と共感を得られるものだと思うのです。今日は、そういう結晶みたいな、綺麗な話になるのかと想像していたら、苦労した、大変だったという話ばかりになって(笑)。ただ、結果がそこに展示してあるので、すごく良かったと。

 

磯村 どうもありがとうございました。グラレコを確認したり、展示を見てもらって、おしまいにいたします。今日はどうもありがとうございました。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10