イベントレポート詳細Details of an event

第101回 AGC Studio Design Forum
「スポーツする建築」 ~展覧会「鏡と天秤」より、浜田晶則 x上林功

2019年3月14日(木)
講演会/セミナー

中崎 ここで、私から質問させてください。人と街とスタジアムという話がありましたね。そこで、スタジアムが街のどこにあるかで、デザインは変わってくるのかどうか。観戦に行く側からすると、なるべく(アクセスが)便利なところがいいと思います。街中にあるからできることと、郊外だからできること、その違いがスタジアムのデザインにも出てくるのでしょうか?

 

上林 僕は出てくると思います。スタジアムはこんなにでかいにもかかわらず、利用頻度が高いかというと、プロ興行のホーム利用などはとても少ない。そうなってくると、スポーツで使う時以外の使い方も大事になってくる。それが、都市圏と郊外で全然変わってくる。やはり、都市圏の中だと例えばコンサートなどになるんですが、そういうイベントでもすごく大規模になる場合は、むしろ中心部から離れた所の方が成立する。最近の話だと、都市圏で作るスタジアムなら、公園的な、人々の憩いの場所として整備しようという考え方もあります。まだ模索中というところだと思います。

 

中崎 先ほどの満足度に関する調査について、ホームチームファンの満足度と、そうでない観戦者の満足度は自ずと違うと思うのですが、先の75%には、この両方とも含まれるのでしょうか?

 

上林 入っているんです。入っているんですけれど……、自分の研究を貶める気はないんですが、観戦満足がリピート訪問につながるかどうかは微妙なところがあります。例えばチームの勝敗や試合内容に関する満足度が非常に大きく影響し、一方、施設や環境に関する満足度がリピートにつながる割合は、微々たるものなんですよ。先ほど、調査結果をお見せしましたが、あの図が関わっているのは調査全体のほんの一部なんです。あれだけが全てではない。やはり、スポーツチームが人を呼ぶには勝利しないといけない。そういった意味では、あまり大ぴらには言いにくいのですが「ホームチームが勝てるスタジアム」という設計が重要ということもあります。
先ほど、一体感という話をしましたが、それは観客の一体感だけではなくて、観客自身がもう一人の、最後の選手だ、と思えるくらいグランドの中の選手との一体感が重要だと思っています。そのためには(イギリスのサッカー専用スタジアムにあるような)ピッチと観客席の近さはすごく重要だと思います。私以外の研究者でも、グラウンドの近さとファン心理の関係を研究している方もいらっしゃるくらいなので、かなり重要なテーマだと思います。

 

中崎 その距離とか一体感というのは、例えば野球、サッカー、ラグビーなど競技によって異なりますか?

 

上林 それは難しい質問です。(ファンと選手の)距離(の持つ意味)については、どの競技もほぼ同一なんじゃないか、と言われています。一方、異なると言われているものもあります。スタンドの勾配です。いわゆる視野角の違いですね。一体感を得られる試合の見方が、おそらく競技によって違うのではないか、と。例えばサッカーだと俯瞰で全体の動きが見えた方がいい(=勾配があってもいい)。一方、野球はできるだけ勾配が緩やかな方がいい、と言われています。これは非常に難しくて、緩傾斜だと前の人が観戦の邪魔になってしまう。そういう視線設計を緻密にしないといけない。そういう特性が競技ごとに違います。私自身、複数の球団様から依頼を受けることがあります。球団のファンごとに少し個性が異なっているという事情もあります。私が、こういうことを研究しているのは、設計者もそこまで考えながらスタジアムをつくりましょう、と言いたいわけです。今後、陸上トラックが外縁に挟まっていてフィールド競技が非常に遠く見えてしまうとか、そういうスタジアムはだめだ、というエビデンスを自分で生み出していこうと思っています。

 

中崎 現状の都市の状況を考えると、都市とスタジアムの一体感だけでは魅力的な空間にはならないと感じています。

 

上林 先日、たまたま再版されたコルビジェの『輝ける都市』を見たのですが、輝ける都市、という固有名詞を用いて彼が書いている最初の文章は、スポーツ施設と関連しているんですよ。彼は、いわゆる居住空間を再構築する中でオープンスペースができる、と。そこに何を持って来るべきか、として「スポーツ」と明確に書いているんですよ。当時ですので、「余暇」の代表としてスポーツを挙げたのかもしれませんが、僕がさっき言ったように「スタジアムだけで設計してはダメ」ということなんです。スタジアムを作る際は、都市そのものをちゃんとリ・デザインしないとダメなんです、という話に繋がるんだと思います。だから、再開発だったり、都市の再生とスタジアムは手をつなぐべきだと考えているんです。

 

中崎 その可能性のあるところは日本の中にあるんですか? スポーツ施設を核にして都市全体を、都市全体は難しく、街区レベルでしかできないとは思うのですが、そういう事例はあるのですか。

 

上林 数は少ないながら、そういう動きはちょっとありまして、最近では例えば札幌の日本ハムファイターズです。

 

中崎 計画は北広島でしたか。

 

上林 ええ、これは思い切ってフロンティアに出たと言いますか、街中ではもう無理だから、すごく広い土地のある北広島に本拠地を移して、まちづくりも含めたことを都市計画規模で一気にやろう、と。

 

中崎 なるほど。10年ほど前にスタジアムに関する勉強会を開いたことがありました。その時、スタジアムの観客席の下部を住居スペースにして、朝、目が覚めると外に芝生が広がっている、また運動ができて、と、そういうスタジアムの可能性について議論したことがあるんですけれど。そういう事例もあるんですか?

 

上林 いちばん有名なのはスイス・バーゼルにある「ザンクト・ヤコブ・パルク」というサッカー競技場です。ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計したもので、いちばん大きな客席の背部が高齢者用の住居になっていて、そこに住んでいる方々は窓からスタジアムが見られる環境になっています。また最近見た中で「これ、うまいなぁー」と思ったのは、アブダビのスタジアムです。サッカー・スタジアムは4方向にスタンドが伸びて隅の部分がピッチに対して斜めになってしまいます。思い切ってその隅の部分にホテルとマンションを建て、そこに住んでいる人はそこから観戦もできるような計画が実現しています。広島のマツダスタジアムも、スタジアムに隣接している民間が開発した部分にレジデンスが建っている。そういうことはあり得ると思います。

1 2 3 4 5 6 7 8