イベントレポート詳細Details of an event

第99回 AGC Studio Design Forum
「Like living ~ガラスは生命体の夢を見るか?~」

2018年12月20日(木)
講演会/セミナー

河合:今回のプロジェクトのガラスのバネは、そのあたりが上手くいったと感じています。アウトプットを引き出すものとして、バネが出てきたのは、先程の大野さんのお話の通りだったと思います。最初は、ちょっと違う形状でのヴィジュアライズがありましたが、研究員がやりたいのはこういうことだ、という擦り合わせを行い、次はバネが出てきた。その結果、すごく面白いプロダクトができました。
 また、今日のお話を聞いていて、ガラスのバネは、先程の六本木ヒルズのクリスマスツリーとカタチが似ているなと思いました(笑)。

 

大野:そうなんですよ。さっきの360°BOOKの富士山も似ていて、末広がりのデザインが好きなのかな、と我ながら思います。縁起がいいデザイナーとして、宜しくお願いします(笑)。

 

小原:ありがとうございます。最後に、最近Webで公開された、青木さんのインタビュー記事を紹介して終えたいと思います。「人工物が『生命体』をまとったとき、社会はどう変わるのか? – ALife Lab.青木竜太さんインタビュー」という記事でして、とても興味深い内容なので、皆様、宜しければ、ぜひ読んでみてください。
 とくに、インタビューの結びに出てくる、ドラえもんの話が面白いです。ドラえもんとのび太君、そして、のび太君がワ~ンと泣いたときにドラえもんからもらう道具の関係を手掛かりに、我々にとっての人工生命とは何かを提示しています。今回の一連の協創プロジェクトになぞらえて表現するとなれば、ガラスのバネの作品の制作プロセスのように、ガラスに生命を吹き込んでみようという新しい試みや、他者との協創によって試行錯誤し、今までにない成果を生み出すことに関する話でして、青木さんは、のび太君とドラえもんのその関係性が「共進化」の関係にあるのではないか、と指摘します。

 

 詳細は記事で読んでいただきたいのですが、“共に進化する”ことと、”協創”はすごく似ているな、と感じました。どういうことかと言うと、のび太君が「今すぐ、ジャイアンに立ち向かえる道具がほしい」と思っているとき、ドラえもんは最適な道具を与えることはしない。与えられた道具でたいてい一度失敗し、そこからの学びによって、道具を工夫して使いこなしながら、道具自体の使い方も発見され、のび太君自身の経験もアップデートされて強く生きていくことにつながっていくわけです。
 今日のお話で、研究員である河合さんとクリエイターである大野さんが協創することで、ガラス自体への考え方がアップデートした、という内容がありましたが、それは、青木さんが提示されているキーワード「共進化」にもつながっていると感じます。
 最後に、大野さんと河合さんから、今回のプロジェクトについて、まとめの一言をいただけますでしょうか。

 

大野:「共進化」はまさにおっしゃる通りだと思います。今回のプロジェクトを通して、ガラスへの見方が随分変わり、ガラス産業への文脈のようなものが、僕のなかに接続してきました。建築におけるガラスのあり方を考える、いいきっかけとなり、これを機に、ガラスという素材に対してより意識的に、今後やりたいことにつなげて行きたいと考えています。

 

河合:まさに、それが目的としていたことです。まず、クリエイターさんにガラスのことを知ってもらい、面白い素材だと感じてもらうことがスタートポイントとなり、さらに、今回の展示会に来ていただいた次のクリエイターさんと協創することで、また新たな視点での作品が生まれていく。今回の「ANIMATED」はそのスタートをきるものでして、「SILICA」プロジェクトでそれを積み上げていき、ガラスで面白いものを作りたい。建設中の新しい研究開発棟の中には“協創空間”ができる予定でして、そこで、皆が「ガラスって面白い」と思えるような、例えば、「ガラスの生命体を作る」というようなテーマを設けることでいろいろな人が集まり、さらに大きなプロジェクトにつなげていきたい。その始まりとしても、今回の展示会は期待をふくらませるものだと感じます。

 

小原:そうですね。「ANIMATED」というネーミングもよかったですね。では、この後は1階の展示を、河合さんと大野さんのアテンドのもと、ご紹介したいと思います。
 皆様、ご清聴ありがとうございました。

 

 

1 2 3 4 5 6