イベントレポート詳細Details of an event

第99回 AGC Studio Design Forum
「Like living ~ガラスは生命体の夢を見るか?~」

2018年12月20日(木)
講演会/セミナー

小原:ありがとうございました。3人の方がどういう活動をしているか分かったうえで、ディスカッションに入って参りたいと思います。
 まず、大野さんに聞きたいのですが、建築家の方にとってガラスとは何か、また、AGCの河合さんとのやり取りや制作のなかでガラスについての考え方がどう変わってきたか、を伺えますでしょうか。

 

大野:そうですね。今回のプロジェクトを通して、ガラスについての考え方が大きく変わりました。
 建築をやっていくうえで、ガラスは切っても切れない素材なのですが、一番変わったのは、その奥に生産者がいるということに気づいた、ということです。性質についてはニュースなどで追ったり、メーカーの方と話をしたりしますが、例えば、サッシメーカーの方と話をすることが多く、AGCさんと直接お話をして、仕事をするのは今回が初めてでした。
「産地直送」の野菜のように、生産者の顔が見えるようになった感じです(笑)。本当に、今回のプロジェクトの前後で、ガラスに対する印象が変わりました。

 

小原:「産地直送」というのは、言い得て妙ですね。ガラスはどういう風に作るのだろう、どこで仕入れるのだろう、と思いますものね。先程の河合さんのお話に、1対1のやりとりのなかでビジネスモデルを少しずつ変えていく、という内容があったと思いますが、河合さん個人としては、今回の取り組みをどういうかたちで始めたのでしょうか。

 

河合:今回のようなクリエイティブな方々との”協創”を始めて、ちょうど1年ほどになります。それまでは、コーティングに関する研究開発が主な仕事でして、映り込み防止・反射防止などの機能を高める研究をしていました。そこから、アートやデザインとの協創に向かった理由は、好きであることと、面白いと思える、からです。

 

 ずっと技術開発にのめりこんでやってきて、いろいろな商品開発を行ったという成功体験もありました。一方で、中国メーカーなどが出てきて、性能では勝っているのにコスト面でひっくり返される、というようなことも経験しました。機能だけでは難しい、同じ土俵で戦い続けるのはすごく難しいと感じました。
 そこで、土俵を変えてやろう、ものすごく付加価値が高いものを創りたい、という思いが生まれ、アートやデザインの発想につながっていきました。ですが、社内には該当する部署がなく、土俵もないので、外部のクリエイターさんたちと協創していくことで達成される、と考えたわけです。

 

小原:なるほど。その意味合いにおいて、今回のプロジェクトで新しい発見はありましたか。

 

河合:そうですね。技術者が考えて機能を全面に出したものは、正直言うと、あまり面白くない側面があります。そこにアートとデザインが入ることで、プロダクトの魅力がすごく向上する。今回のガラスのバネなどがまさにそうで、自分のペットみたいな感じで、手で触って揺らすと、ガラスに親しみが持てる。そういうガラスは、今まではなかった。これまでは、ガラスは透明で存在感がない、というイメージが一般的で、ガラスに対して親しみが持てる、ということだけでも、すごく面白いと思います。

 

小原:確かにそうですね。アートとコミュニティの実践として、先程の青木さんの話のなかで、「Art Hack Day」が出てきまして、私もずっと見させていただいています。すごくインパクトがあるコミュニティだと思いますが、”ArtをHackする”という考え方と、なぜそういうかたちをとっているのかを伺えますか。
 手段としてアートを採用していることと、どういうところに可能性を感じて、そういう集まりを作っているかにすごく興味があります。

 

青木:アーティストの評価がなぜ低いのかを捉え直そう、ということからスタートしています。まず、「アーティストは何をしているのか」から調べ、世界のあらゆるアーティストの思考と彼らが培ったスキルで表現した作品についてセンシングしました。すると、受け手側がアート教育を受けていないために、その表現されたものを理解できずに、コミュニケーションの不一致が起きている状態があることが見えてきました。
 そこで、従来のアウトプットの仕方を一回辞めて、彼らの持っているセンシング能力と思考能力を別のアウトプット・プロセスに接続したら、どんなものが生まれるのだろうか、そのプロセスを通して、お互いが理解できる仕組みは何なのだろうか、と考え、当時注目されていた”Hack”の仕組みを取り入れて始めたわけです。

 

小原:なるほど、ありがとうございます。大野さんに伺いたいのですが、そういう場所があったとき、建築家としてはどういう関わり方をされているのでしょうか。また、そういう場所に参加したいな、と思う条件はありますか。

1 2 3 4 5 6