イベントレポート詳細Details of an event

第99回 AGC Studio Design Forum
「Like living ~ガラスは生命体の夢を見るか?~」

2018年12月20日(木)
講演会/セミナー

大野 友資 氏(DOMINO ARCHITECTS代表・一級建築士)

 

大野:DOMINO ARCHITECTSの大野と申します。宜しくお願いします。
 僕は建築設計に携わっていて、その縁もあり、ガラスはよく使う材料です。そのこともあり、今回の協創プロジェクトに参画することができ、とても楽しくやらせていただきました。「ANIMATED」で、どういうことを考えたのかについては、この後のディスカッションで出てくると思うので、まずは自己紹介を兼ねて、今までに手がけたプロジェクトについて、バックグラウンドを含めて話させていただきます。
 建築をずっと学んでおり、ポルトガルの設計事務所で働いた後、帰国して、建築設計事務所noiz(ノイズ)に席を得て、コンピュータープログラミングや3D CADを使う設計に携わりました。現在も同様に、テクノロジーを積極的に取り入れて設計を行っています。

 

 そのような仕事をしながら、最近、次のようなことをよく考えています。
 モノづくりに携わる人には”デザイナー”と”作家”がいると思いますが、僕は今回、作家ではなく、デザイナーとして関わらせていただきました。作家は作品を最後まで自分で完結するのに対し、デザイナーはある段階から誰かに発注し、図面完成の時点で作業が終わることがほとんどです。

 


 僕は建築に携わっているので、「発注する」という宿命があります。そこでは、どのタイミングでどういう情報を投げるかが重要であり、今回の協創プロジェクトでも、自分が考えたことをカタチにしてくれる人がいたり、AGCの方が知恵を出してくれてフィードバックあったり、というなかで仕事を進められました。つまり、「誰かと作る」ことが大きなテーマになると考え、それをベースにプロセスを含めてデザインをしています。

 

「誰かと作る」という意味合いで、部屋の間取りも使う人が自由に変えられる仕組みをデザインしたこともあります。十字型の木の土台を空間の中央に置き、AGCさんのツインカーボを差し込むことで部屋を大きく使ったり小分けに使ったりできます。
 これは「壁継」と呼んでいる仕掛けで、壁に同じ形のジョイントのメス部を飛び出させておいて、その時に使いたい用途に合わせてオス部を3Dプリンタで出力して取り付けるというものです。
 つまり、僕が設計したのは仕組みの部分でして、その時点では1個1個のカタチは設計図すらありません。折々のニーズに合わせて、デジタルデータを改変して、その都度、使い手に合わせて変えていく方法です。作り手と使い手が、二人で完結させるようなデザインと言えます。

 

 また、建築以外のことも、いろいろやっています。
 こちらは、グラフィックデザイナーの岡本健さんと一緒に行った「言葉の重み」というプロジェクトです。日本語の各文字の面積を測り、面積順に並べています。例えば、本を読んでいる時に「このへん、ちょっと重たく見えるな」みたいな箇所があると思うのですが、日本語にはひらがな・漢字・カタカタがあり、各々の密度が違うので、顕著に”重さ”が違うな、という感覚があるわけですが、それを定量的に測ってみたものです。そうすると、ひらがなを五十音順ではなく、五十重順で配列できます。

 

 このモリサワの太ゴシックのフォントでは、「ぬ」が一番重くて、濁点が一番軽い、というような特徴がありました。このように文字が測れると、それを組み合わせた言葉も測れるので、例えば、「しごと」と「かてい」だと、ちょっとだけ「かてい」が重かったので、良かったなぁ、と思いました(笑)。意味自体はないのですが、定量的に比べることができると、「比べる」行為はなかなか面白い。そこで、最終的にはアプリを作って、「21_21 DESIGN SIGHT」で展示して、「比べる」ことでコミュニケーションが発生する仕組みを作りました。他に、四角いパッケージの中に立体が入っている仕掛け絵本のようなプロダクト、「360°BOOK」のデザインも行っています。

 

 最近、六本木ヒルズ屋内のクリスマスツリーのデザインも手がけました。こちらもコンピューターを使っての設計になりますが、制作は現場でニットを編みながら行い、このような巨大なクリスマスツリーが完成しています。裾野部分に座ることができ、巨大なストリートファニチャーのようになっています。
 制作の裏側としては、緻密なプログラミングや高度な計算に基づいて重さや長さをミリ単位で出すのですが、職人さんたちの人力で作るため、設計通りにはいきません。それでいいと思っていて、設計段階でかっちりしていたものが、人の手を経ることで、柔らかくファジーなものになり、温もりを感じられるような協業のあり方が面白いと感じています。逆に、全部自分で行い、設計図通りの作り方をすると、こういう温かさは生まれなかったと思います。

 
 
 最初に述べたように、協業や協創している相手にどのように情報を渡すかについて、いろいろ試していて、このように、図面以外のコミュニケーションをどう取るかが、とても大事だと思っています。
 もし、僕がそこをコントロールしようとすると、おそらく、こういうコラボレーションはできない。協創においては、相手が持っている知見をどれくらいリスペクトできるかどうかも、重要なポイントだと考えます。

 

 こちらは、今回の「ANIMATED」で展示しているものです。「生物のような、魂を持った」というような意味合いを持つ言葉がコンセプトになっています。
 例えば、骨・殻・筋肉・種・血管のようなガラスがあってもいいのではないか、というようなものです。ガラスという普遍的な素材が、普遍的でないような「ふるまい」を見せることで、その背後に面白い技術が使われているのではないか、ということが浮き彫りになる狙いがあり、今回のコンセプトが生まれています。
 その後、プロジェクトに関わっている人たちと一緒に、いろいろなアイデアを出していき、化学強化という技術を使って、ガラスが揺れたり、たわんだり、しなったりすることを試みました。技術もデザインも手探りの中、きっちりと設計した図面を作らずにプロジェクトを進められないか、それに対する知恵を出し合ったなかで、今回展示しているガラスのバネが完成したわけです。ガラスのバネのベースとなる型があり、その周りにガラスを螺旋状に巻き付けてできあがっています。1個1個に個性があり、同じ表情を持つバネは1個もありません。

 

 これは僕のやりたかったことの一つでして、協創することで、誤解やちょっとしたディスコミュニケーションは絶対に生まれると思っています。誰かと仕事をするにあたって、「必ずこの通りにしてくれ」という仕方はあまり好きではなく、先程のクリスマスツリーのように、「ゆらぎ」が楽しめる仕掛けが好ましいです。
 ここは担保したい、というところはデザインし、その後は協業相手とやっていき、そこで「ゆらぎ」が生まれることが豊かさだと感じます。今回のプロジェクトでは、そういうイレギュラーな部分を楽しむことができたと思います。
 ご清聴、ありがとうございます。

 

小原:ありがとうございました。では、本日のゲストの青木さん、お願いいたします。

1 2 3 4 5 6