イベントレポート詳細Details of an event

第99回 AGC Studio Design Forum
「Like living ~ガラスは生命体の夢を見るか?~」

2018年12月20日(木)
講演会/セミナー

小原 和也 氏(株式会社ロフトワーク)

 

小原:皆様、今日はお集まりいただき、ありがとうございます。
今回は「Like living ~ガラスは生命体の夢を見るか?~」というタイトルで、AGCの協創プロジェクトに参加しているAGCの研究員の方やクリエイターさんと一緒に、企画展の概要、作品が生まれた背景や考え方、その結果や今後の展望などをディスカッションしていきたいと思います。
 私はモデレーターを務めさせていただく、株式会社ロフトワークの小原と申します。クリエイティブエイジェンシーとして今回の企画に参加しており、特に私は、マテリアル事業、つまり、素材をテーマにしたプロジェクトスペースの運営や素材の新しい価値創出を目指した企画などに携わっています。

 

 今日は、3名のパネラーの方にお越しいただいています。AGCの研究所で商品開発をなさっている河合洋平さん、今回の企画展で作品制作に当たった建築家の大野友資さん、本セミナーのゲストパネラーとしてお招きした、コンセプトデザイナーの青木竜太さんです。
 今回の企画展では、「ANIMATED」がタイトルになりました。ガラス素材は工業製品で、大きくて無機質な感じがあり、割れたものを触ると危ない、という印象があります。そういうガラスのイメージに対して、まったく違うアプローチや新しい考え方をうまく導入できないか、そのなかで見えてくる価値はどういうものだろうか、そういったメッセージを込めて、「ANIMATED」をテーマに据えたわけです。
 この言葉は、ラテン語のANIMA(アニマ) 、「魂のこもった」という語源を持つものです。まるでガラスが生きているかのような、ガラス自身に魂が宿ったような状態を実現できないか、そんなコンセプトを掲げてクリエイターさんや研究員の方と一緒に考え、その”協創”のなかで試行錯誤をしながら生まれた企画展となります。
 まず、AGCの河合さんに、今回のプロジェクトがどういう考えと取り組みのもと生まれたかについて、ご案内いただきたいと思います。

 

河合 洋平 氏(AGC株式会社・研究員)

 

河合:ご紹介いただきました河合と申します。
 私はAGCの研究開発部門におりまして、普段はガラスのコーティングに関する研究に携わっています。今回のプロジェクトでは、現在、AGC Studioの1階に展示している作品を“協創”ということで、建築家の大野さんと一緒に作り、とても楽しい仕事となりました。また、今日は青木さんも含めてお話できるということで、この場も楽しみにして来ております。そういう楽しい取り組みの一例について、私の自己紹介も兼ねて、お話させていただきます。

 

 ご覧いただいているのは、今の企画展の前の展示でして、「Lounge design exhibition」ということで、日建設計さんと一緒に「ゆらぎ」に着目し、ラウンジの新たな見せ方と可能性を展開したものです。例えば、これはダンボールを使って柔らかい表現を試みたもので、またこちらは、今、AGCが開発中のものですが、”空を切り取る”装置となります。「VR window」と名付けていて、室内空間に空のような、大きなゆらぎを作る装置です。照度を強くできるため、演出照明としても使うことが可能です。
 一方、こちらは「藝大コラボ展」のもので、東京藝術大学の皆さんと一緒にガラスを制作しました。グラデーションのようにきれいに光るガラス、ガラスの中に虹を閉じ込めたもの、ガラスを野焼きする試み、3Dプリントのもの、ガラスの楽器製作など、いろいろなコラボレーションを行っております。

 

 次は、今回のテーマである「ANIMATED」も含むAGCの取り組みである「SILICA」プロジェクトについて、ご説明いたします。
 背景としては、AGCグループにとってのイノベーションとは何か、というテーマがあり、ブランドステートメントとして”Your Dreams, Our Challenge”を掲げています。皆さんの夢を実現するにはどうしたらいいか、という意味合いにおいて、社会に変革をもたらすようなイノベーションが起こる際、その時代のトップランナーに対して、どういう素材やソリューションを提供できるかという点に注力して、開発を進めています。
 これまでの時代の流れのなかで、建設ラッシュがあり、自動車やテレビが出現したりなど、いろいろな変革がありました。その度ごとに、私どもはガラスの新たな技術開発を行い、提供してきたわけです。しかし、このやり方ですと、今の時代にそぐわない側面も出てきます。自前で開発していると、なかなか社会の変革についていけなかったり、求められるスピードに対応できなかったりもします。そのため、自前主義から、オープンイノベーションにシフトしております。

 

 そのカギとなるのが、「つなぐ」というキーワードです。具体的な取り組みとしては、グローバルテクノロジーネットワーキング活動、新研究開発棟の設立、協創プロジェクト「SILICA」の3つが柱となります。
 一つ目のグローバルテクノロジーネットワーキング活動については、アメリカ・ヨーロッパ・シンガポール・中国などの拠点にマーケティング部隊を配置し、世界中の技術を吸収して社内に展開する活動を行っています。二つ目の新研究開発棟の設立については、再来年6月に竣工予定です。現在の研究拠点は二つに分かれていますが、それを統合することで、社内がつながり、さらに社外ともつながるため、その中に協創空間を設置する試みを行っています。

 

 それに絡んでくるのが三つ目となる、今回の協創プロジェクト「SILICA」です。クリエイティブな人たちと一緒になって、さらなる協創につながるプロジェクトを生み出す試みでして、AGCのメンバーがなかなか持ち得ないセンスや繊細さを持っているクリエイターさんたちと組むことで、AGCの素材力や技術力をさらに引き出してもらい、新たなイノベーションを作っていくものです。

 

 これに関わる重要なことが、「ビジネスモデルを変える」試みです。
 例えば、今までは、自動車メーカーさんから、「車内が熱くならないガラスがほしい」というオーダーが来て、それに対して、私どもがソリューションを展開していく、というやり方がほとんどでした。しかし、現在は求められるものが多様化しており、先ほどの例で言うと、自動車メーカーさんは次代に向けて、どういう自動車を作ればいいか、自動運転になると何をすればいいか、などについて、一つにしぼれない状況になっています。
 優れた感性をお持ちであるクリエイターさんと協創することで、お客様に先回りをした提案ができるようになり、より強固な関係を築けると思います。さらに、これまで付き合いがなかった分野の企業との取り引きの可能性も生まれ、新たなビジネス分野を広げることにもつながるでしょう。

 

 これが「SILICA」の概要と目的でして、その第一弾が今の1階の展示である「ANIMATED」です。今回は、ガラス素材と技術の新しい”魅せ方”を提示しています。一方、2階の展示の「GLASS INNOVATION CHALLENGE」は、もう少しビジネス寄りとなり、ガラスの新しい”使い方”の提案を行っており、より幅広いクリエイターさんやお客様を呼び込む内容となっています。それが新たな協創を生み、さらに活動を広げていきたい、という思いがあります。

 

「ANIMATED」では、化学強化・コーティング・挟込み成形の3つの技術を取り上げています。それをどう「魅せる」かに関して、ロフトワークさんが素晴らしいクリエイターさんを選んでくださり、ガラスを生きているように見せるという、次の時代につながるようなアイデアを出していただけました。
 皆様、この後などに、1階の展示を間近でご覧いただけると幸いです。私からは以上となります。

 

小原:河合さん、どうもありがとうございました。では、次は大野さん、お願いいたします。

1 2 3 4 5 6