イベントレポート詳細Details of an event

第97回AGC Studio Design Forum
「アートでつくる都市スケールの “ラウンジ”」

2018年10月18日
講演会/セミナー

ゲストスピーカー 
矢野雅規氏 建築家 ㈱日建設計 設計部門 主管

 

企画&コーディネート 
中崎隆司氏 建築ジャーナリスト

 

中崎 みなさんこんばんは。モデレーターを務めます中崎と申します。このスタジオ1階で開催されています「ラウンジデザイン展」の企画も担当しました。なぜ、あのような展覧会を企画したかといいますと、都市の中にラウンジ的な空間が増えているのではないか、と考えたからです。空港の民営化でラウンジ空間が充実され始めていますし、教育施設においてはアクティブラーニングという学習手法に合わせて「ラーニング・コモンズ」が増えている。それもラウンジのような空間ではないのか、と。またオフィスで言いますと、クリエイティブワークの場所やコ・ワーキングスペースにおいてラウンジが重要になってきています。そのような状況の中で改めてラウンジについて考える機会をつくることが重要ではないかと思い、展覧会を企画しました。

 

日建設計の方々に展示のコンセプトとデザインを考えていただいたのですが、日建設計を選定した理由についてご説明いたします。京橋三丁目(東京)では東京スクエアガーデンという再開発ビルを設計されていて、京橋二丁目ではエドグランという再開発ビルを手掛けていらっしゃる。その2つの再開発ビルの中にラウンジ的空間があり、不特定多数の方が利用されています。さらに京橋一丁目で、「京橋一丁目再開発プロジェクト」に取り組んでおられる。本日はその進行中の京橋一丁目再開発プロジェクトについてご担当者の矢野様に「アートでつくる都市スケールのラウンジ」というテーマでお話をしていただきます。

 

矢野 ご紹介にあずかりました日建設計の矢野と申します。いまちょうど京橋一丁目の交差点、中央通りと八重洲通りの角のところの工事の設計監理をしております。そのプロジェクトについてお話をさせていただきますが、それ以外にも少し話を広げようかと思います。正直言うと脈絡がない話になるかもしれませんが、それには理由があります。ひとつは、パブリックスペースの問題です。最近、日建設計はパブリックスペースを都市、建築における重要なテーマの1つとして設計しています。その根幹は、先ほど中崎さんが仰った「ラウンジ」という言葉に通じるものがあると思っています。

 

私は日建設計の設計部門で仕事をしていますが、単純に建物の設計をして建てる前に都市計画があったり、後にエリアマネジメントというクライアントが行うまちづくり・施設運営のお手伝いをすることもあったりします。今日、私は、こういったさまざまな職能の代表としてお話させていただきたいと思います。これからお話しすることのすべてを私がやっているわけではありませんが、関連するすべてのことを調整していくのも建築家の役割だと考えています。

1 2 3 4 5 6 7