イベントレポート詳細Details of an event

第77回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.19「新しい建築の楽しさ2016」展連動企画
「プライベートスペースをパブリックに開く」

2017年2月16日(木)
講演会/セミナー

馬場 後ほど議論になると思いますけれど、僕は、こういう共通言語的なるものを、コモンとしてとらえています。このプロジェクトで図にすると、一般的には外側がパブリック、内側にプライベートがあり、その間がコモンスペースというように塗り分けられる訳ですが、そうではなく、スペースとしてはパブリックの中にプライベートが浮いていて、間はない、というか計画的には作らない。そして、コモンスペースではなくて、地形と擁壁、ビルディングタイプと形式こそをコモンとして位置づけるという考え方です。地形と擁壁は自律的なオブジェクトとしてのコモン、ビルディングタイプと形式は慣習的な言葉としてのコモン。このように基底にある物としてコモンをとらえて、プロジェクトごとにそれを発掘する楽しみを創作の糧にしていきたいなあと考えています。ただ、実はこのプロジェクトは今、止まっておりまして。顛末をお見せできないのが残念です。

 

そこで他の実例として、埼玉でつくった農作物の直売所を紹介します。先ほどの伊藤さんの話とも関連すると思います。地場産の木材でつくるという正しさをきっかけにして、それを具体的な造形ルールを持った共通言語として取り扱って、様々な関係者を巻き込みながら作った事例です。敷地は田んぼに囲まれた郊外のロードサイドで、商業施設としての強い外観を求められました。配置やゾーニングに関しては検討し承認を頂いて、大まかな配置平面を定めた上で、先ほどの造形ルールを走らせるように設計しました。地場産材は小径材が主体なので、その構造的な要件とルールの制約は予め説明しています。農協の組合長や幹部の方々、行政側は市長さんや担当課の方々の大まかなご意見を頂くことからはじめて、建物全体を管理する店長さん、交流スペースを運営する役場の方、日々野菜を運ぶ生産者の方などなど、様々な意見をこの造形ルールとそこに取り付く2次部材の配置やディテールに定着させていきました。(プロセスを示すコマ送りの動画を見せながら紹介)。

 

興味深かったのは、「地場産材でつくるのはいいこと」という漠然とした合意が、時間が経ち意見を定着していくにつれてその由来を離れて前提となり、制約や特徴がむしろ共通言語になっていくという状況でした。出来上がったのがこういう建物です。柱、梁、屋根のトラスも4寸角の地場産材でできています。これは開店して一週間後くらいの画像ですが、もう開店当日からどさっと農産物や商品が入って来ました。農協は組合なので主体がはっきりしない、デザインコードなど一切通じない組織です。そして、直売所では販売台の中身はそれぞれ生産者に委ねられています。加えて自動販売機とか、お花とか、農機具とか、本当に様々な人が思い思いにものを持ち込んできます。月に一度くらい足を運んでいますが、必要に応じたサインや造作もどんどん増えたり更新されています。(画像で売り場の状況、半年後の状態を次々と紹介)。自分の作った建物でこんなに活動的な使われ方は初めてだったのでかなり面食らいましたが、どこか微笑ましいというか、健康的でいつも元気をもらって帰ってきます。何が起きても自律的な軸組と、完成形を定めない暫定性を持たせた仕上げなどが、あらゆることを受け入れながらも全体性を失っていない包容力の源なのではないかと思います。

 

ここでは出来事にまつわる人の営為が加算的に受け止められ続けることで、建物が記憶装置のような役割を果たしているように感じます。そういう蓄積を呼び込むものとしてコモンを捉えてみたらどうか、そこに独特のコモンセンスが育くまれて、大げさに言うとそれが地域性と呼べるようなものにまで発展していくかもしれません。今日は「プライベートスペースをパブリックに開く」というテーマですが、その基底を担うものについて考えるとすれば、僕がお話したようなこととつながるかもしれないですね。後半はそういう話をできればいいなあと思っています。

1 2 3 4 5 6 7