イベントレポート詳細Details of an event

第75回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.19「新しい建築の楽しさ2016」展連動企画
「建築的視点を拡張する」

2016年12月15日(木)
講演会/セミナー

中崎 以前、まちふね宣言というフォーラムを開催したことがあります。水上を陸上と同じようなまちにしていくみたいなことを問いかけるフォーラムでした。その時、水上から見える風景が非常に重要だと。また運河をクルージングしていて、着岸できて船から降りられる場所がないのが最大の課題だと思ったのです。今回、遊歩道をデザインする時に、水側から考えたことがあるなら、教えてください。

 

岩瀬 近景と遠景を両方きちんとデザインするというのを意識していて、近景で言えば、あの段差も、人が座ることを想像できる段差として決めた一方で、遠くや水上から見た場合、違うスケールで見た場合に見えてくる樹木とかプランターをどのようにコンポジションできるかなについてかなり意識しました。いつも違なるスケールの模型を見くらべながら考えました。また、あの川も含めもともと都市の川は運河として機能していたので、時代によって橋のデザインが違っている。古い橋は、見られることを意識してデザインされていますけれど、新しい橋は比較的あまり意識されていない。少なくとも下から(水面から)見られることを意識したデザインになっていない。そういうことなる意識の橋も含めて全体計画を提案できたら面白いだろうと思います。

 

中崎 えー、私は、”芸術祭”というのは、あまり好きじゃない(一同大爆笑)、のですけれど。あのー、昔、アエラやブルータスに原稿書いていまして、その時は、建築も現代美術もプロダクトも書いていたのですが、その中で建築が最もいろんなものに関係するだろうと思い、建築に絞り込んで現代美術の記事を書くのを止めました。で芸術祭についてですが、一部の芸術家は地域全体を使うことをやるのですが、ほとんどの芸術家は用意された場所に作品を展示しているだけじゃないか、というのがちょっとあって(笑)。そういう地域の芸術祭で中心になっているのは芸術家ではなくアート系のプロデューサーなんですね。彼らにとってはいいかもしれないけれど、地域の人たちにとって、プラスなのかな? と。長くやっていると、妻有みたいに地域の人たちを巻き込んでいけるケースもありますけれども、アート系のプロデューサーが継続できなくなったら、どうするんだろうか、などと心配してしまうのです。誰か、アート系のプロデューサーでない人間が、芸術を使いながら、地域とマッチングするのが面白いのではないか、と思っていて、それをできるのは建築家かなぁ、と。今回、あいちトリエンナーレで山岸さんがやられていることに興味を持ったのは、それをきっかけに建築家がこれからの芸術祭にヒントやサジェスチョンをできるのではないか、と感じたわけです。何かご自身で気が付かれたことはありますか(笑)?

 

山岸 いやぁ、難しいのが来ましたねー(笑)。実際、芸術祭が乱立していると言われているんですが、どの芸術祭が3年後にまた開催されるのかわからない(笑)と言われていますよね。私も2007年くらいから(妻有に)関わっているので、集落の人とも話をします。私が関わっている集落はものすごく協力的なのですが、その3年に1回の時だけ人がたくさん来て、「この集落に何か残していってくれているのか?」と若い人から直接言われたりして、考えているところでもあります。中崎さんと最初にお話しした時も、そのようなことを言われて、建築家として何かできるところまで私が行っているか、というのはすごく難しいですね。芸術祭が、とくに「あいち」みたいな都市型のところでできるのは、それまでにその街に降り立ったことのない人が、まずは降りてみる、という動機をつくることでしょうか。今回の豊橋でも、豊橋に初めて来たという人がかなり多かったですし、地元の方でも、「この建物に入ったのは20年ぶり」という人がいらっしゃった。そのまちとか、その風景、芸術祭がなければ出会うことがなかった。水上ビルの屋上に上がるなんてことはなかったわけで、そういう風景に出会う、(地元の人にすれば)いつも歩いていたまちの内部まで入ってみる、というきっかけでしかないといえばないのですけれど、そういうルートをつくるのが大事だと思っています。ただ、そこから「建築家は何ができるか?」は宿題だと思っています。今回使われた会場が、会期終了後ギャラリーとして使われることになったなど、そういうふうに発展するケースもありました。また私自身も岡崎のまちでつくった場所に、これからみんなで関わっていこうか、という話もしています。やはり継続していかないと意味がないので、蘆田さんみたいに、ずっと関わっていけるかなぁ、と思っています。

 

中崎 では蘆田さんに質問です。温泉街の課題の一つは集客だと思うのです。私も以前、相模湖町で3年間、景観計画に関わったことがありました。現在は相模原市に吸収合併されましたが、人工湖の湖畔の商店街と駅前商店街の景観をどのようにつくっていくかということ検討しました。その時、まちの人たちから「景観形成をして集客したい」と言われ、「それは無理なんじゃないか」と。「景観計画と集客を分けたほうがいい」と思ったのですが、蘆田さんは、その問題をどのように感じながら景観整備にトライしていらっしゃるのでしょうか?

 

蘆田 まさに、そこは僕もずっと考えていました。はっきり言うと、まず、日本では景観形成がすごく難しいのです。難しいというか、ほとんどが高度成長期に風景をなくしてきているので、いわゆる日本的な風景が残っていなかったり、そんなに美しい景観が広がっているところはほとんどない。まぁ、そういうところだからこそ、景観をなんとかしたい、ということであり、そういう状況をみんながようやく分かってきた。前の世代の時は、そういうことを考える前に、発展発展、とやってしまい、今はその見直しに入っている。でも、もう一度景観をきれいにするのはものすごく大変だと思うのです。2年、3年でできる話ではなく、最初から松之山の方々には、10年や20年、ヘタすると30年くらいかけないと、景観を形成できない、と話しているのです。だからと言って、30年という数字を前にして始めなければ、いつまで経っても変わらない。だから、景観で集客を上げる、というのは麻薬的というか、芸術祭みたいに(笑)、景観では即興的に集客を上げることができないと思います。

 

逆に、集客というのは、違うところがアテになる。例えば、食べ物。松之山だったら「温泉調理」というものがあります。松之山の温泉に豚肉を浸けると、湯治豚と言いますが、すっごくおいしいのです。そういう温泉を使った食文化を育てたりするのが集客には効果的と思います。あともう一つは「視察ビジネス」というものがあり、新しい取り組みをやっているところには人が来るんですね。食の取り組みもそうですし、エネルギーへの取り組みに関しては日本だけでなく、世界中から人が視察に来て、松之山に泊まっていく。それは観光というかたちではありませんが、先進的な技術に対して、人は来る。そういうことを絶えずやっていき、その間に30年でもかけて景観が良くなれば……。景観は近視眼的には考えられないので、30年後にどういう町であるかを考えて、今、取り組みをしている、というところですね。

 

中崎 はい、わかりました。だいぶ時間がオーバーしましたので、会場からのご意見や質問を受けて終わりにします。
*会場からの質疑を受けて終了。

 

1 2 3 4 5 6 7 8