イベントレポート詳細Details of an event

第75回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.19「新しい建築の楽しさ2016」展連動企画
「建築的視点を拡張する」

2016年12月15日(木)
講演会/セミナー

山岸 私がここでいわゆるデザインをしたかと問われると、難しいところです。法規面でクリアできるかどうかを検討しながら、まち全体にわたって動線計画を考えていくところがこの仕事の面白いところでした。今回、中崎さんに声を掛けていただいた際に、いわゆる設計をしていたら、その模型をつくればいいわけですけれど、(こういう大規模で、しかも飛び飛びに点在しているプロジェクトの模型として)何をつくろう、と悩んだのです。下階に展示した模型はまち全体と動線だけが見えてくるような(動線だけといっても、あれは私が歩いた経路であり、お客さんによっては何種類もの経路があり得るわけですが)模型にしています。こういう話を続けてもよく分からないと思いますので(笑)、展示の脇で流している映像がありますので、それをご覧ください。人が歩いたらどのように見えるかをつくってあります。
*動画を流しながら、その解説を加える。豊橋会場の雰囲気や展示を追体験するようなもの。

 

普通のリノベーションでは、場所をきれいにすると思うのですが、ここに参加された作家の方々はノイズを厭わない、場所を活かしながら展示したい、というところがあり、各作家さんと話して、例えば、床仕上だけはがしましょう、とか、壁をどうしようか、などを話し合いながら、どこを触ったか、分かるかわからないかのギリギリのところで手を入れるようなことをやっております。私は普通の住宅の設計ですとかリノベーションの仕事などをやっていますけれど、そういう仕事に比べて説明や発表が非常にしにくい(笑)のですが、先ほど話しましたように、2か月半とはいっても、かなりまちとダイレクトにつながりながら作業をさせてもらったなという実感があります。今年だけでも瀬戸内国際芸術祭、埼玉トリエンナーレ、奈良や岡山など、いろんなところで芸術祭が展開されているのですが、あいちの場合は今回、4人の建築家が名古屋・岡崎・豊橋のそれそれの都市を担当する形で入って展示をしました。そういう形で建築家が入っている芸術祭は他にないのではないかと思います。

 

アーティストたちの空間把握力やその使い方・変貌のさせ方などは、勉強になることが多いのですけれど、基本的にアーティストは自分が作品を展開する空間と一対一で対峙します。で、キュレーターは、もちろん、全体の流れを考えてはいるのですが、やはり、担当する作品と作家と対峙している中で、まちだとか全体の動線などに関しては結局、トータルで考える建築家の役割になるね、と今回終わってから、建築家の4人で話し合っていました。お客さんがそういうふうに回るので、実際に来てくださる人に一番近いところにあるという実感がありました。芸術祭において、建築家ができることはもっともっとあると思っています。芸術祭というかたちを借りると、今回のように15か所をいきなりリノベーションするというような、普通なかなか起こりえないことが起こってきているので、そこを建築家としてどういうふうに付き合っていけるかをずっと考えているところです。

 

※関連コンテンツ: ガラスプラザPRO コラム「新しい建築の楽しさ」
Case19:「あいちトリエンナーレ2016 豊橋会場プロジェクト」 設計:山岸綾 / サイクル・アーキテクツ

1 2 3 4 5 6 7 8