イベントレポート詳細Details of an event

第74回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.19「新しい建築の楽しさ2016」展連動企画
「新築ではつくれない空間をつくる」

2016年11月24日(木)
講演会/セミナー

第二部:トークセッション

 

中崎 どうもありがとうございました。では、これからディスカッションに入ります。「新しい建築の楽しさ」というコラムを、ガラスプラザ・プロという旭硝子さんのウェブサイトに毎月連載をしておりまして、その連載を1年まとめて展覧会を開催しています。私はまずどのようなプロジェクトを取材するかを考え、選んでいます。1年12か月ですから、例年12プロジェクトが揃いますけれど、だいたい3~4つがリノベーションやコンバージョンであるというのがここ数年の傾向です。コンバージョンやリノベーションで新築と違うところは、今回のテーマになっている「新築ではつくれない空間をつくる」ということだと思い、こういう設定にしました。

 

この3つのプロジェクトを取材した理由は、まず神本さんのプロジェクトは、以前、私は『AXIS』という雑誌でメディアステーション研究会という研究会をつくりまして、隈研吾さん、原研哉さん、山田雅夫さん、そして私の4人で、鉄道とその駅周辺のまちについて提案するという連載をしていたことがありました。今回の神本さんのプロジェクトは、鉄道沿線で何かを考えているかな、と思って取材したのですが、それほど駅と関係なかった(笑)。まぁ再生建築を仕事にしている人の話だなぁ、と。私は、自分が興味あるものに対して取材するということをやっていますが、現在、渋谷駅から半径500m以内の、屋上を対象としたプロジェクトを始めていまして、なぜ屋上に着目しているかといいますと、建築の中において、床と壁の両方を持っているのは屋上なんです。ここに注目する必要があるのではないか。一番上にある床であり、周りの高いところから見られている。また今は地図検索で航空写真を見る時代なので、屋上はファサードになりうる。そういう場所に注目したらどうだろう、と。で、小川さんのプロジェクトは、その屋上でどういうデザインをするのか興味があって取材させてもらいました。最初は床と考えたけれども、空との関係をどうしようかと考え直されたわけですね。一方、能作さんのプロジェクトは工場ということです。私は今芝浦地域で倉庫リノベーション研究会というものをやっていまして、倉庫の魅力は大空間ですね。工場も大空間なので、それをどう生かすかなということが一つ。また、工場をリノベーション、コンバージョンする際に、工場らしさをなくしてしまうと面白くない。今回も工場らしさを残していて面白いと感じたのです。私がこの3人の建築家を選んだ理由はそういうことです。今、3つのプレゼンテーションがありましたけれど、それぞれが、それぞれのプロジェクトを見て、どの部分が新築ではつくれない空間だと感じたかというところを話していただきたい。

 

能作 聞いていて非常に面白かったです。神本さんのは、まさにすべてが新築ではつくれないという気がします。すごくロジカルに積み上げられていて、確かに1つずつは難しくないことですけれど、もし、その状態に自分がおかれたら(同じ依頼を受けたら)、ちょっとテンパりそうなのですが、そこからきちんと積み上げられたのが素晴らしい。その条件からして新築では絶対にありえない。そのままだとああ、そうだな、と思いそうですが、ロジカルなのにゆるくなっているというか、ああいう階段だったり、避難設備じゃないというところなど、最終的にそういうゆるさにいけるところがいいな、と。

 

小川さんのプロジェクトでは、副産物的なスペースだと思うのですが、そこを空間化するという話で、室外機なども登場人物として認めているのがリアリティがあっていいなと思いました。あと、デザインも、僕ならちょっとビビると思うのです。ああいう丸い、自分でなさそうなデザインをしておられるので。それがすごく有効に働いているというか、そういう部分のバランス感覚やコントラストも、既存部分と違うのだけれども、いろんなものが複合しているのがなかなか新築ではできないことで、改修らしいなと思いました。

 

小川 神本さんのプロジェクトでは、既存の建物があって、新築で建てようとすると容積が半分になってしまう。そういう条件の中で、法的な部分を逆手に取るというか、利用するというか、そんなところが通常の新築ではできない。例えばあそこで容積率400%で建てられるとしても、そうはならない世界へ目が向くというのは、新築ではありえない計画の一つなのかなと思います。ある種、その建て替えたら半分になってしまうという条件、状況があることが凄さを増している。そう思わせる凄さがあると思いますね。

 

能作さんのプロジェクトに関していうと、最初に能作さんが提示された建物の時間経過とデザインの関係の図ですね、すごく長い時間でデザインをかけていく、と。これは新築ではなかなかできない。もちろん僕らは新築を建てるときに、10年、20年、30年後を見ようとはするけれども、さすがに100年先まで、この建物がどう使われていくかは、ちょっと考えられない世界ですね。用途によるとは思うのですが、今回は新築ではないという時点で、まぁ、一部は新築するわけですけれど、すでにあるということで、そこから時間を逆再生するという行為は、やはり新築ではありえない。そういう感覚で設計されているなぁ、と。例えばあれを僕がやったら、ああはならないと。そこに行ける能作さんは凄いな、と思っちゃう。僕とは感覚が違うところをちゃんと出しておられる。僕だったら、一掃してしまいそうな感覚をもっているのです、そうではないというところへいくのは時間をきちんと見ているな、と思いました。

 

神本 小川さんのプロジェクトはクロアチアというエリアの中で、高さ関係がよくわからなかったのですが、どのくらいの高さなんですか?

 

小川 10階建ての高さです。

 

神本 そういう高さの中で新しい空間をつくる、と。ランドを、地上のランドスケープと違った、スカイスケープを目指す、という方針は、新しい提案だったと思います。その中で、上の円形のデザインはなかなかできないかなと思うところです。僕もあそこの円形のパーゴラ部分に、10階建ての建物の上に1層上増しされたような、そういうボリュームのように見えれば面白いのかな、という視点で見させてもらいました。屋上だけの話ではなくて、都市の中でファサードとしてパーゴラがどのように生きていくのかも興味あるところです。新築ではなくて、既存を使ったという中で、コンテクストみたいなものをどのような形で読まれているのかを聞きたいと思いました。

 

また能作さんのプロジェクトは、我々も再生建築に取り組むにあたって、時間の系譜というところ、今回出させてもらったプロジェクトは何でもないオフィスビルの改修というかたちでやらせてもらったのですが、プロジェクトによっては増改築を重ねていっている物件で、竣工当時と増改築をしていっている系譜と、今我々が設計しているところが完成ではなくて、今後の接続点であるというところは常に考えようと思っております。その中で既存建物がファサードの中で1、2割にもかかわらず、工場というアイコンがうまく新築部分と調和しながら、既存のコンテクストにもある立体倉庫部分が煙突のように見えたり、ちょっとキャッチーなファサードをつくりながら、ライブな空間も「ハイロード」と言われているような建築をつくっているところはおもしろいと思って聞いていました。我々も、僕も、そのような空間をつくるように、時間とランドスケープ、スカイスケープみたいなものを取り込みながらやってみたいなぁということを客観的に感じておりました。

1 2 3 4 5 6 7 8