イベントレポート詳細Details of an event

第71回 AGC studio デザインフォーラム
ガラスラボ企画vol.2「空間を魅せる光とガラス展」連動企画
「空間を魅せる光とガラス」

2016年3月10日(木)
講演会/セミナー

平松 ここからは色や反射等、デザインに関わる話題に触れていきます。まず、色について、ガラスはみな同じように見えますが、設計者の方々にはそれぞれこだわりがあって「ガラスの色をこうしたい」という要望が出ます。私たちもカラーチャートなどを使ってご紹介するのですが、その結果、さまざまな色味のガラスが使われております(実物を見せながらガラスの反射色を紹介)。ガラスでは赤や黄色の色味(反射色)が嫌われる傾向があります。外で建物を見上げた場合は、そのガラスの反射色を見ていることになります。この反射色は角度によって変化、依存性が出るのですけれど、その依存性をいかに抑えるかがメーカー側の独自性や技術と関わってきます。ガラスの美しさが透明性にあると思われるのですが、それだけでなく、反射、映り込みの美しさ、平滑面の美しさなども感じて、それをアピールしているわけです。この写真の建物にもカラーガラスをたくさん使っているのですが、これは鏡と同じようにガラスの裏をペイントで塗ったようなものを使っています(*写真で多数の施工例を紹介。ヨーロッパでは日本に比べ1人当たりのガラス使用量が30倍程度に達することなどにも触れる)。

 

これらは反射の美しさでしたが、一方で反射を減らしたいお客さまもいらっしゃるわけです。これはそうしたガラスの施行例です。いわゆる無反射ガラスです(会場でサンプルを回して紹介)。このクリアサイトというガラス商品は、美術館などで使われているのですが、外でも使える、という新しい側面があります。建築ではとくにコンクリートにおいてアルカリに気をつけねばならず、従来はアルカリ成分によって劣化していたのですが、このガラスはアルカリに強い素材になっており、外部でも使えます。銀座周辺には多くの高級店があり、そんなお施主さんの中には自分の店のガラスに道路の反対側の店の姿が映ってしまうことを嫌う方もいらっしゃいますので、そういうニーズもあるわけです。それから、ガラスは一般に平ら、平滑なほうがいいのですけれど、意図的に表面を粗すような加工もしております。平滑なガラスに表面テクスチャーを付けるわけですが、この付け方にもいろいろあります。それによって表情や視認性が変化します(*いくつかのテクスチャーを紹介)。先ほど久保先生からツインカーボを使う事例の紹介がありましたけれど、こういった拡散系のガラスを自然光利用に活かすやり方もあります(*カナダでの事例やルーバーで光を反射させる手法例なども紹介)。

 

それで、これが先ほど先生からも紹介のあったラミシャインです。詳しく説明していただいたので繰り返しませんが、私たちが考えているアプリケーションとしては、オフィスや学校での採用が1つあります。オフィスでは眩しさを遮るためにブラインドを使ったりしますけれど、ブラインドとラミシャインを組み合わせることで、眩しくせずに明るい空間を保つことができます。また北側住宅において明るさを確保するのにも大きな力を発揮すると思います。これは比較してもらえばよく分かるのですが、上の写真が天井光のものです。まぁ、人間の眼は高いところに付いていますから高いところが明るいと、明るさを感じやすいのです。今、アメリカの建築界で省エネの次のテーマは何だろう、と言われており、その1つが「デイライト・ダイレクション」です。ラミシャインを含めて光を上に上げることが注目されています。アメリカのエネルギー省で開発ロードマップの見直しが行われており、そこではデイライティングに注目せよ、という動きになってきております。

 

それから、電子部品との組み合わせについて触れておきます。中でも太陽電池との組み合わせに注目しておりまして、これはガラスの間に太陽電池を挟んだ商品です。利用法としてはこのようにファサードとして使ったりしています。この商品が面白いのは、例えば、こうして天井面に付け、天窓に使った場合、セルの間から適度な採光もありますし、このように格子状に並んでいることもあって独特な陰を生じさせることにもなります。この陰の変化で時間や季節の移ろいを感じることもできます。また商用建築的なものとして、LEDをガラスに挟むというものがあります。日本ではまだ販売していないのですが、ヨーロッパのAGCでは10年ほど前から販売しています。外から見るとこうしたサイネージに使えます。メリットとしてはファサードをそのままサイネージとして使え、なおかつ一般ガラスと同様の施工ができるということです(施工例を写真や動画で紹介)。

 

それから、スイッチャブル・ウインドウと呼ばれる光学特性を変化させられるガラスがあります(実物でデモンストレーションを見せる)。いわゆるSPDと呼ばれる技術を用い、電流で光の透過率を操作します。高級車のウィンドウなどにも一部使われており、視線の制御や日射制御に使います。またこれは他社製品ですが、京都のこういう建物でも西日を制御する目的で同じ調光ガラスが使われています(写真でフランス国立極東学院の京都支部を紹介)。

 

最後は情報表示ガラスで、このスタジオにも実物が展示されております。例えば、通常は向こうが見えるのだけれどもプロジェクターを当てるとスクリーンになるというものです。これはグラシーンという商品名で一部、試験販売をしています。また、ガラスに直接ディスプレイを貼付けるというものもあります。この接着剤は我々の独自技術です。従来だとガラスの向こうにディスプレイがあると反射してしまったのですが、それをなくしたわけです。これもディスプレイとして使わない時は普通のミラーとして使い、表示する時にディスプレイになります(実例を動画で紹介)。さまざまなガラスの話をしてきましたが、このように今後もガラスのいろいろを増やしていきたいと考えております。
*この後、活発な質疑応答を経て終了した。

 

1 2 3 4 5 6