イベントレポート詳細Details of an event

第71回 AGC studio デザインフォーラム
ガラスラボ企画vol.2「空間を魅せる光とガラス展」連動企画
「空間を魅せる光とガラス」

2016年3月10日(木)
講演会/セミナー

久保 次は、建築やインテリアのプロジェクトではなく、アートのインスタレーションの例です。先ほどの中之条で開催されたビエンナーレで取り組んだ展示です。写真のように、階段を使ってアートをつくる、というテーマでした。この階段の1段ごとに細い糸を張っていき、その細い糸の色を少しずつ変化させるようなことをしました。そうすると、横の窓から光が入って来た時に、細い糸に当たって色づいた光の中を通って階段を上っていくような、そういう体験ができると考え、こうした設計をしています。振り返ると、このプロジェクトの後に先のチャペルの設計をしているので、ここで試した「光に色を加える」という試みが、あのプロジェクトにつながっていったのではないかと思います。

 

ではここからガラスをメーンに使ったプロジェクトの紹介をします。これは、以前、下のギャラリーで展示をさせていただいたU-30の入賞作品「Sun For Two」の模型です。新しいガラスの使い方を考えるコンペティションでした。あらゆる建物でガラスが使われている中、新しい使い方を考えるのは非常に難しいと感じながら、いろいろと試していた時に偶然見つけた現象がありました。写真のように、このガラスの断面(小口)から光が入ると、入った光が2方向に分かれることに気付きました。この性質を利用して新しい空間をつくれないだろうか、と考えたプロジェクトです。このように2方向へ分光する理由は詳しく知らないのですが、理屈としては、ガラスの中を光が透過する間に全反射を繰り返し、偶数回反射した光と奇数回反射した光に分かれるのだろうと思っています。ガラスの専門家の方に聞いたわけではありませんので、そういう理解で正しいのかどうか分かりませんが、とにかくそういう現象が起きるのです。一方向から入った光の角度が変わる現象はすごく面白いと思います。この設計ではこうしたガラスの小口面を積層させて並べ、入ってくる光を分光します。そうすると、この空間には横方向から入ってくる朝の光、一方、こちらの空間には上方から入ってくる昼間のような光が当たります。このように2つの特性を持った光が同時に存在する空間をつくれるのです(*動画で1日の光の変化を詳しく紹介)。この考え方を発展させて実現したプロジェクトが「青松寺八角堂丸窓」です。これは東京都港区にあるお寺で八角堂の窓をデザインするというものです。小口(ガラスの切断面)から光を入れるのですが、この角度を90度ではなく、少しずらすことで複雑な光を生じさせています。スネルの法則に則って角度を決めます。八角堂の中には入り口以外に7つの仏像が安置されているのですが、その7つの仏像全てに光を当てたいという要望があったので、このような仕組みでデザインしました。仏教における平等の精神を体現させるためには、全部の仏像に等しく光を当てたいのです。こうした丸いガラスの窓で、端部の角度を1つ1つ変化させることにより、光が全ての方向へ分かれていきます(*平面図とCG、竣工写真で詳しく紹介)。

 

最後に、現在、このスタジオ2階で展示している採光ガラスの展示ブースに関して説明します。これはラミシャインという旭硝子さんの新商品を使ったものです。通常の型板ガラスでは、太陽から来る光がそのままの角度で室内へ入るのですが、ラミシャインという新しい採光ガラスは、合わせガラスの間に特殊なフィルムが入っており、そのフィルムを透過した光が、入射角に反して天井面にも光が届くという特殊なガラスです。これを使って展示ブースをデザインしています。まず、この依頼を受けて最初に思い浮かんだのがルイス・I・カーンという有名な建築家が設計したキンベル美術館のことでした。近代建築の中でも名作として名高いものですが、キンベル美術館ではまさに太陽の光を天井に当てる試みがなされています。すごく大仕掛けで苦労をして、そういう光環境を実現しています。(写真を示しながら)キンベル美術館のこういうヴォールト屋根は力が分散され非常に合理的な形状なのですが、このロビーでは光を天井に当てるために、合理的な屋根の中央をぶった切ってスリットを入れ、それを補強するために構造的な苦心をしています。この部分に湾曲したアルミの反射板があり、そこに太陽光をバウンドさせて天井面に映しています。美術館なので絵に直接光を当てないよう非常に苦労したという逸話を書物で読みました。そこまでして天井に反射光を当てようとしたことがあったのだと思い出しました。

 

また、こちらの写真はアルネ・ヤコブセンという家具やインテリアのデザイナーが設計した会議室です。照明をすべて上向きに設置しています。通常のように照度を確保するだけなら、照明を下向きにしてテーブルや床を照らすのが合理的なのですが、敢えて天井を照らしている。こういう例も含め、なぜ、いろいろな建築家が天井からの光にこだわるのだろうか、と考えますと、やはり拡散された柔らかい光に包まれる空間は非常に快適だからです。直接、強い光の入る空間というのは、環境としてあまり快適ではない。一方、天井面にバウンドさせた柔らかい光は、人に心地よさを与えます。そういう理由でいろいろな建築家が天井を明るく照らすことについて工夫をしているのだと思います。ですから、今回のラミシャインという製品は非常に面白いと思います。同じ光環境でこれだけの差が生じるのは驚きです(*ラミシャインの効果を実体験できるコーナーについて、画像で詳しく紹介)。以上で私からの発表を終わります。

1 2 3 4 5 6