イベントレポート詳細Details of an event

第66回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「署名された「アノニマス」」

2016年1月14日(木)
講演会/セミナー

中崎 現在の日本社会で建築をつくるときのリアル、現実性と再現性とは何か。これまでの建築家像は署名性を前提としていました。その建築は富裕層がクライアントであり、また税金を使ってつくるものでした。それは作家性、署名性の強い建築でした。でも現在の日本の社会では中間層を対象にする建築が多いのではないでしょうか。その時には既製品を使うしかない。既製品をどこまで活かしてつくるかを考えた時に、署名されたアノニマスなデザインになっていくのではないか、と。そこに建築家たちはリアル(現実性と再現性)を感じ始めているのではないか、と私は思ったのです。それについてはいかがでしょう。

 

中山 中崎さんが言われたのは、社会の中で標準化された作法みたいなものが、たとえば材料のレベルとかにある、ということですよね。それで、そういうことって何て言うのかな、と今考えてみたら、「あ、プロトコルだ!」と思い出しました。吉村さんの著書のタイトルです。プロトコルは要するに共有言語ですよね。誰かと誰かの会話があったとき、その場における共有言語をどこに設定するのか次第で、たとえ発言の内容が同じでも、全然違う意味をなす場合ということが起こりますよね。 落語でも、「こんにゃく問答」や「妾馬」といった取り違えの噺があります。二人が会話をしていて、端から見ると、一見通じているようなのに、実はふたりともが全然別のことを考えていた、というふうな。

 

これは、ひとつの言葉でも、そこに設定するプロトコル次第で、いくらでも異なる解釈が生まれる可能性がある、という面白い例でもあると思うのですが、建築にもそういう面白さはあるように思います。ある場面に遭遇した時、そこに思いつく限りのプロトコルをなるべくバラバラに探して、ひとつの建築というかたちにそれぞれを当てはめてみたとき、どれだけの異なる解釈が現れるのか。僕にとって建築の面白さは、そういうところにあります。材料のレベルなのか、経済のレベルなのか、風景のレベルなのか、なんであれ、状況の中に社会化された言語のようなもの、そこにあるプロトコルのようなものを同時に複数見つけた瞬間、俄然やる気を出す生き物なのかな、と。

 

一方で、社会のなかでエスタブリッシュされたいわゆる建築という存在は、むしろ先の落語で言うおかしみやズレといったものをつくり出しにくくする働きを持ってしまっているようにも思います。選り抜かれたひとつのプログラムが首尾よくまわるように設計された建築は、時に解釈の多様さを排除する働きを持ちます。いやむしろ、建築とは基本的に、ひとつの強いプロトコルに会話全体を誘導してしまうような働きを持つものなのかもしれない。でも、そういう噺からは、おかしみや笑いは生まれてきません。

 

さっきから「自作自演」とかいろいろ言ってみていますが、たとえば自分の中に他人を想定して、その他人と自分が会話をするように設計を進めるような、そういうひとり「こんにゃく問答」のようなことを試しているのは、僕たちが無意識のうちに、そして同時多発的に、同じよう硬直を建築に感じているからなのかもしれないな、と思いました。今日はたまたま私たち3人ですけれど、この3人は日々会話をしてコンセプトを共有し合っているわけではないはずなのに、偶然、同じようなところでモヤモヤしたものを共有していた。吉村さんが「建築を適合しにくい時代」「建築が生きにくい時代」と言われたことに、そんなことを思いました。

 

吉村 その一方で、地球全体を見渡してみると、スターアーキテクト全盛の世の中です。東京でも例えばフランク・ゲーリー展があんなに盛況になる時代なので、実は、署名建築に対する憧れは消えていないと思う。ビルバオにグッゲンハイム美術館が建ってスター建築家が生まれ、スター建築家が建物を建てると、それ自体が街の再興につながる、という状況が生まれた。そういう力を1人の建築家が持った。都市が署名された建築を召喚したんです。

 

そういう意味で、確かに裕福なクライアントが建築家に裁量を与えると、まったく別次元の出来事が起こる可能性がある。僕ら日本の若手建築家は確かに、小さな予算に喘ぎながら、他者を受容する技を身に付けている、世界的には珍しい建築家の集団(笑)、なのかもしれない。スターアーキテクトからすれば、何しみったれたことやってるのって話でしょうね(笑)中崎さんの指摘は確かに一理あるな、と思っています。けれど、こういうアプローチをネガティブにやっているつもりはないです。僕らが折れずに建築をつづけられるのは、アノニマスに署名できると信じているからです。署名を捨てたわけではないんです。

 

青木 今、吉村さんからゲーリーの話が出ましたけれど、ゲーリーの自邸から学ぶべきだと思いますね。ゲーリーの自邸こそ、まさにアノニマスに署名できている好例ですよね。先ほどの中山さんの落語の話は面白いですね。建築の冗長性ですよね。建築の冗長性は、人間の世界に対する解釈の幅を広げるような、可能性に開かれた言葉だと思います。

 

僕だけでなく、吉村さんや中山さんも、いろいろな方法で、それを実践されているということを今日再確認したのですが、アノニマスに署名することは、決してネガティブなアプローチではなく、建築の冗長性を取り戻すための、ひとつの重要な創作の主題になっていると思います。
*この後、会場からの質疑を受けてさらに議論が深められ、終了した。

 

1 2 3 4 5 6