イベントレポート詳細Details of an event

第64回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.15「新しい建築の楽しさ2015」展連動企画
「ストリート感が自走を促す」

2015年11月19日(木)
講演会/セミナー

中崎 今日のお三方で、どなたかに質問したいというのがあれば、お願いします。

 

萬代 中川さんの中で、あれはテーブルなんですかね? 僕には床に見えますけれど、あれがテーブルだとして「あれで建築になるのか?」と自ら問いかけておられましたが、建築になるかどうかは、みんな設計をしている際に考えることだと思うのですが、「建築になった」と思える瞬間はどこにありましたか?

 

中川 確かに、ビッグテーブルは物理的に言うと床だし、実際は(形態上は)ただ大きなテーブルという言い方もできると思うのですが、あれが、ある使い方を誘うための島みたいなものになっていて、「ビッグテーブルの下にデスクを持っている人が、あの天板の下面から電源を引いたりするとどうだろう?」と思った時に、ハードとしてのテーブルを超えて、ソフトとしてある状態を喚起するというか、テーブルがあることでモノを置いたりとか、そこで行為が起こる、という意味で(ソフトウェアとしてみた)テーブル的なものだな、と感じたのです。だから、ただハードウェアとして床かテーブルかということを超えて、もう少し、状態を喚起する概念として「テーブル」という言葉を使いたいという気持ちがあります。そういう考えに思い至った時に、普通、概念というとコンセプトみたいなものなので、なるべく状態を明快にするために言葉を使うと思うのですが、逆に、ある多様な状態を受けとめるために概念を使えるとするなら、建築になるかもしれないなぁ、と思いました。あのテーブルがあることでモノでもあるのですが、多様な状態を喚起される、生まれるヒントとしてテーブルという言葉を使いたいと思っています。

 

細海 萬代さんに質問です。道も敷地もない状態で、ゼロベースから考えてあの場所を選ばれ、なぜあの四角な建物で、なぜあの大きさになったのかというところをお聞きしたいです。

 

萬代 ひとつは、眼前に海があり、純粋に海に向かっていく形態の建築にしたいと思ったのです。津波が来て、街のみんなが海から離れていく状況があり、それでも海の近くに建築を建てることが、人間の行為として大事だろう、と。それをなるべく抽象的に表現する、というか、一番単純な形にしたい、と。町の人たちも海の近くに建築が立ち上がることを期待していて、それに対してはもっとも単純化した形態が大事かな、と。シンプルな形で表現したかったのです。

 

中川 私からもお二人にお聞きしたいのですが、例えば細海さんの提案は、ある住み方を、自発性を促すことで、いわゆる集合住宅のビルディングタイプから逃れようとしているように感じました。萬代さんの提案は、敷地もないし、道もない、ということを仰っていましたが、例えば一次産業や二次産業など、その産業が規定してしまうようなものから逃れようとしているというか、その発展形を考えようとしているように思えました。つまり、ある計画やカテゴリーに縛られない提案をお二人ともされているのかなぁと思いまして、最近は、そういう方向性なのですか? とお聞きしたい(笑)。例えば所有や専有から逃れるような「シェア」という概念や、先ほど中崎さんが仰った「ラーニングコモンズ」もそうですが、一歩先に進んだものを考えなければいけないのか、と思うところがあり、お二人の話を聞いていても似たような印象を持ちましたので、お考えをお聞きしたいのですが。

 

細海 あの集合住宅は、シェアすればいいとか、シェアしたいとかではなく、むしろちゃんとしたプライベートスペースが確保されてこそ、外が生きると思っています。最初は、ああいうスペースをつくりたいというところから入ったわけではなく「別荘のある集合住宅」というものから入ったわけです。そこではそれぞれの入居者が同じ建物内にそれぞれの別荘を持つということを想定して設計に入り、その結果、ああいう多様性とか、いろんな動線が生まれるので、そういうものをシェアする空間になるのではないか、と考えたのです。だから、そういった既成から逃れたものを意図したというわけではなく、自分の手を離れた時に、自分の中で予期しなかったことが起きる空間を提案できれば、と思ったのですが、まだ自分の中で明確な正解やゴールが見えていないのですけれども、そういったものを楽しんで提案したわけですね。

 

萬代 質問は、既存の制度みたいなものを建築で乗り越えていく、というような意味ですか? 

 

中川 うーん、まぁそうです。

 

萬代 うーん、根底には、すごく美しい建築をつくりたいというのがあります。そこで時代が変わると、当然、いろいろなことも変わってくると思っています。その1つに制度がある。その変化する制度とかシステムとか仕組みは、建築で変えられない気もしていて、だから、変えるというよりは、変わっていく時代にうまく合致するような建築、変化する時代に対応できる建築というものを考えています。

 

中崎 制度など既存のものを乗り越えていける建築が、新しい建築ではないか、と思います。その新しい建築というのは、新しい人間関係などをつくることによって生まれて来るのではないか、と思います。そして多様性というのは人それぞれの楽しさ愉しみが違う、と。そのいろんな楽しみ方があるというのが重要ではないか、と。そういうような状況をつくることをしていくのが、今後必要だと感じていまして、この建築展のタイトルはそういった意味を込めて「新しい建築の楽しさ」としています。そろそろ時間ですが会場からのご質問も受けたいと思います。
*この後、会場からの質疑を受けて終了した。

 

1 2 3 4 5 6 7