イベントレポート詳細Details of an event

第63回 AGC studioデザインフォーラム
AGC studio開設5周年記念企画 女流建築家4人によるトークイベント
「わたしたちのケンチクとガラス」

2015年10月30日(金)
講演会/セミナー

成瀬 少し時間があるので、会場のみなさんからご意見やご質問はありませんでしょうか?

 

松村教授 質問いいですか? ジャン・ヌーベルのカルティエ財団の話が出ましたけれど、その10年前くらいに同じパリで「アラブ世界研究所」を彼はつくっていますね。あれは全面ガラスなんだけれど、ガラスの間にものすごいメカニカルな仕組みを入れていましたよね、センサーで動くような。曼荼羅のような、すごい絞りがあって……。僕も行ってみたのだけれど、そしたら故障してしまっていて(笑)動かない。装置をガラスの中に入れ込んでいるからどうにもならない。今、ふっと思い出したのですが、10年前にジャン・ヌーベルはああいうものをやっていたよな、と。同じジャン・ヌーベルが、同じような感性でガラスを使っているとしたら、ああいうメカに走ったのをどう理解すべきか。あれはガラスの間にルーバーを入れたものの延長線上にあるようなものだと思うのだけれど、今日、話題になっている、時々で移ろうとか、反射するとか、というガラスの使い方と、あれはかなり違うと思うのです。デザイナーとしてみた時に、同じ人が、どういう考えや心境でやっているのか? 変節してしまったのか、実は同じなのか、どう思いますか?

 

成瀬 私がアラブ世界研究所を見に行った時は、まだちょっとだけ動いていました。

 

松村 そうそう、動くところと動かないところがあった。

 

成瀬 ええ、全部は動かなかったですけれど、面白かったのは動くとカシャカシャと音がしていて、建築が生きているような気がしたのを覚えています。動かないのもありましたが、その穴を通して木漏れ日みたいな光が落ちてきていて、そのキラキラも含めて、ジャン・ヌーベルはそういう現象に興味があるのかな、と思いながら見ていました。

 

加茂 私が行った時も動かなかったです。あれを雑誌で見た時、すごく見てみたいと思い、行ってみたのです。できて間もない頃に行ったけれど、既に動かなくなっていた。あれはアラブ世界の研究所ということで、文様ですよね、そこから考えた理詰めのデザイン、仕組みであると。システムを使ってそういうファサードを表現したい、と。あれもたぶん西方向に向いていたような気がして、かなり強い光が入ってくるから、内側にできる陰も、そういう陰になると思うのです。記号的なデザインを取り入れようという意思があったのだと思います。実は今日、私もカルティエ財団の事例を持って来ようかと思っていて、持って来なくてよかった(笑)ですが、やはりあれはすごく衝撃的な建物の一つですよね。あれがそうである理由の一つは、パリの街並でファサードを揃えなければいけない都市コードがあるので、それをガラスでやった、という説明がなされていた記憶があります。どちらの建築もガラスを記号的に使った。でもすごいと思うのは、やはり、あの街路樹があるとそのガラス面でそれが複層されていくというところですよね。

 

 ジャン・ヌーベルはその10年のうちにけっこう変わった、というのが私の印象です。たぶん、ジャン・ヌーベルはうつろいに興味がある人なので、アラブの研究所ではメカニカルなうつろいを演出している印象があります。もちろん、結果として、あの小さな穴から出てくる光の移ろいが別の次元で美しいものであるのは事実です。それに対して、カルティエ財団の建物をつくった時、ジャン・ヌーベルは「やった!」と思った、と思うのです。ものすごく単純な装置ですよね。ガラスを1枚スパーンと置くだけで、人の動きなどを利用して移ろいを演出できる、と気付いた。あの感動は私たちに伝わりますし、実際にそれが本当にきれいにできている。やはりあれは、ジャン・ヌーベルの中でもすごくジャンプした作品だと思います。

 

*この後、会場からの質問も受けて議論が続いた。例えば、「Nortre-Dame du Raincyのステンドグラスのような、物理的には透明でないガラス空間になぜ透明感を感じるのか」についての議論が進み、さらに東大の松村教授、建築家の太田浩史氏からの「ビルディング・エレメント論における女性的視点の欠落」などについて興味深い指摘があった。

 

1 2 3 4 5 6 7