イベントレポート詳細Details of an event

第63回 AGC studioデザインフォーラム
AGC studio開設5周年記念企画 女流建築家4人によるトークイベント
「わたしたちのケンチクとガラス」

2015年10月30日(金)
講演会/セミナー

成瀬 実は私が持ってきた事例も、このカルティエ財団の建物なのです。確かにアップルのエントランスは透明な建築というよりも、ガラスそのものであり、物質的な透明性が感じられます。一方、ジャン・ヌーベルのほうは、起きている現象のほうに目が行って、それがガラスだったかどうかは気にならないというか、後からついてくるものだと感じます。乾さんの建築はいつも何か、見る人に、いたずらを仕込むというか、楽しさや面白さを仕込んでいるような、そんな印象を持っています。今日お聞きしたガラスに対する考えも、そういうことを突き詰めて考えていらっしゃるのだろうと感じました。

 

 さて、私は、成瀬・猪熊設計事務所で活動し、加茂さんと同じようにグループで設計しております。パートナーの猪熊は男性で、大学の同級生なのですが、設計をしているとぶつかることもあります。猪熊は構築的にものごとを考えていくタイプで、私は彼から見ると、すごく感覚的らしいのです。話が噛み合ないことがよくあるのですけれど、それをお互いに分かってもらうべく、賢明に言葉で表現しながら、議論をして設計をやっています。それで、私もガラスの建築で感動した体験というと、最近はなかなか海外旅行に出られませんが、学生の頃は時間があったのでグルグル回っていました。そしてガラスで最も衝撃的だったのが、このジャン・ヌーベルのカルティエ財団現代美術館の建物でした。これは透明なガラスなのですが街路樹や美術館の庭の樹木が、映り込んだり透けて見えたり、何重にも瑞々しい緑が視界に飛び込んで来て、すごくきれいなのです。建築を学び始めてまだ浅い頃で、ジャン・ヌーベルのこともあまり知らない頃のことでしたが、そのような体験はそれまでなかったので、今、思い返してもきれいだったなぁー、と脳裏に色濃く焼き付いております。

 

一方、自分の作品でガラスの話をできるものがあるか、と考えた際、このシンポジウムを陰で支えてくださっている松村先生(松村秀一・東京大学大学院建築学科教授/会場に聴衆として参加)から「成瀬が若い頃に応募したコンペの作品があっただろ? あれを紹介したら面白いじゃないか」というご意見をいただきまして(笑)、それを持ってきました。この画像です。これはガラスの家があって、メッシュでそれを全部覆っていて、そこにツタなどが生えていくことで、暖かい時期は繁ったツタが覆って日射しを防いでくれ、冬は葉が枯れるので、日射しが入ってくる、というような提案をしていたのです。これは10年くらい前の案で、私が社会に出たかどうかの時期に出したコンペの案なのです。今考えると、実は実施のコンペだったので無謀だったと思っています(笑)。ある会社さんが持っている敷地にエコ住宅をつくる、というコンペでした。今でもちょっと違和感があるのですけれど、「エコ住宅」というと、断熱や気密性がしっかりしていて、そういう断熱は大切と思う一方、環境を感じることについては、もっといろいろあってもいいだろう、と思っていた時期だったのです。これができたら、実際はすごく暑くて、すごく寒いと思うのですが、すごく感動する瞬間もこの家にはあるはずだ、と考えたのです。だから実際の家に使うのは難しいかもしれませんが、例えばレストランならありかもしれないと考えたりもしました。これはジャン・ヌーベルの作品の影響を受けていると自分では思っています。緑が映り込んだり、周りの風景が映り込んだりしながら四季折々の変化を感じて生活するというエコスタイルを、他の素材で実現できるかというと、ガラス以外ではできないと考え、そうなりました。すごく性能のいいガラスを使うことを説明した記憶があります。審査員の先生方が優しくて、急遽、当初はなかったはずの審査員特別賞を頂戴しました。今、これをこのままつくればいいとは言えないですが、先ほどから出ている、断熱性は一部諦めて、とか、高性能に整えていくだけが気持ちいい空間なのか、といつも疑問に思っているところがあります。

 

三澤 高性能なガラスがあれば、100年後にこれが実現するのではないかと思うのですよ。温熱環境を完全に制御できるガラスで箱ができれば可能ですよね。冬は暖かくなり、夏は涼しくできるガラス。今はLow-Eのさまざまな種類のガラスがありますけれど、望んだ性能を自由に発揮できる性能を将来実現できるかもしれないので、これはその時に住宅として実現するのではないでしょうか? 何としても、それまで生きていて(笑)ください。

 

成瀬 建築家は、今ある技術でできるものをつくるのも大事だと思うのですが、こんな未来があるといいよね、ということも提案していきたいと思っています。

 

加茂 外界との関係で身を守らなければいけないけれども、その先にある、グリーンの網の中にある「自然を纏いたい」という気持ちはすごくよく分かります。でも学生がこういうのを提案すると「暑いんじゃない?」「寒いでしょ」と言いそうになるのですけれど(笑)。重要なのは、それを突き抜けた、関係を纏いたい、ということ。昔だったら縁側で、寒くても暑くても、その境界面が楽しい場所だったと思うのですが、そういう感覚を技術で実現できる未来が欲しいと思いますね。先ほど結露の話をしましたが、子どもの頃に一番好きだった空間が、冬のカーテンの裏側なんです。ガラス一面が結露していましたよね。その結露したガラス面で延々と絵を描いていたのです。私は社会人になって事務所に入り「何で結露が悪いのですか?」と言って、すごく怒られた記憶があります(笑)。昔はそれが当たり前だったところで、そういう遊びがあった。今はほとんどペアガラスになってそういうことがなくなった。うちはコンクリートが結露しますけれど、そこには絵を描けないので(笑)。カビ対策のほうが大変になっている(笑)。そういう結露しないガラスで育った子どもたちと感覚が違っていくのかなぁと思います。

 

 成瀬さんの案で興味深いところは、ガラスを高性能にするということを考えたところですね。それは1個目のオプションですよね。今日はガラスをめぐる会なので当然ガラスの話をしていますけれど、もう1つのオプションは、ガラスも無しにして、メッシュだけで家が成立しないのか、と考えることもできるわけです。とはいえ、オプション1の高性能なガラスがあったほうがいいと思うのも確かだな、と思うわけです。ガラスは確かに魅力的な材料で、「あるようでないような」、さっき加茂さんが指摘された「1枚あることの重要さ」、こっちとあっちが生まれるスリリングさはガラスの魅力だと思いますね。こういう案を見ていると、改めてガラスがあることは重要なのだ、と思わされます。とくに反射があるということがすごく重要で、先ほど「反射のないガラス」の話も聞きましたし、それも求められる機能の1つだと思いますが、デザイナーの立場からすると、反射というのは魅力的な現象だと再認識させられますね。

1 2 3 4 5 6 7