イベントレポート詳細Details of an event

第63回 AGC studioデザインフォーラム
AGC studio開設5周年記念企画 女流建築家4人によるトークイベント
「わたしたちのケンチクとガラス」

2015年10月30日(金)
講演会/セミナー

成瀬 ありがとうございます。今のお話をうかがって、加茂先生、乾先生から何かコメントはありませんか?

 

加茂 なつかしい未来ということについて、私も写真を見ながら感じていました。ガラスと窓辺の関係が、おそらく温熱環境の問題でずいぶん変化してきたのだなぁ、と。それがいいのか悪いのかは断言できませんけれど……。私も、その話と続くような内容を話しそうな気もするのですが、技術が進む中で、外との関係や光に対する感受性は昔からそういう窓辺にあったのだなぁ、と思いながら聞いていました。

 

 大先輩に対して感想を述べるのは失礼なのかとも思うのですが、シンプルに考えて、それに対して技術を追いつかせていくという感じがおもしろいと思いながら聴いていました。技術がどうだとか、建築うんぬんとは関係なく、「自分はこういうのが好きだなぁ」と思うことを素直にスッと選びとり、それを達成することがナチュラルに行動化されているというのが印象的で、今日は女性に結びつけなければいけない気がする(笑)ので、何となくそれは女性らしい思考回路というか、あまり結果を気にせずに、自分の思ったことをやりたい、というのが大きいと思うのです。それをすごく感じました。

 

三澤 「思ったことをやりたい」というのは、その通りだと思います。乾さんにそう指摘されて、改めて気がつきました。それが人生かな(笑)、と。

 

成瀬 先ほどの熊本の別荘は建具がかなり大きいですよね。この建築はもともとどういう人が設計されたのでしょうか? 出自はどういうものなのか、と。

 

三澤 熊本の宇土半島にある三角という港の近くにあるのですが、昭和の初めの頃、熊本市内の料亭が海辺の別館として客をもてなす、という目的で建てたらしいのです。それが昔、売りに出されて、今の住まい手さんのご両親が購入され別荘として使っていらっしゃったということなのです。たぶん、昔の大工さんが図面を引いたのだと思います。改修に際して、私たちも詳細調査を行ったのですが、調査していると、元の作り手が考えていたことが伝わってくるのです。かなり考え抜いてつくられており、デザイナーとしても素晴らしかった人なのだろうと思います。確かに耐震性などに関しては昔の建物なので怪しいのですが、この状態で耐震の基準が通ったのです。基礎を全部やり替えるなどしましたけれど、躯体としては大丈夫で、ずいぶんと感心させられるつくりになっていました。だから、プロポーションはほとんど変えていません。屋根などは断熱材を入れたので多少、厚くなっていますけれど、もとの形を活かしてやったつもりです。広縁の大きなガラス建具のところは、本来なら耐震性をより高めるために一部を壁にするとか、温熱面ではペアガラスの高性能な木製建具に入れ替えるなどをすべきところで、いつもは(=他では)そうしているのです。しかし、この建物については考え抜いた結果、熱に関して諦める、広縁のこのスペースは冬が寒い、と割り切ってしまい、ゾーニング改修と呼んでいるのですが、寒い時期はこのエリアで暖まることにする、というような使い方を考えて改修しています。

 

成瀬 暖房設備を工夫されて新しいものを入れるなど?

 

三澤 ええ、今はエアコンだけです。ここは4月に改修を終えたので、まだ冬を経験していないのです。ただし、夏は結局、エアコンを使わずに過ごされたようです。風が涼しいので冷房を使わなかったと聞いています。まぁ、別荘なのでね。

 

成瀬 ありがとうございました。では次に加茂先生のお話しをお願いします。

1 2 3 4 5 6 7