イベントレポート詳細Details of an event

第60回 「最新の学校施設づくりについて」 その1~次世代へ繋ぐ学び舎を考える~長寿命化

2015年9月17日(木)
講演会/セミナー

●八雲学園中学校・高等学校(耐震リニューアル :同敷地/居ながら/RC+木造校舎増築)

 

丸野 最後になりますが、八雲学園中高さんの事例です。こちらは耐震リニューアルを行いました。新たな試みとして、コンクリートと木造の混構造による図書館を併設しております。こちらが木造の図書館の内観です。あたたかい印象を受けると思われますが、この下階はRC構造になっています。場所は目黒区で東急東横線の都立大学が最寄り駅になります。周囲は閑静な住宅地です。昭和38、39年頃に建てられた校舎となりますが、見た目はそれほど古さを感じさせない建物です。建物配置は大きく3つに分かれ、西側の校舎、中央の校舎、東側の校舎になっており、このうち東側の校舎については、外部のバルコニーの部分にパラレル工法という鋼線を使った耐震補強をさせていただきました。一方、真ん中の部分は鉄骨フレームを内部に回し補強を図っています。そして、こちらにある図書館ですが、これはメディアセンターとして低層部をRC構造に、上の部分は木造の混構造ということになっております。
*改修前後の写真を用いパラレル工法のメリット、採用理由などを解説。さらに混構造の図書館についても校舎の新たな魅力になっていること(目黒区には木造校舎がほとんどない)を、写真を用いて説明。

 

 ここまで6件の事例を駆け足で紹介してきましたが、鎌倉学園中高さんの事例を少し補足しますと、「本当は新築で長寿命化を図りたかったが、法的な制約のため、改修の選択が必然となった」という建物です。3年間かけて先生方と協働していくために、フィードバックされる事柄が1期工事以降に出てきました。長期改修工事では工事期間中にフィードバックできるメリットがあります。1期工事の中で、先生方からもう一度フィードバックしていこうという動きもあり、生徒さんにアンケートをとっていただいたりしています。特に教室廻りで出てきた問題は、教室のIT化に関するものです。この写真にあるように黒板付けのプロジェクターがあります。先生方の要望として、この画面の中に投影したいという希望がありました。しかし、スクリーンのストローク問題が出てきて、先生方が想定しておられた状況と少し違う部分が発生したため、2期工事では軌道修正していくことになりました。2期工事ではこのプロジェクターそのものが黒板付けではなく、天井付けになります。そして、使うときには黒板を上に上げるという運用になります。また将来的な話としてITに関する問題について議論している状況です。教室のモニターのハードとソフトをどうするか、教育目的以外にどう使うかも考えています。例えば、休み時間には食堂のメニューを表示して情報提供をするなど、いろいろな使い方が考えられます。段階的に検討していく上での設備的な準備を対応してあります。ITがどういう方向へ進むかは、今後、試行錯誤しながら決まっていくことが予想されるため、フィードバックしながら検討を加えております。
*この後、質疑応答が行われた。

1 2 3 4 5 6