イベントレポート詳細Details of an event

第95回 AGC Studio Design Forum
Soundscape スペシャルトークイベント「ミラノデザインウィーク2018報告」

2018年6月21日(木)
講演会/セミナー

山田 秋山さん、今のお二人のお話を聞かれて、開発者側としてどのような印象をお持ちですか。

 

秋山 確かに屋外というのはポイントだと思います。普通のスピーカーは、防水にすると音が悪くなっちゃうという問題があるのですが、この音を生むガラスは、ガラス自体が防水素材ですので問題なく使える。これまでスピーカーを入れられなかったところにも入る。それが新しい発想を生むのだろうと思います。またコミュニケーションのツールというのも非常に面白いと思います。先ほど面振動の話をしましたが、自然界の音というのは点音源はあまりなくて、ほとんどが面音源だというのを今回、音源のクリエーターの人から教えていただいたのです。そう考えるとすごく自然に聞こえるスピーカーになるだろう、と。例えば、今、テレビ会議などをやりますよね。その際、壁一面が平面スピーカーであれば、より自然な音が聞こえてくる。バーチャルリアリティの分野に注目も集まり始めていますが、そういったものはとかく映像をどうしようかと考えがちなんですけれど、音という要素も軽視できないので、そこにどうトランスミットするかという面白さがあると思います。

 

山田 非常に可能性のある素材だと思いますけれどこれは実際に建材として使っていけるのでしょうか。

 

秋山 まずはオーディオなどに目が向くと思うのですが、先ほどもご紹介したように、製造設備の問題を除けば、原理的に制約はないので、非常に大きなものもつくれるんですね。また今、そこの窓にはまっているようなガラスも視野に入ってきます。建材への応用は十分に考えられます。

 

山田 まさに今、このビルのガラスがそういうものに変わっていくようなことがありうるということですね。

 

秋山 これを単体でつかってしまうと、内側に聞かせたいのに、外に聞こえてしまう(笑)。ただ、その問題も複層ガラスにするなどの解決策はあるので、そういう用途はわれわれとしても追求していきたい。

 

山田 今回、AGCさんの会場に行って思ったのは、これはまさにスタートラインで、この素材を使ってどんなことができるのかを、問いかけていらっしゃるので、次のフェーズに進んでいかれても面白いのではないかと思うのです。世界のデザイナーが集まるこういうイベントですから、そういう方々がイマジネーションを膨らませて、思いもよらぬものをつくるなんてこともありうるだろう、と。だから来年もこの素材を使って、プロダクトを見せていく可能性も考えられるのかなぁと。そういうことは考えていらっしゃいますか。

 

秋山 来年についてはこれから考えるわけですが、そういったご意見も頂戴しながら考えていきたい。この音を生むガラスに何かの要素を足していくという方向性もあるかと思いますし、次の進化をご覧いただいて、その伸びしろを見ていただくという方向もあるかもしれないですね。

 

山田 デザインに限らずアートの世界でも可能性があるように思います。また萬代さんと吉泉さんのおふたりにお聞きしたいのですが、秋山さんに対して、無茶な部分を含めて、「こんなガラスがつくれないか」と、いうような注文はありませんか。

 

萬代 難しいですね。ガラスって建築的にいうと、基本的には透明なマテリアルとして使っていますが、実は透明じゃない。そういう相反する側面があるのですけれど、そこでいつも僕らは悩んでいる。ただ、反射する性質もいいところであったり、厚さが増すと緑色になっていくのも味があると思うのですが、完全に透明で完全に反射しないガラスがあれば、人がぶつかってしまうかもしれませんが(笑)、そのチューニングができると面白いと思います。

 

吉泉 ガラスはすごく好きなのですが、自分たちでものをつくるとなると、なかなか使いづらいところがある。何より、成形を自分たちで気軽にはできないという問題があって、融点が低い、自分たちで成形できるガラスがあると、いいだろうなぁ、と思っています。

 

山田 秋山さん、どうでしょうか、今のお二人のご意見は(笑)

 

秋山 萬代さんはやはり建築家らしいご意見ですよね。われわれも研究所でああでもない、こうでもないとやっていますが、チューニングなどに主眼を置いた材料というのは今後面白いだろうと考えています。また、ガラスの成形についていいますと、温度の低いガラスというのは存在しています。樹脂は(物体の性状として)ガラスなんですよね。樹脂は成形温度の低いガラスなんですけれども、あれをもっと固いガラスでできると面白いだろう、と。あと、チョコレートとか、鰹節とか、飴玉とかも、あれは全部ガラスなんですよ。食べられるガラス(笑)。われわれは、ガラスというと、ケイ素を主成分にした窓ガラスになっちゃうのですが、そうじゃないもの、チョコレートの研究をしてもいいのではないか、と思っています(笑)。そうやって領域を決めないで、深くガラスに向き合っていくのも、いいなぁ、と(笑)、思いました。

 

萬代 えっ、チョコレートがガラスなんですか。

 

秋山 はい、結晶でない物体なんですよ。チョコレートもずっと冷蔵庫に入れておくと結晶化してしまいおいしくなくなってしまうんですよ。鰹節もそうで、ガラス質なんですよね。そういうのって研究対象として面白そうですよね(笑)。融点が低いガラスと聞いた時に、そういうのが思い浮かんで……。なんか、ガラス屋が始めた鰹節屋ができたりして(笑)。

 

吉泉 相当むちゃぶりしたつもりだったのに、普通に返されて、驚いています(笑)。面白そうです。

 

山田 デザイナー以上にデザイナーだったのは秋山さんかもしれない、と(笑)。今の話にもありましたように、まだまだ新しい可能性のあるのが、ガラスという素材なのだと思います。では時間も参りましたので、会場からの質疑応答をお受けしたいと思います。
*会場からの質疑を受けて終了。ガラスのサイズや厚みによって音質が変化するのかどうか、音源のアンプなどについての話が続いた。

 

 

1 2 3 4 5 6 7