イベントレポート詳細Details of an event

第52回 AGC studio デザインフォーラム
AGC studio Exhibition No.12 「新しい建築の楽しさ2014」展連動企画
「新しい設計体制を構築する」

2014年12月10日(水)
講演会/セミナー

藤村 このように実際のプロジェクトとして、政策レベルで動かしていくための仕掛けとして、模型を使っています。かつて、磯崎新さんが60年代にやっていた、インキュベーションプロセスという、会場に訪れた人が、模型に釘を刺してものをつくっていくという試みがあるのですが、そのバージョンアップ版としてこの「海市」というプロジェクトがあります。私が、それに対する共同設計版というのを提案したことがありまして、3人の建築家が履歴を残しながら「海市」をバージョンアップしていくプロジェクトをやりました。どうしたら、1つのものをみんなでつくっていくのが可能になるかを探究していました。

 

そこで、最後に私たちの(今回の模型展に出展した模型の)プロジェクトを紹介するのですが、先ほどの学生のプロジェクトのすぐ脇に「つるがしま太陽光発電所」というものがあり、そこに環境教育施設もつくることになりました。地域貢献とか防災とか、環境啓発など今日的な課題に対する答えを示すということで、これは養命酒製造さんの工場の跡地でいわゆるPPPの枠組みで、これをつくるということです。これに対して、昨年に鶴ヶ島プロジェクトが盛り上がったものですから、市長の推薦で私どもが設計に関わることになりました。ここでは、大学院の課題として工藤和美さんと一緒に「東洋大学ソーシャル・デザイン・スタジオ」という組織を新たにつくって、そこで大学院生10名のチームでこの設計を始めました。

 

このように10名で案をつくって投票を繰り返していくのですが、最初はこういう案が1位になりました。別の案はまったく別の形をしており、やはり、人によって評価されるポイントが違うわけです。このように形を見せてアンケートすることにより、何がみんなの評価を得て、どこに関心が置かれているのか、を徐々に探っていきます。さらに、共通した案というものも合成して、そこに名前を付けて、そこに望まれている施設のイメージをつくっていきます

 

これは実施のプロジェクトだったので、当初予算が2800万円と言われていました。この案は駅舎型なのですが、当初、この案で出てきた見積もりは、少し複雑な形をしているので8596万円と大幅な予算オーバーでした。頑張って圧縮しても6400万円となり、他の境界型の案、路地型の案も、それぞれ予算オーバーしてしまっているのですが、これらは学生が好き勝手な設計をしたからというより、どちらかというと、発注側の与件が十分整理されないままで発注されたために、こういう予算オーバーが起こってしまうと考えられるわけです。それを敢えてお見せすることによって、ではどこを減額しましょうか、というワークショップに結びつけることができます。市民の人たちは要求を出すことに慣れており、役所の人も市民の方々も、企業の人も要求を減らすということの経験が乏しいのです。それを一緒に議論していくことができるわけです。最終的にはそれを元にして、統合して1つの案にまとめていきました。

 

このように昨年の1年で設計から竣工までに至ったのですが、将来的に、こうした郊外都市において、大きな重要建築物はいくつかの場所に集約されていきます。しかし、地域にはこうした小さな木造の住宅くらいの集会施設などが分散配置されていくだろうと、そういった再配置のビジョンに基づいて、地域の工務店でつくられるような技術を用いて、自分たちでそれを維持管理していくということを念頭に置いています

 

これが完成した物件の写真です。この壁の塗装は、ワークショップを経て地域の方々に塗ってもらいました。地域の公共施設の将来像は、今後このように豪華な石張りなどではなく、木造で小さくて、自分たちで維持管理、修繕までやっていく、という認識を共有していくためのいろいろな仕掛けをしております。このように植栽も自分たちでやったり、その後に懇親会を開催したりしていくと、こうした施設の意義もだんだんと理解されていきますし、若い人と地域の方々の接点もできていきます。このようなソーシャルな仕掛けをしながら、公共施設の維持管理についてみんなで考えていくということをしたいと思っております。

 

こうしたプロジェクトが鶴ヶ島、大宮、川越と続いてきて、今後は例えばグーグルの画像検索を用いて椅子や住宅をつくるなど、いわゆるビックデータなども用いて、世論の計測をするというところに足を踏み入れながら、どこまで集団設計の可能性を広げられるかを考えていきたいと思っております。

1 2 3 4 5 6 7 8