イベントレポート詳細Details of an event

第94回AGC Studioデザインフォーラム トークセッション
「EDIDAとガラスの緊密な関係 東京・ミラノからの最新報告」

2018年4月26日(木)
講演会/セミナー

ガラスは、まだ見えていない面白さが隠れている素材ではないか

 

:次は、Rossana Orlandiに出展されていたGuglielmo Polettiの作品です。この部分がガラスで、こちらはアクリルになっていて、この紐と金物の棒だけでテンションをかけて付けている状態です。儚さと緊張感の両方があり、ガラス素材の持つ緊張感をとても上手に表現している作品だと思います。写真のように、紐と金物で引っぱって止めていて、接着しているわけではない。同様の方法で、椅子などのプロダクトも作っているデザイナーです。
 こちらは、Studio deFormの照明です。

 

安藤:貝殻のようなガラスが2枚あり、真ん中に光源があるシンプルな構造でして、リフレクションがきれいで、見え方がとても美しい。リミテッドではなく、製品として販売されているとのことです。

 

:これもRossana Orlandiに出展されていたもので、Alexa Lixfeldのデザインによる花器・ボウルです。クラフトに近い作品、という印象です。
 次は、Dirk Vander Kooijの作品です。

 

安藤:オランダを拠点としているデザイナーで、3Dプリンターで透明樹脂が積層したような椅子を、2010年頃の早い段階から発表している人です。比較的、コンテンポラリーなフィールドで活動していて、これが新作の照明となります。渦を巻いたような構造で、光源が一つだけで、そこから光が拡散していく、という考え方で作られています。

 

佐藤:なるほど。興味深い作品のご紹介をありがとうございました。
 最後に、一言ずつお話をいただきたいと思います。今後、ガラスをこう使うと面白いな、と考えていらっしゃることはありますか?

 

安藤:今日のトークセッションの打ち合わせをした後、AGCさんからガラスサンプルをいただきました。使い方の可能性を探るトライアルを行っていて、魅力的な素材だなと感じています。
 先程、小口の話がありましたが、建材として使う場合、建物に対して面として使われることが原則になると思いますが、そのリミットを外した瞬間にいろいろなことができそうだ、というふうに思っています。光が面白い拡散をしたり、空間の明暗の状態でミラー状になったり、まだ見えていない面白さが隠れている素材ではないか、ということで、さまざまなリサーチをしています。そういうアプローチでモノゴトを考えられるのではないだろうか、という気はしています。

 

佐藤:佐野さんはいかがでしょうか?

 

佐野:今回の1階の展示をやらせていただき、本当に難しい素材なのだな、と思いました。ガラスと他の素材、例えば、アクリルや樹脂系のモノと何が違うのかと言うと、硬質であること、表面の平滑感、割れるということ。そのあたりをどのように、より顕在化させた表現ができるかが重要になってくると思います。先程、安藤さんがおっしゃっていた小口から光が入ってくる、というのもそれに関わっています。
 先日、別の打ち合わせで、「スワロフスキーはガラス素材なのに、なんであんなに高いんだ?」というような話が出ました。結局、加工するという行為に重きを置いて、あれだけの値段をつけている。研磨の技術力があり、光の屈折率を出している。あのようなことを、もっと大きいボリュームでやってみたいと思っています。また、素材として、溶けてくっついて一つの面になるところも面白いな、と感じます。

 

佐藤:なるほど。今日は、皆様、どうもありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8