イベントレポート詳細Details of an event

第94回AGC Studioデザインフォーラム トークセッション
「EDIDAとガラスの緊密な関係 東京・ミラノからの最新報告」

2018年4月26日(木)
講演会/セミナー

2018年のEDIDA AWARD 受賞者発表「各部門賞」

 


佐藤:そうですね。では、次に参ります。
 バス・バスルーム部門は、ネリ&フーが「AGAPE」のバスタブで受賞しました。中国出身の二人組みで、昨年のデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞されていて、建築とプロダクトともに活躍されています。彼らはどちらかというとロジカルで、中国の文脈を世界的にラグジュアリーにしたというのは、本当に素晴らしいデザイナーだと思います。
 ベッド部門は、ハイメ・アジョンが受賞しました。スペイン出身のデザイナーの方で、「WITTMANN」のWINGS BEDでの受賞となります。

 

佐野:ハイメはすごいですね。デザインのロジックを語れない。

 

佐藤:ちょっと難しいですよね。

 

安藤:フォルマファンタズマの流れも、もしかすると、ハイメ的と言えるかもしれない。ハイメはファブリカから出て来ていて、元々、ベネトンのリサーチセンターにいた方ですが、そういう意味でロジカルなところを持っているとは思います。

 

佐野:フォルマファンタズマやスタジオスワインには、どちらかというと、共感できるものがある。ああ、こういうことがやりたいのだろうな、と思いますが、ハイメのロジックはすごく難しい。ただ、出来上がったものはとてもきれいだし、とくにプロダクトはすごい。スペインのリヤドロとのコラボの陶器などは、逆に難しいかと思うけれども、ソファやベッドなどファニチャーのデザインはとてもきれいだと思います。あのアールのラインが出せるのは、スタディをやり続けているのだろうな、と。

 

佐藤:ファブリック部門は、パリを拠点に活躍するインディア・マダヴィさんが受賞されました。今年、表参道にサロン・ド・テ「ラデュレ」の日本初の路面店がオープンしていて、そのデザインも手がけられています。
 カーペット部門の受賞者は、先程のハイメ・アジョンです。スペインのブランド「NANIMARQUINA」のカーペットで受賞しています。
 家具部門は、コンテンポラリーな家具を作るイタリアのブランド「MOROSO」が受賞しています。オラファー・エリアソンさんのデザインになります。「MOROSO」は、最近、コミッションワーク的な仕事をたくさんやるようになってきていますよね。

 

佐野:オラファーは、現代美術家のなかで特殊なアプローチをしていて、デザイン的な要素も強い。どのようにコンテンポラリーアートの文脈の中に入ったのかな、ということには興味があります。

 

安藤:世の中がドンドン越境的になってきているという感じで、オラファーがデザインの方に来たら、淘汰されるものも多いのではないか、と感じます。

 

佐藤:キッチン部門は、ザハ・ハディッド事務所による「BOFFI」の新しいキッチンが受賞しました。
 照明部門は、マイケル・アナスタシアデスさんが「FLOS」の照明で受賞しています。ここ3年ほど、照明については、この方の一人勝ち的な状況です。照明のあり方を劇的に変えたデザイナーでもあり、とてもポエティックなデザインをされる方です。
 アウトドア部門は、イタリアの重鎮、パオラ・ナヴォーネさんが受賞しています。チェア部門は、イタリアのブランド「MINOTTI」のソファで、クリストフ・デルクールさんが受賞しました。
 テーブルウエア部門は、「WEDGWOOD」の器でイギリスのリー・ブルームさんが受賞しています。ブルームさんは元々「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のデザイナーをしており、プロダクトの文脈とは違うところから出てきた方です。今回は「WEDGWOOD」のエディションもので、世界で12個ほどしか製作されていない器が受賞していて、これも象徴的な作品かと思います。
 壁紙部門は、バング&オルフセンが壁に取り付けることができるスピーカー「BEOSOUND SHAPE」で受賞しました。
 今年のEDIDAは、このような受賞者と受賞作となります。先程も言いましたが、何がデザインで、何がアートで、何がプロダクトなのかが、だんだん曖昧になってきていて、デザイナーにとって、領域を超えるような仕事が増えてきていて、それが一般的になりつつあるのかな、という印象があります。
 ミラノサローネで、we+のお二人がご自身たちの展示の間に、ガラスに関する新しいプロダクトを見てきてくださっています。それを幾つか、ご紹介いただきたいと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8