イベントレポート詳細Details of an event

第93回AGC Studioデザインフォーラム トークセッション
「ガラスの新たな可能性を探る」

2018年2月22日(木)
講演会/セミナー

人がガラスに触れる機会がものすごく増えてきた じゃあ、それを楽しんでみよう

 

木田 それで、これがまた別の「タッチ」(笑)。

 

木原 そうですね。去年の出展したものでテーマが「Touch」です。デザイナーは倉本仁さんとイギリスのRow-Edgesという2人組のデザイナーの方に、いくつもの作品をつくってもらいました。例えば、この手前のカヌーのような形のものは「シーソー」で、奥にある「モビール」のように回るものとか、その手前にあるガラスの「ドラム」などです。このタッチというのは先ほどのスマートフォンなどもそうですが、私たちはガラスに触る機会が非常に増えている、と。今までは、離れて見るもの、怖いものとして距離を置いていたのですが、人がガラスに触れる機会がものすごく増えてきた

 

木田 毎日、何度も何度もスマホで触っています。

 

木原 こうして触れる時代に、どういう技術があるか、と。例えば、脂、指紋が付きにくいとか、滑りがいいとか。パソコンなどのタッチパネルなどですね。そういう身近なものにガラスが使われてきていますので、いろんな技術を既に忍ばせてあるんですけれども、デザイナーの方の提案は、それを楽しんでみよう、と。

 

木田 そうですね、倉本君がここで、ドラムを叩いておられましたね。

 

木原 これは表面が非常に薄い、1.1ミリ厚のガラスなのです。そういったものが太鼓の膜の代わりになっていて音が出る。

 

木田 あれは、叩いても叩いても大丈夫なガラス、なんですよね。

 

木原 化学強化ガラスです。

 

木田 これも何かに使えそうですね、佐野さん。

 

佐野 そうですね、実は、あれを、かご状に編もうと考えたわけです。最初は。

 

木原 かご状に編んで、包み込もうと。壮大なプランでした。

 

佐野 僕らはガラスが曲がるなんてイメージを持っていませんからね。おもしろいですよね。

 

木田 Row-Edgesたちも、なかなか渋い、いい提案をしていましたね。

 

木原 いちばん奥にある、Y字型のモビールです。自動的に回るガラスの円盤にマーカーで模様が描ける。

 

木田 スマホを代表に、今、誰もがガラスと深いお付き合いをしているのだけれども、ガラスの面積がもっと大きくなっていった時に、怖いなどと思わず、弾力性のあるガラスだとか、お絵かきの遊具になるとか、叩ける楽器になるとか。ミラノ・サローネという場所で公開されて、反応はいかがでしたか。

 

木原 やはり、プロダクトのデザイナーの方々の反応はすごく良かったです。それからAGC旭硝子は日本の会社ですけれども、AGCグラス・ヨーロッパへのコンタクトが非常に増えてきたと聞いています。

 

木田 そうでしょうね。これだけ連続して出展なさっていると、次の年に何をやるのだろうか、とすごく期待が高まるのですが、実は今日、次回の展示のプランについて、オフレコの話も少ししてくださるとか。

 

木原 もったいぶっているんですが、先日、リリースは出しております。サウンドスケープ、音の風景とでもいいますかね。昨年はタッチで触感、五感のうちの触るというところに焦点を当てましたが、今度は聴覚にガラスがどう関わるか、ということを考えています。これ以上はまだ言えないんです(笑)。デザイナーは先日発表いたしまして、建築家の萬代基介さんです。

 

木田 それは楽しみですね。もうちょっと情報を出せませんか?

 

木原 端的に言うと、ガラスから音が出てくるのではないか、と。

 

木田 それと、展示プロダクトについて、佐野さんの作品については先ほどもお話を聞いておりますが、付け加えることがあれば。

 

佐野 あれは「金輪継ぎ」という継ぎ手を(ヒノキとガラスで)表現したものです。継ぎ手にはいろんな種類、仕組みがあるのですけれど、製作や見せ方などを考えると、その中でもいちばん合う継ぎ手だと思いました。これは家具にもなるし、

 

木田 家具、ってことは例えば座ってもいいのですか。

 

佐野 ええ、大丈夫です。ガラスの実験もしており、6トンまで大丈夫だと。

 

木田 そうなんですね! じゃあ、かなり大きな方が乗っても大丈夫……。

 

木原 ええ、大丈夫です。

 

佐野 これの長さを変えることで、このままでも座れますし、横に寝かせてソファーみたいなものにしてもいいし、いろんな使い方ができると思います。

 

木田 じゃあ、欲しいという人が現れたら、あと5個くらいつくっておいて(笑)、というのも不可能ではないということですね。この次の画像は、同じく下階に展示してあるフィリップ・スタルクの作品です。これはグラス・イタリアという、みなさんもよくご存じのイタリアにあるガラスのメーカーなんです。これが世界の名だたるデザイナーたちと次々とコラボレーションしていて、それぞれに新しいガラスの可能性を引き出していただいているのですが、これは色彩への取り組みということですよね。

 

木原 やはり、合わせガラスとして、カラーの中間膜を使い、色を出している。それをまた、留め加工できれいに合わせているのが特長ですね。

1 2 3 4 5 6 7 8