イベントレポート詳細Details of an event

第93回AGC Studioデザインフォーラム トークセッション
「ガラスの新たな可能性を探る」

2018年2月22日(木)
講演会/セミナー

佐野氏が制作した「GLASS/EDIDA」展示品の解説

 

木田 なるほど。では、佐野さんの作品がどれだったか、みなさん、わかりました?

 

佐野 入ってすぐのところ。

 

木田 入って左側の真ん中に置いているオブジェなんですけれども、非常に美しくって、ガラスとヒノキでこんなに美しいオブジェができるのか、という印象でした。その接着してあるところの、透明なものに透明なものを重ねる美しさがすごくありますよね。

 

佐野 おもしろいですよね。水中を見ているような感じがするのですが、ちょっと角度を変えると、小口が連続して反射し、映りこんでいくような……。それがすごくきれいだと思います。

 

木田 そうですね、わっーと魅せられちゃうというか、本当に水の中を見ているみたい。

 

佐野 で、厚みによって光の入り方が変化して、明るい色に見えたり、濃い緑に見えたりとか。そういうのがきれいだなぁと。

 

木田 で、このガラスの柱に使われた加工については。

 

木原 あのガラスの柱は、梁に刺さっているんですね。ほぞが刻んでありまして、木造の柱と梁の関係のように、ガラスの柱に継ぎ手がとがっています。6枚貼り合わせたガラスのうち、真ん中の2枚が飛び出ているような状況です。それを合わせガラスでやっている。

 

木田 つまり、これは全部で6枚あるのですけれども真ん中の2枚が飛び出ていて、その両端がこういうかたちで段差になっていて、これがヒノキの梁に刺さっている。

 

木原 これを少し解説しますと、一般的には合わせガラスというと、2枚を合わせることがほとんどです。こちらに出てますように、こうした合わせガラスではいろいろな機能を持たせることができます。例えば、防犯ですとか、安全など。ご存知のように車のフロントガラスはこういう中間膜というのを挟んで合わせガラスになっています。だいぶ薄いガラスですけれども、2枚を非常な高温と高圧で接着させることで製品ができます。今回は、この工程で、一度に6枚を合わせたわけです。

 

木田 数が増えると、やはり難しいのですか?

 

木原 はい、非常に難しいですね。例えば、ずれたりしやすい。中間膜は熱で一度溶かしてから着けていきますので、その際にきちっと保持していないといけない。こういった難点も、打ち合わせを経てクリアしていかないといけなかったわけです。

 

佐野 継ぎ手のところなんか、ああいう製作誤差2ミリとかいうレベルですので、もし、見えないずれが起こったりすると厳しい。

 

木田 こういう合わせガラスは工場で加工なさるのですか。

 

木原 そうですね。

 

木田 佐野さんも工場まで行かれたのですか?

 

佐野 僕はUV接着のほうは見せていただきました。

 

木原 今回の柱については、一つひとつ大切につくらなければいけないので、うちのある工場にお願いして……。

 

佐野 中間膜があることで、途中でぽきっと折れない。

 

木原 そうですね。柱の安定というか、安全を考えますと、いきなりガラスとして崩れないということで、この合わせガラス構造をとるのがベストかなぁ、と。

 

木田 他にはどういうやり方があるのですか?

 

木原 ではその次のスライドを見てください。佐野さんが展示のためにつくられた「継ぎ手」ですね。「金輪継ぎ」というのですか?

 

佐野 そうです。

 

木原 それを少しモデファイといいますか、ガラスと組み合わせるので、ガラスのほうから作りやすいようにとお願いして、あのような形になりました。後で見ていただきたいのですが、ここに、込み栓というのですかね?

 

佐野 そうです。

 

木原 ガラスの込み栓が一本入ることによって構造が安定するわけですね。継ぎ手のポイントですよね。これは22枚のガラスをずっとつなげているので、どちらかというとガラス工芸などの接着合わせに使われるUV接着という、紫外線で硬化するという手法を用いています。それで、22枚をこう、それもこんな形ですよね。やはり手作業でやらないとできないのです。ですから、こちらは柱と接着方法を変えました。

 

木田 これ、きれいですよね。私、初めて見た時、本当にうっとりして見入っちゃいました。

 

佐野 木田さんが、きれい、きれいと言いながら、込み栓を押したり引いたりされていて……。ガラスは透明であるということ、本来ならこの継ぎ手は木と木でやる場合は、中の断面がまったく見えないわけですよね。だから、ガラスと木でつくったこの作品は、継ぎ手の形状が、ある種の意匠性をもっているわけですけれど、本当に中がどのように仕上がっているのか、そういった部分まで見えるのでおもしろいと思います。

 

木田 そうですね。あの込み栓は、動かさないほうがいいですか?

 

佐野 動かしてもいいですよ。

 

木田 帰りにお時間のある方は、込み栓の部分を触ってみてください。片方の側から押すと、反対側から抜けるのですが、しっとりしているんです。

 

佐野 そうですねガラスと木材は温度が違いますし、あのヒノキは完全な乾燥状態ではないため、今日みたいな天候の時には結露というか、湿度が高いと、あのヒノキの香りがすごく出るんですよね。

 

木田 その香りがあまりにも素晴らしく、いい匂いがするので、さんざん嗅いでいました。そしてしっとり湿っているのも愛おしいというか、ヒノキがガラスを受けいれつつ、呼吸しているというか。これはずっと置いておくと、木が暴れだすのですか?

 

佐野 この材が完全乾燥しきっていないということもあるのですが、これ用に440角とれる材はなかなかないので、このために製材所で曳いたのですが、完全乾燥にまで至っていないのです。そういうこともあって、エアコンの効いた湿度の低いところへ置いておくと、外側が乾燥して内部に水分を残したままという状態になるので、外側にクラックのような細い割れが入るのです。

 

木田 これの小さなバージョンもあって、入り口に入って右の奥のスクリーンのあるあたりでしたか。

 

佐野 そうですね、サイネージのスクリーンの向こう側にあります。

 

木田 あれもきれいですね。

 

佐野 あちらのほうがサイズが小さいので、接着精度などが高くなっています。きちんと乾燥させた節のない材料で継いでいますので、すごくきれいに見えます。

 

木原 その、あれが入っているケースといいますか、ガラス越しに見えるようになっているのですが、あのガラスには映像が映ります。透明のインフォベールという製品なのですが、奥にある展示物のショーケースでありながら、その情報をガラス面に映し出せるという複合した機能を展示してありますので、ぜひ、見てください。

1 2 3 4 5 6 7 8