イベントレポート詳細Details of an event

第93回AGC Studioデザインフォーラム トークセッション
「ガラスの新たな可能性を探る」

2018年2月22日(木)
講演会/セミナー

ガラス加工の技術が、どのように今日の作品に現れているのか

 

木田 旭硝子さんにとっても初めての試みですか?

 

木原 そうですね。かなりチャレンジャブルな会場構成だな、と思いますし、すごく迫力があるんだなぁと思っていたのですが、出来上がったものは想像以上でした。

 

木田 この京橋交差点周辺は建築関係の会社さんが多いと聞いておりますが、このショールームの前を通られるときに、みなさん、すごく驚かれるとおっしゃっていましたよね。

 

木原 ご存知のようにこの界隈には建設会社が多いのです。ただ、日ごろは「ガラス越しに見てたよ」という方も、今回ばかりは、「飛び込んできたよ」と。「こんなことやっていいのか!」なんてことまで言われまして(笑)、まぁ、ショールームであり家を建てたわけではないからなぁ、と。

 

木田 それくらいセンセーショナルな素材の合わせでもあったのですね。ガラスとヒノキのこういう組み合わせは、佐野さんにしてもないですよね。いつもは木材を扱われることは多くても……。

 

佐野 そうですね、ガラスをこんなに考えながら仕事をしたことは今までないですね。

 

木田 ガラスとお付き合いしようとすると、かなり大事に考えてあげないと、気性の激しい女子みたいな、そういうところがありそうですね。

 

佐野 本当に、角をちょっとコン、とやっただけで欠けちゃうとか。

 

木田 気分を害するわけですね、ガラス側が。

 

佐野 もうすごく難しい材料でした。

 

木田 でも、そんなガラスとAGCさんはずっと歩んでこられたわけですから、ちょっとガラス加工の基本というか、その技術が、どんなふうに今日の作品に現れているのか、確認できたらいいと思うのです。木原さんからご説明いただけますか。また佐野さんもコメントいただけますか。

 

木原 ご専門でガラスの加工に携わったり、知っておられる方には、非常に基本的な話になり、申し訳ないんですが、ガラスを切ったままではインテリアや人が触るところには使えないのです。画像にあるように、こういった磨き加工ですね、切断面を人が触っても大丈夫なように面をとったり、先ほど佐野さんが言われた「ちょっと当てても角が欠ける」というところは、面取りをしておけば大丈夫。逆に言うと、設計するときに、そうした加工の指定をしていただくというのが基本になります。ご存知の方にとっては常識なんですが、ガラスをあまり扱ったことのない方には、そういったところに留意していただきたいと思います。今回は、柱とか、また展示されている作品につきましては、接着をしているものがあります。その接着する元の板を糸面取りなどをして加工したうえで接着しています。

 

佐野 柱は、15ミリ厚の材料を6枚貼りにしているのですが、全て加工されています。下にある大きな継ぎ手の作品は、40角くらいで、これも全て面取りが行われています。

 

木田 ちょっと注意して改めて見てみますね。ガラスという難しい素材と付き合う時の重要なポイントですね。

 

木原 必ず、手に近い、こういう触る部分はカットされているわけです。

 

佐野 この切り離しをする際は、何を使って切るのですか?

 

木原 ダイヤモンドカッターで表面に傷をつけるのです。それを折るような形です。ですから、折ったところから自然に割れが入っています。細かく見ると、この切断面にがたがたしたところがあるのです。それを整えていくのが粗摺りという工程です。ですから、この切り離しという工程では手を切ってしまう可能性もあります。それから、磨きといっても、透明でない状態です。小口というところです。そこをもう少し磨いていくと、ガラスの表面と同じような透明感が出てきます。ですので、使う部位によって段階をご指定いただくのが必要になります。手すりですとか、小口が見えるような仕上げ、とか。あるいは半透明にするとか、そういう細かな指定をしていただかないとガラスを納入する側は困るのです。後になって注文を付けられても困るのです。

 

木田 たくさんのお作法があるのですね。でも、こうしてそういう難しいチャレンジをしてみませんか、と言われて受けるのが、クリエイターの役割ですね。佐野さん、挑戦されましたか?

 

佐野 今回、できなかったこともたくさんあるので、また、呼んでいただいて、今回学んだことも生かしていきたい。

 

木田 また、この画像も面取り加工ということですか?

 

木原 同じことですが、接着と組み合わせる際の加工手法ですね。こういうものを駆使して、展示されている作品、例えば、nendoさんの作品、佐野さんの作品などができています。

 

木田 下階のギャラリーには、佐野さんのガラスとヒノキのやぐら、それから佐野さんの、やはりガラスとヒノキを使った作品、それと、過去にエディーダを受賞なさったデザイナーがガラスと取り組んだ家具が置かれていますので、もう1度、ガラスという難しい素材との付き合い方を頭に入れたうえで、帰り際に改めて見ていただきたいと思います。そして接着の技術ですが……。

 

木原 接着にも、端部と端部をくっつける小口接着というのと、大きな面を張り合わせていく、今回でいうと佐野さんの作品ですね、こういう大きな面を貼り合わせる面接着というやり方。それからnenndoさんなどの作品のように留めで接着していくような、キューブ状、箱をつくる技術ですとか、その都度、端部の加工が違ってきます。

1 2 3 4 5 6 7 8