イベントレポート詳細Details of an event

第43回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

2014年4月25日(金)
講演会/セミナー

太田 今日のディスカッションの趣旨は「多様な光のあるガラスの建築」というU-30のテーマに合わせて、どれだけガラスが建築にとっていろんな可能性があるか、ということを話すことかなと思っています。

 

乾さんからは、プレゼンテーションでまず透明性の話がありました。それからここの会議室の例を出されて、中間膜をつかって色をつくっていく、それが重ね合わされていくということでした。透明性がもちろんベースにあるわけですが、その大きな空間を色づけることも研究されたかと思います。図面を見て改めてそうだなと思いました。
ガラスは平滑であるという、この清々しく真っ直ぐ1本描かれるオレンジの線と青い線、それでこの部屋はできているわけですが、その平滑性というものも表現されていたのかなと思います。
なるべく大きく使いたいと思うと発生する重さの問題も話題に出まして、それに関しては、それが大きなポイントになるので、また触れたいなと思っています。

 

岩瀬さんからは、下のインスタレーションを通して、乾さんとはまた違うポイントを出されていて、反射とか屈折で光の状態がいろいろとあるだろうということでした。それで、ここが大きいのですが、平滑に使うのではなくて、とにかく曲げたときにどういうことができるのかという問題が1つあります。
それから、大変軽い材料を使っていますから、揺らいで動きも出てきます。いろんな可能性を示した展示だと思うのですが、その話をされたと思います。

 

それから佐藤さん。圧縮、固いということ、構造材としての可能性についてお話がありました。圧縮ということで、曲げの話というのがポイントで、固いけれども、ねじったりすると割れていきます。そこでどのように強化し、曲げられるかどうかというので、実はここのガラス階段の時も、たわみますから、どのように構造的に効いてくるのかを検討し、圧縮材としてのガラスの可能性をお話されたと思います。

 

透明性や平滑性、色、反射、屈折、圧縮、あともう1つ言うと、透明でないというのもあり、緑色のお話がそうだと思うのですが、光を拡散させる働きもあるのかなと思って聞いていました。いろいろなガラスの可能性についてキーワードがでましたが、今回の岩瀬さんの実験的な作品に即して言えば、ガラスがこんなに曲がっていいのかっていうくらい曲がっています。
ここのテクニカルアドバイザーの木原さんが、レオフレックスのモックアップを、川崎へいって曲げるわけです。しかも1度曲げたものを、再度曲げるわけで、悲鳴あげながら恐る恐る、曲げていましたが、曲がるぞって感じで、面白かったです。
ガラスの歴史において、あれだけ曲がったガラスはないわけで、それは大きな可能性だと思います。

 

乾さんがおっしゃった大きさという問題も、荷重、ガラスが重いということですから、薄くすれば軽くなると、薄くすれば緑色も目立たなくなるので、実は薄くするのは大変大きな可能性があり、それは素材の美しさを今後どうやって活かしていこうかなというのがあるかと思います。
見本も後ろの方にあるかと思いますが、多分これはガラスの世界で大きな技術革新で、おもにケータイ、スマートフォン、パソコンのスクリーンに使われている薄いガラスとか化学強化を使って、化学的に両面を強化していきます。多分これがまだまだ進んで、穴が空くようになると思います。
今は化学的に強くしてから穴を開けてしまうと、そこに応力の偏りがでてしまうので、穴が開けられません。実は手すりのところでも使いましたが、穴が空けられないと結構止めるのが大変です。多分そこをクリアしていくと、建築のカーテンウォールとかはもっと軽くなるだろうし、本当に丸いバブルのような建築もできると思います。いろんな可能性があって、それは光の状態とか透明性とかとも関係してくると思っています。
何か錬金術的だなということと、錬金術的な化学的な部分と、物理とかアートとかが混じっているのが、ガラスのとてもおもしろいところで、キラキラ光るからワクワクするのですかね。
そういう楽しいプレゼンを聞かせて頂きました。

 

一応私が聞いて理解したのはそういうことでして、新しいガラスの登場も含めて、もしくは、佐藤さんのいろんなガラスの実験も含めて今までのガラスとはやっぱり新しい中にきているのだろうと思います。
そこで改めて岩瀬さんも含めて、皆さんのご意見を聞いていきたいなと思うのですが、まず平沼さんに何かお話をして頂いて、今までのこうお話どう思われました?

 

 

平沼 岩瀬さんの現物、僕は今日初めて見ました。夜の印象が強いので、見え方に賛否はあるだろうけれど、綺麗だなと思っています。何が綺麗なのかというと、やっぱり反射です。あの反射は計算されていますか?

 

岩瀬 計算はしています。どのように計算しているかというと、直射日光で当たる時と照明で当たるときは完全に違います。直射日光のときは、一方方向からしか当たらないので、それによって、照明じゃない光の入ってくる向きをフィックスすることなので、それに対する形が決まってくると思います。
でも一方で今回は内部空間なので、光の向きがフィックスされていないです。それで私が何をやったかっていうと、まずガラスの光のない状態で美しいものを置いた状態で、照明の向きをいろいろ操作しながら1番いいところに当たるものを8個厳選して、それがタイマー制御して、時間の経過とともに常に美しい光り方で、かつ多様なものが展開していく照明の制御の方法をとっています。

 

平沼 ガラス自体が光る方法を探ったということですか?

 

岩瀬 今回に関しては自然光ではないので、自然光に対してガラスを操作することができない状態でしたので、ガラスを置くことによる照明の制御によって展開していきました。外の光がどういう風に映るかは模型で展開していったので、外の光に関しては模型で、こう入るとかを検討はしました。

 

平沼 なるほど。一方で、乾さんが話してくださったことって、乾さんがガラスに期待するところが、透明性みたいなところだとすごく感じられましたが、今の岩瀬さんのお話を見られて、どう思いましたか?

 

 美しい、ほんと美しいなと思いました。使われているのが最大サイズだったとして、今の私たちは俯瞰でしか見ることがでませんが、おそらく何年後かに人を覆えるくらいの空間ができると思います。
そうなったときに是非体験したいという気持ちで見ていました。是非あの中に入って、自分が3分の1くらいの大きさになれば丁度良いのかなと思って見ていました。

 

太田 あれは、化学的に強化する槽の大きさ次第なので、溶剤につける容器が大きくなれば多分もっと大きくはなっていくのだと思います。

 

平沼 丁度僕はベネチア(ビエンナーレの出展設計)をやっています。ガラスの構造を佐藤さんにお願いして、僕はガラスで覆うことを考えています。
ガラスだけの空間を、今なんとなくこうしようかなとしていて、はじめにしようとしたのが、佐藤さんとの共作ですから、レオフレックスと呼ばれるあの薄板ガラスで揺らそうとしました。
障害になったのが、化学強化のために硝酸カリウムの中に浸けているのですが、浸ける釜の大きさが限られているということです。そして、レオフレックス自体を曲げようと思うと、やっぱり国内では曲げられなくて、日本の製品の薄板ガラスを海外に持っていって曲げて、曲げたガラスの化学強化処理を日本で行い、それを再びベネチアに運ばないといけなくなりました。飛行機1機1億円くらいかかるのを何回行くのかと、諦めました。
今日実現されたものには凄い可能性があるなと思っています。僕も乾さんが言っていたことにすごく共感しています。

 

佐藤 私も審査員をやらせていただきましたが、岩瀬さんが選ばれたあとに、実現に向けてどのような形をつくろうかという打ち合わせをしました。
もちろん可能だったら、地面から生えているだけではなくて、もっと枚数を使って上に継ぎ足して、もっとゆらゆらも揺れて、複雑な形状もできるのではないかと提案もしました。
ただし、この展覧会は、相当な安全性を要求されますので、将来に期待するということで、まずは可能性を示すことが大事じゃないかということになり、今の規模になりました。クランプで止めるとか、非常に難しいです。

 

構造の私の立場から見ると、みなさんの形状が固い材料を使って、座屈をコントロールした形態だと、非常に興味深い形だと思って見ています。もともと1枚の平面のガラスなので、どんなに弾性曲げして立てても、展開できる面で、その条件の中でどんな形状ができるかと、どこまで固くできるかと、なおかつ安全性がどれだけ確保できているかという非常に複雑な問題を、解いてみせたということにもなっています。非常に将来性を感じるものだと思い、エンジニアリング的には、非常に興味を持って見ています。

1 2 3 4 5