イベントレポート詳細Details of an event

第43回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念トークイベント

2014年4月25日(金)
講演会/セミナー

●岩瀬氏のプレゼン

 

 

岩瀬 皆さん、こんにちは。下にある作品をつくりました、岩瀬諒子と申します。
簡単に自己紹介をさせていただきます。私は去年独立をして設計活動をはじめましたが、今年の4月から東京芸術大学で乾先生の隣の研究室の中山英之研究室の助手をさせて頂いています。
他にもプロジェクトはありますが、今回の作品が初めての実作になります。

 

この作品をはじめた時にディティールについて、あまり知識がなかったため、実現に至るまでは構造家の佐藤淳さんにお世話になりました。それから佐藤淳さんの事務所の井上さんにもお世話になり、作品をつくるにあたってはヴィジュアルアーティストの右左見拓人さんに照明制御などのお手伝いを頂き、旭硝子さん、AAFさん、そういったいろんな方のご協力を得て、はじめての実作をなんとかつくり上げたという経緯があります。

 

これから、「KUSANAMI」という作品についてお話させて頂きます。
このプロジェクトを始めようと思った時に考えましたのが、ガラスってなんだろうと考えました。小さいころに触っていたガラスは割れるなど、そういったものが一番大きな印象としてありました。
建築のガラスを考えた時に、カーテンウォールとか、そのようなガラス建築と連想されるような建物はありますが、視覚的な透明性はどんどん増して、技術の進歩で変わっています。一方で大きいガラスを使えば板厚が増し、私が子供の時に感じていたようなガラスらしさがなくなっているのかなと感じました。建築という枠組みがそうさせているということで、少し建築について考えました。
設計をしていると、どうしてもガラスは目地が少なく、大きく、することによって板厚が増します。それの原因が風圧です。ガラスが外と中を隔てる境界として存在する以上どうしようもない事実です。風圧が支配的な要因として建築の設計の寸法を決めていくことに、取っ掛かりを見出しました。

 

そこで考えたのがコンペティションのテーマのガラスと光に加えて、風を考えようということになりました。「KUSANAMI」と言って、草波に風が吹いた時に光の波が出来るんですね。草と光と風が三位一体になっている風景が立ち現れていることに気づいて、この風景をガラスで実現したいと思いました。
風と光が関わりあって、可視化されるようなきっかけとなるガラスのあり方を、つまりガラスが風に戯れるような佇まいのあり方を、模索できないかというのがこのプロジェクトのはじまりでした。

 

旭硝子さんの薄板ガラスのうち0.5mmが、今あるガラスで一番薄いものです。元々薄板ガラスというのは2ミリ以下のガラスのことです。実際に使用したのが0.55mmで、今あるもので一番大きいもの1800×1200mmのガラスを使いました。
自立させたいと思いましたが、1枚だと立ちません。そこで、ガラスの下部分に少しアールのカーブを付けることによって強くしました。1枚だと、風に吹かれて倒れてしまいます。クリップでつなげて、複数のガラスで支え合うことによって、ようやく風に耐えるようなあり方を考えました。それを「KUSANAMIユニット」と呼んでいます。
KUSANAMIユニットでどういうことは、ガラスとガラスの間に隙間ができるので、そこに風がふわっと通ります。形が少し歪んでいるので、光の方向は一方向でも、すごく乱れたような美しい光をつくり出します。光の向きが変わることによっていろんな見え方をします。
実は2つモデルを提示しましたが、これが乱れたような配置になっている、私がランダムモデルと呼んでいるものです。これは今、下に展示してあるものに非常に近いモデルです。光とガラスと影がよくわからなくなっていて、もともと構想していたのが少しだけ動くよう考えています。

 

今下にあるものは部分的なモックアップで、これから直射日光を浴びられる環境だとか、そういったところに規模を広げて展開できたらと思っています。今日はせっかくこういう機会なので、先生方に、実際にどういう風に使っていけたら良いかというアイディアや、アドバイスなどを、お伺いできればと考えています。

 

実際コンセプトの段階から、作られるまでにどういうことをやったかをご紹介します。
ユニットが実は3つのユニットでなっていて、3枚で出来たユニットが2つ、2枚で出来たユニットが1つ、その配置によってできています。それぞれアールの向きの組み合わせが違うので、同じ形はありません。

 

これがアールにした時にどれくらい強くなるかという構造の検討です。実際にこのスケールで、構造検討をやってみるということで、ガラスとガラスを使うと危険なので、ヤング率の同じアルミの板で同じ厚さのものを用いて実験をしています。これが2つになったバージョンと、3つになった時どうなるかみたいなのを実際模型っていうのをつくりながらも、実際どれくらいの強さなのだろうかを手で感じながら、ここの形はもう少しねじったほうがいいとか、いろんな角度から確認して、実際に形を最終決定しました。

 

ポイントとしては、実際に内部環境になるので、外のような風が入って来ないことが一番大きいので、風をつくるような装置を下に配置していますが、それ以上に何が出来ると考えた時に、人のアクティビティみたいなのが揺らしたら良いなと思い、柔らかい素材になっています。それがガラスのギリギリまで切迫することにより、人がその上に乗った時にガラスを揺らす。柔らかい素材であれば、このアールによるねじれみたいな、ガラスの予期しない形も全部吸収できるのではと思いました。
今皆さんがご覧になった素材とは違い、私の元々構想していた素材は、マスクの鼻の部分を保護する素材で、ゴム系の素材ですが、ものすごく柔らかくて、形も吸収するような素材になっています。

 

一方、これがクリップの検討です。レオフレックスというガラスは、まず寸法に切断してそこから化学強化をしているので、その後穴を開けることが出来ませんでした。簡単に空間はつくれることを示すためにも、あえて存在感があるようなクリップが空中に浮いているのもあり得ると思って検討をしました。
これがはじめに素材を置いた瞬間ですが、元々建材でないマテリアルを使ったために、個体差がすごくあり、コピー用紙と上質紙が合わさったようなランダムな風景になってしまいました。それがガラスの存在とあり方が、存在するかしないかを解いていく状態で下がランダムな色使いになり、かなりショックを受けました。それで発注をし直して今の風景になっています。
実は後日、この存在感に対してこの幕板の色がちょっと強すぎたので、塗装もし直して現在は白になっています。
来週5月2日夜に1日限りのイベントをやろうということで、クリエイターの右左見拓人さんとコラボして、モックアップに映像を投影する演出を交え、1日限りの夜景もお見せできればと思いますので、よろしければ皆さん、いらしてください。

1 2 3 4 5