イベントレポート詳細Details of an event

第88回 AGC Studio Design Forum
AGC リノベーション展+DESIGN クロージングセミナー
 「AI時代のリノベーション」

2017年12月14日(木) 開催
講演会/セミナー

リノベーションはAIの得意分野なのか?

 

 後半は、「リノベーションはAIの得意分野なのか?」ということから、お話しましょう。
 今日のテーマは「AI時代のリノベーション」でして、リノベーションこそAIの得意分野だと考えます。リノベーションはAI適正がとても高く、その理由の一つとして、リノベーションにはコンテクスト(文脈)が多いことが挙げられます。法律・敷地の風土・交通量・土地の価値などのすべてが、建築のコンテクストです。さらにリノベーションでは既存建築が存在し、複雑な条件下でモノを設計することになり、これこそAIの分析力が必要だと言えます。
 二つ目の理由として、問題解決が主目的のことが多い、ということが挙げられます。先程言ったように、リアライズは問題解決のプロセスでして、答えを○か×かにしやすい。リノベーションをやった結果、最終的に問題が解決したかどうかを、○か×かで答えられる。そうすると、ビッグデータをドンドンためることができます。いいデザインかどうかには、○か×かはでませんが、問題解決については明確に答えられる。そのため、AIに向いていると言えます。
 三つ目には、コミュニケートしやすい、という点があります。リノベーションでは既存建物があるので、「ここがこう変わります」と該当箇所を見ながら説明できるので、コミュニケーションがとりやすいです。また、新築よりサイクルが短く、短期間の工期となることで、ビッグデータもたまりやすい、と言えます。
 このようなことから、リノベーションはAI適正が非常に高いものである、と考えます。逆に言うと、現在行われているリノベーションの中にはAI的な作業が多いのではないか、とも言えると思います。つまり、リアライジング表現を生み出しているジャンルが、リノベーションなのではないか、と。

 

 その典型例を挙げてみましょう。例えば、「住み慣れた家を新築そっくりに」というようなリフォーム広告がありますが、これには、新築にしたいけれど、資金が厳しいからリフォームにする、というような事情が垣間見えます。また、マンションリフォームには新しい概念はあまり入らず、既製のものなどで行うのが一般的です。耐震リフォームは問題と解決がもっと明快で、耐震性を上げる課題があり、それに対する答えを提示するリフォームになっています。
 世の中にある大半のリノベーションには、このようなリアライジング表現が多いと感じます。用語の定義としても、「リノベーション」という言葉は、日本では、ちょっといいことをやっているような雰囲気で語られます。
 しかし、欧米では、リノベーションの動詞「リノベート」は「再び新しくする(修復する)」というシンプルな意味合いで、新しいことを行う意味では、「イノベート=新しさを導入する(革新する)」が使われます。冒頭で述べたように、日本で「改修」を指す「リフォーム」は和製英語的で、本来、建築の「改修・修復」には「リノベーション」が使われることが多いです。
 ただし、日本では、新しい概念を込めているときに「リノベーション」と言い、一般的な改修のときは「リフォーム」と呼ぶような、和製英語的な解釈の使い方が見られます。

 

 そこで、「リノベーションは新築の劣化版なのか?」ということを考えたいと思います。リノベーションが既成概念の再生だとすると、ベストは新築ということになり、資金やその他の条件でリノベーションせざるを得ない、という見方もできます。
 しかし、実はそうではない。「リノベーションはAI適正が高い」という話をしましたが、そうではない側面がある、という話をこれからしていきます。
 リノベーションは本来、プログラミング性が高いはずです。なぜなら、一つ目の理由として、「建築計画学(人間の行動や心理に応じた建物を計画するための理論体系)の枠を超える不連続性」を持ち、アンチテーゼでもあるという点が挙げられます。リノベーションは、当初の建築計画学が用をなさなくなったために行われるので、その時点で不連続性が起こっている。そこでは新しいプログラミングが行われているはずで、本来、行われなければならない、と思います。
 二つ目の理由として、「個別の事象としての問題性が高い」ことが挙げられます。個別の事象には新しい可能性がある。社会の変化によって新しい概念が生まれたとき、既存の法律のルールではついて行けないことが多い。リノベーションは、それに即時的に反応できるチャンスが多いので、ここでも、プログラミングの新しい概念の生成が行われる可能性があると思います。
 三つ目として、「啓蒙しやすい」ということがあります。プログラミングの前提である新しい概念を世に出して社会に受け入れられることは、社会を啓蒙している(良い方向に教え導いている)とも考えられます。
 これらのことを考慮すると、リノベーションはプログラミング性が高いのではないか、と言えると思います。先程述べた、コミュニケートのしやすさはプログラミングに結びつかなければいけないはずで、フィードバックを伴うリノベーションは、実は、新築よりも、より深いプログラムが生まれる可能性があると考えます。

1 2 3 4 5 6 7 8