イベントレポート詳細Details of an event

第85回 AGC Studio Design Forum
AGC リノベーション展+DESIGN セミナー
「ワンストップリノベビジネスについて」

2017年11月16日(木)
講演会/セミナー

しっかりとコンテンツを提出することによって理解してもらうことが非常に重要

 

中田 リノベ不動産としては、各加盟店さんにホームページを提供しておりまして、会社の概要とか、従業員のメンバー登録をすればすぐ使えるようなテンプレートを提供しております。これが事例なんですが、すでに我々リノベ不動産が持っている事例が使えたり、物件を登録することなどすぐにできます。これは、B to C向けの我々のホームページ「Beat House」になりますが、かなりこの1年間でブラッシュアップしていまして、わかりやすいホームページにし、我々の魅力が伝わるようなページに変え、それをリノベ不動産のホームページに使っている。こういったものをスピーディーに、エンジニア、ディレクター、デザイナーなどのスキルを駆使して変えていっています。Facebookもかなり頻繁に投稿しています。1日1回くらい投稿していると、3万「いいね」くらいいくということになります。まぁ、Twitterに関してはフォロアーが3000~4000くらいですけれども、それほど問い合わせが来ていません。一方、インスタグラムに関していうと、メディアとしてかなり伸びているという印象があり、「インスタを見て来ました」というお客さんが増えている印象があります。フォロワーも8000、9000くらいありますが、伸び率でいうとFacebookよりも上回っているという印象があります。

 

投稿の内容はイベントに関するものであったり、物件の情報であったり、先に申しました記事であったり、そういったパターンがありますけれど、それらを1日に1回の頻度で投稿する、ということです。また、ランディングページといいまして、資料請求をするためにつくられたホームページがあり、他にリンクがなくて資料請求のボタンだけがあるという特別なページも製作しております。あとはリターゲッティング広告と言いまして、1回アクセスしてきたお客さんに対して、何回も何回もバナーを表示するという広告も出しています。3日後、7日後、15日後、30日後という間隔でバナーが流れます。消費者の方々は、一度ホームページを見ただけではなかなかアクションをとらないという傾向があり、何回も何回もアクセスして露出する、というのが大事です。これは非常に強力なマーケティングになると思っています。全般的に言えることですが、ウェブの場合は1回見てもらっただけでアクションに結びつけるのはなかなか難しい。1人のお客さんが1度来て、もう1回見てもらうということであったり、そのお客さんがFacebookで「いいね」をしている場合は、Facebookでも見てもらうということもありますし、インスタを使っていればそこでも見てもらう、と。いろんなチャネルを通じて何回も何回もしつこくアクセスしていくことが重要になってくる。また記事製作に関しては、いろんな記事を配信しておりまして、画像の上のほうにありますような、消費者に受けそうな記事を毎日我々のマーケティングチームで書いております。これをすることによって、グーグルからリノベーションに詳しいホームページだとみなされることもありますし、こういう記事をさらにFacebookで投稿していったり、何回も何回も、ここに来てもらうような枠組みをつくるということです。これはすごく大変なんですけれども、消費者からするとリノベーションはなかなかわかりにくいところがあり、一歩を踏み出せない人に対してしっかりとコンテンツを提出することによって理解してもらうことが非常に重要です。そして、先ほども申しましたようにメルマガで記事や物件情報を配信していく。

 

あと大事なのはイベントですね。我々はリノベーションのイベントをすごくやっておりまして、今日は、ボジョレーヌーボーの解禁直後ですが、ワインを飲みながらリノベーションを考えるというようなイベントを開催しております。30人くらいの参加者がおられます。こういう場を通じてリノベーションを分かりやすく伝えていこうとしています。他にもビールイベントというものがあり、ビールを飲みながらイノベーションを語り合うというものです。ビールイベントはかなり人気で毎月開催しているのですけれど、今月に関してはボジョレーヌーボーに合わせてワインにしたというわけです。他にもバスツアーを組んで建築とリノベーションの見学会を開催したり、物件の探し方に関するセミナーなど、いろんな試みをやっております。繰り返しますが、マーケティングでは、SNSだったり、リスティングだったり、メルマガやイベントだったり、いろんなチャネルを生かしてホームページに来てもらうことが重要です。こういった試みを一社一社やっていくというのは難易度が高く、我々のように12名の体制を整えるのはすごく大変だと思います。

 

これに関して、一昨日、プレスリリースを出しました。日本最大級のリノベーション情報サイトとして「リノベ不動産.com」をリリースしております。これは我々の加盟店さんが150社ありまして、全国150社さんのイベント情報とか物件情報とか、リノベ事例情報などがすべて載っていて、消費者の方は全国のリノベ不動産のショールームにアクセスできて、全国のリノベーション情報を得ることができます。そういうサイトをオープンさせました。まぁ、150拠点もあるサイトは他にないので、国内最大級とうたっているのですが、当然、各地でリノベーションの事情は違うでしょうから、各リノベーション会社さん、各拠点の魅力をそれぞれ、こうしたサイトでアピールすることができます。150地点を網羅している我々の良さをこういったところで生かしていければと思います。このサイトではスマホでもチャットで気軽に相談できる機能を持っていますので、リノベーションに対する理解の助けになると思います。

 

さらにリノベ不動産は、「fully」という暮らしに関するメディアもウェブで展開しております。「あなたらしい暮らし」をつくるためのオンラインマガジンです。リノベーションに限らず、料理であったり、お出かけ情報であったり、DIYだったりなどさまざまな情報を配信しております。そこからもリノベ不動産.comへの集客につなげられるように工夫していますし、直営メディアの「Beat House」のところで集客に成功しているので、それを加盟店さん向けに移植させることをやっています。我々がFacebookやグーグルやTwitterなどで集客してリノベ不動産.comのところで問い合わせが発生し、全国の加盟店さん向けに問い合わせを発生させるという試みを今月から始めました。ちょっと駆け足になりましたけれども、我々がリノベ不動産として、最初は「Beat House」のB to Cとしてどういうマーケティングをして、それを全国にどう展開していくか、B to Bの方向性についてもお話しした次第です。ご清聴ありがとうございました。
*この後、会場からの活発な質問を受けて終了。

 

1 2 3 4 5 6