イベントレポート詳細Details of an event

第42回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

2014年3月7日(金)
講演会/セミナー

小松 それがなかなか難しくて、自分でもどうしてこういうものを提案したのかが、実はまだつかめていないのです。
何か自然環境ではないもので動かせるものがあるとすれば、それは人かなと……

 

岩瀬 ガラスって本来は柔らかくてもろいという存在なのですが、建築に使ったとたんにちょっと暴力的なものになる、という気がしたのです。
住まいというのは周辺環境から囲って、隠蔽するものであるはずなのですが、ガラスを使うことによって一気に解き放たれて露になる。そういう意味で、設計者と住まい手の考えが違った時に暴力的なものになりかねない
そういうことを感じているから、私たちみんなが、こういう柔らかさを提案する方向へ行ったのかなあ、と。

 

杉山 ガラスは内外を分けるものですが、昔の建築にはもともと内外がない。仕切りがない。例えばパラディオのヴィラも、どこからが内部でどこからが外部かというのが曖昧だから、あまり内外の話が主題になってこない。

 

一方、ガラスが間仕切りとして機能すると、とたんに内外を意識せざるを得なくなって、内側の空調や快適性を担保するためにガラスがきちんと収まっていなければならない。でも僕ら3人が提案したのは、僕の提案は風が入って来るし、小松さんの提案も密閉されていないので、必ず風が入って来る。
岩瀬さんの提案は、そもそもガラスで環境を仕切ろうとはしていない。環境をつくるために使われてきたガラスのはずなのに、そのように扱っていない僕らの案は、昔に戻ったと言うか、ガラスそのもの自体を考え始めたのだと思います。 逆に、これからはもっと内外がルーズでもいいのではないかと、間仕切らなくてもいいんじゃないか、ということが主題になってくるのではないでしょうか。今回のコンペを通して、そのように感じました。

 

倉方 自分の作品と、他の人の作品の違いと類似について、改めて思うことはありますか?

 

杉山 やはり、ガラスというものが密閉するために使われる、もしくはガラスというものだけで自立する建築も構造的には可能だと思うのですが、それに加えて、ガラスが環境的な振る舞いをしたらいいな、と思ったのです。
すごく原始的なんですけれど、風でパタパタするとか、もちろん今なら天気等によって電子制御することはできるのでしょうが、やはり原始的にすれば風圧に応じて風が入ってきて、それに対応して光が入り、結果的に風が可視化され、内部環境も変化する。そういう内外を隔てるガラスと対話をしようかな、と考えました。

 

岩瀬 私も「風」に着目しましたので、やはり、環境を取り込みたいという発想は同じなのかな、と。「風を可視化する」というのは一緒ですよね。
杉山さんの場合は、パタパタと揺れるので、私とは仕組みは違いますけれど、風が来て、それが光に置き換えられて見えるようになる、というのは似たアプローチですね。

 

一方、違う部分は、構造に関する考え方です。私は「ガラスを自立させたい」という希望が最初にあって、今あるカーテンウォールなどの強さはガラスの厚さに依存していて、見た目としては軽めなのだけれど、境界として重くなっていき、外部環境を透過させないようになっている。
それを崩すにはどうすればいいかと考え、ガラス自体を構造にしようと考えたわけです。

 

小松 杉山さんは「内外をルーズにさせていく」と言われましたが、僕の提案では、人が乗っていない時には隙間ができていてルーズなのですが、人が乗ると隙間が埋まって室内になる、ということを理想として考え始めたのです。

 

杉山さんの先ほどのコンセプト説明によると、風が吹いていない時は完全に密閉された室内になっていて、吹いたら風が入ってきて環境とつながるというかたちにしたらいいのではないかと思うのですが?

 

杉山 そういうことも、もっと検討したいですね。

 

岩瀬 ガラスがパートで終わらずに、全体へ波及するような使い方をできればいいと思いますね。

 

杉山 そうですね。
今聞いていて思ったのですが、僕は、ガラス建築というものがこうある。例えば固いものがあり、間仕切りがあるから、そういうガラス建築に対して何かアクションしようという気持ちが強かったのです。だから、お二人が指摘なさった要素は最初から問題視していなかったのですが、確かにそういう考え方もあるな、と。

 

倉方 岩瀬さんの構造を担当された井上健一さんは、今の話をどう思われますか?

 

井上 プレゼンを見させていただいた時に面白いと思ったのは、私がもし、岩瀬さんではなく杉山さんの相談を受けていたら、たぶん、ガラスの厚みをところどころで変えて、同じ風圧を同じ面で受けても違う周期で揺れるといったことなどをやりたいな、と思いました。ガラスにはいろいろな厚みがありますしね。

 

岩瀬さんには本当に申し訳ないんですけれど、僕はレオフレックスという存在を岩瀬さんから話をいただく前は知りませんでした。レオフレックスの存在を知ることで、これまでのガラスの厚さや硬さの常識を超えたガラスの使い方を考えることが出来ました。
杉山さんの案なら、ガラスの厚みでいろいろなコントロールができると思いましたね。
デザイナーではない人間、一般人の感覚で言うと、風が吹いてきたら窓を開けますよね。ところが杉山さんの案では、風が吹いたら自然に窓が開く、というところがすごく新鮮に感じました

 

倉方 今までのガラスは装置の中で使われてきた。枠があって、それが風を変えるとか、視線が抜けるとか、手で開けられるとか、ガラスが何か枠の中にしつらえられて、特定の機能を発揮していたので、その枠組みの固さを抜けられなかった
3人の提案は、それを超えようとしているような気がします。それは杉山さんが言われた環境装置であり、周りからインプットがあった時に自然とガラスが応答することにより別の内部環境を発生させる。そこでは何かの枠組みの中での、人間が関与するオン・オフを超えている。

 

ガラスは、もっとオートマティクなものとして使えるのではないか、という提案とも言えます。

 

*この後、会場からの意見や質疑を受け、終了。

 

1 2 3 4 5 6 7