イベントレポート詳細Details of an event

第42回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

2014年3月7日(金)
講演会/セミナー


 

杉山 まず、このコンペのテーマが「多様な光のある建築」ということだったので、ガラスと光に関する提案を考えました

 

さて、僕たちの周りで一般的に見られる光は、大きく2つに分かれると思います。
1つは西洋的な強い直接光、光と影のコントラストが非常に強くあるもの。もう1つは日本的な淡い間接光で、これはガラスを通していうことに限らず、例えば障子を通してということもあるのですが、滲むような陰影のある淡い光。こういう直接光と間接光の動的な共存ができないか、と考えてコンペの応えとしました。

 

岩瀬さん、小松さんのお二人も奇しくも同じ素材を使っておられるのですが、旭硝子さんの鹿島工場に見学へ行った際、このレオフレックスという製品を紹介していただき、とても興味を持ったので、僕も採用してみました。
このガラスの曲がる性質も含め、とにかく軽いということ、軽いけれども強度もある、ということに着目しました。
これがコンペに際して最初に考えたファーストイメージです。右から左へ向かって風が吹き、いくつかの開口があり、はためいているのが見えます。

 

このイメージからは3つの要素が読み取れます。
1つ目は風が吹いていて、その流れがあるということ。2つ目は風が吹くことでガラスが動いて、強い直接光が入ってくるということ。3つ目は華奢な構造体にガラスが取り付いていることによって、ガラスが構造的な役割を持ちつつも、光を取り入れるといった環境的な振る舞いをすることです。
これらの要素によって、柔らかなガラス建築になる。そういう提案です。

 

プランはいろんな方向からの風に対して対応できるように5角形にしています。
この配置図では西から東側に風が吹いていて、風がたくさん当たるところは、先ほどのイメージでもあったように、ガラスのパネルが(風圧で)開いて、内部に風と直接光が入って来る。するとその辺りは自然と明るい場所になる。
一方で、障害物などがあり風があまり当たらないところは、ガラスを通した淡い間接光しか入ってこない。
従来の建築にあるような、機能をどこかに当てはめて建築を組み立てるというよりは、環境がそのまま内部の空間にまで干渉してくるような、そういう建築の在り方を考えました

 

次に、実現に向けて具体的なことを話したいと思います。
全体の構成としては先ほどのイメージのように、支柱があって、そこに(壁面に)ガラスのパネルが取り付いて、屋根がかかっている、ということになっています。
2本の支柱の間にガラスのパネルが支持金具によって取り付きます。この支持金具は回転するようになっていて、それではためく仕組みになっています。
化学強化ガラスは軽くて強いので、弱い風でもはためくことができる。ガラス自体にはフロスト加工してあるので、風がない時は直接光が入ってこない。つまり、最初の例で言った、日本的な淡い間接光の空間になっています。
ただ、回転支持金具だけではガタガタして構造体として成立しないので、構造家に相談して、壁立面の門型部分を固定ガラスとし、その内側部分を可動ガラスとしています。そうすることにより、非常に細い柱の座屈を防いでいます。

 

立面展開図を見ると、異なる幅のパネルがあることがわかります。3種類のパネルの幅をグラデーショナルに変化させ、全体を構成しています。もちろん、大きなパネルは風が当たってもそれほどはためかない。一方、小さなパネルは大きくはためきます。
一部拡大したのがこの図です。この壁面の門型部分に4点固定支持されたガラスがあって、その内側部分は上の2点が固定で、下の2点が可動金具になっている。これらの金具は、車のバックミラーなどにも使われる強力な接着剤でガラスに取り付けています。

 

現場では、始めに土台に支柱を建て、金具付きのガラスをノックピンで固定していきます。4点固定支持の場合は、支柱にL字プレートをネジ止めし、さらにそこに金具付きのガラスを固定します。そうすることで、誰でも簡単に順序よく組み立てられます。

 

これが2次審査の時につくった1分の1のモックアップです。このモックアップでは下のガラスを可動、上のガラスを固定としています。
このようなディテールによって、最初のイメージにあったように、風が吹くと外壁面が動いて、儚いクリスタルのようなガラスの建築になります。これがイメージ動画です。

 

ここまでが2次審査の時と同じ内容です。審査の時、審査員の方に「レオフレックスという薄いガラスを使っている割には、曲げという一番の特性を利用していない」、また柱がスチール製なので、どうしても「ガラスが構造として効いている感じがしない」、「全部ガラスでつくったらどうか」、さらには「全部プラスチックのようなものでつくったらどうか」などのご意見をいただいたので、2次審査の後、改めて考えてみたプロジェクトも少しご紹介したいと思います。

 

これがそのプロジェクトです。全部ガラスでつくっても良かったのですが、もっと安全なものでやりたいな、と思って、ポリカーボネートを使って考えてみました。
レオフレックスはフロートガラスの15倍の強さだったのですが、ポリカは200倍の強度があって、比重も半分なのですごく軽い。ボールとか子どもがぶつかっても大丈夫という素材ですね。それを使った外観がこうなっています。
ほとんど同じような形なのですが、18㎡くらいの建築面積で作ると、一番重たい壁で35kgくらい。つまり、大人2人で持ち上げて組み立てられるようになっています。

 

このコンペを通して感じたのは、建築の形態をきちっとつくるのではなくて、外の環境などを含めていろんなものを取り込みながら空間をつくってみたい、ということです。
つまり、躯体を造って、壁を立てて装飾を付けて、というものではなく、環境設備も構造も、デザインと同レベルのヒエラルキーで考えられる、そういう建築を創っていけたらいいな、と思っています。

1 2 3 4 5 6 7