イベントレポート詳細Details of an event

第42回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

2014年3月7日(金)
講演会/セミナー


 

小松  小松一平です。優秀賞をいただいた作品のプレゼンをいたします。

 

このコンペに参加するにあたり、ガラスについて考えていたことがありました。
従来、ガラスは薄くて割れやすく、熱を通して室内を暑くしたり、熱を逃がして寒くなったりと、欠点や弱点と呼べる要素が多くあった素材だと思います。そういう素材だから、人はガラスを意識しながらそれと接したり、ガラスと対話しながら生活してきたと思います。
またその欠点や弱点は技術が進歩するにつれて改善されていくことになります。例えば、割れにくいガラス発明されたり、すごい厚みのガラスが作られたり、室内での熱環境の負荷を軽減できるようなガラスもできたりします。
そういったガラスが開発されていくにつれ、人はあまりガラスを意識しないで生活できる時代へと変わってきたのではないか、と考えていました。
私は今回の提案で技術の進歩を否定的ではなく、肯定的に捉えながらも、従来からあった人とガラスが対話したり、人がアクションを起こすことによってガラスが反応するような建築、人とガラスの関係を捉え直すような提案をしたいと考えました。

 

今回、提案で用いようと考えたのは旭硝子さんで開発されたレオフレックスという化学強化ガラスです。そのガラスには、薄くて曲げられ、さらには割れにくいという特徴があります。
これは1枚のガラスの断面を描いた図ですが、まず、ガラスの曲がるという特徴について考えてみることにしました。
このガラスに力を加えると通常の状態で湾曲して曲がります。力を加えるのを止めると、また真直ぐな元の状態に戻ります。これは従来のガラスではあり得なかったことではないかと考えました。
この図は0.85ミリ厚のガラスがどの程度曲がるかを計算したものです。実際の実験で出る数値とは少し違うかもしれませんが、計算上、半径1.2mの曲率まで割れずに曲がることが分かりました。

 

そこで、提案したのは、力を加えると曲がり、また元に戻るという特長を生かして、湾曲した化学強化ガラスを外周部に纏ったガラスのバンガローでした。
木の上に吊られて、湖畔の上に浮かんだガラスの透明性と軽やかさ、浮遊感を感じられる建築です。このバンガローの中に人が入ると、床が沈んでガラスが伸びるというようなことを考えました。これはそれをイメージした動画です。
このように湾曲していたガラスの床に人が乗ることで、床が沈んで、それと同時に外周面のガラスが伸びます。そして、人が居なくなると元の形に戻ります。
通常は動かないガラスが、人の動きに合わせて膨らんだり伸びたりします。その動きに合わせて、ガラスに映り込むものが歪んだり伸びたりします。反射する光の角度も多様に変化していきます。
私はこの提案で、人とガラスの間に対話が生まれる新しい建築をつくろうと考えました。
この左の画像が平面形状で、右が断面形状です。上部を吊って地面から浮かせて、床に円形の穴を開けます。その床と地面の間の穴を通って人が出入りするように考えています。

 

伸び縮みの原理は、外周部に直径15㎜のシリコンゴムを使い、床と天井面をつないで、このゴムが伸び縮みすることによって床とガラスの伸縮を実現させています。床から天井までの高さが1.8mに、長さ2mのガラスを床と天井部分に取り付けます。
人が乗っていない時は、曲率を先ほどの計算から半径1.2mとしています。例えばそこに体重45kgの人が乗ると、床が140㎜沈んでガラスが変形します。体重60kgの人が乗ると、190㎜沈み込んで、曲率が半径3mになります。床が0㎜の状態から190㎜へと変化すると、ガラスの曲率が大きく変わるので、外形の変形が顕著に感じられるようになっています。
この浮き沈みを実現するディテールについてですが、これは2次審査の段階で考えられる限り検討していきました。
床と天井面は28㎜の構造用合板を圧着して56㎜の厚みでつくっています。床と天井の小口に蝶番を取り付けて、羽の部分に曲げ材を付け、そこにガラスを差し込んで引っ掛けるような形にしています。
人が乗って沈み込むと、その蝶番が回転して曲率が変わるようにしています。
縦に通っているのは、合計10本のシリコンゴムです。直径15㎜です。このゴムは半透明なので、存在感を消せて透明感のあるものにできるのではないかと考えました。
以上です。

1 2 3 4 5 6 7