イベントレポート詳細Details of an event

第36回 AGC studioデザインフォーラム
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会
“建築とランドスケープを融合する”

2013年10月3日(木)
講演会/セミナー

中﨑 ところで、コルビジェが近代建築の5つの要素の1つとして「屋上庭園」と言っているのですが、実のところ近代建築と屋上庭園がうまく融合していないのではないでしょうか。今、環境の時代になってきて、建築もその時代に合わせたものに変わっているのではないかと思います。
「スキップ・ガーデン・プロジェクト」は単なる屋上ではないガーデン、スキップガーデンをつなげていくことによって、いわゆる都市計画ではできないランドスケープ的な都市のつながりをつくれるのではないかと考えています。それについてはどう感じられますか。

 

石上 僕は屋上を建築の空間と言うよりも、周辺環境と結びつけて考えるのがいいと思います。今回の僕のプロジェクトや、前のKAIT工房の時も、あえてあそこに人を登らせないようにしているのです。あそこに登られてしまうと、まさに屋上庭園になってしまうので、景色をつくり出すというところから離れてしまう気がする。
中崎さんが言われるような、離れたビルに新しいランドスケープをつくっていくようなものは屋上庭園とちょっと違っていて、コルビジェが言ったのは、インテリアとしての床が最終的に屋上まで延びていって、それが庭としての役割を果たすということだと思うのです。僕が今、屋上を認識するとしたら、景色として屋上をつくりたいということがあって、ある部分では機能の延長として使いたい気持ちもあるのだけれど、ある部分では単純な景色として成り立つぐらいがいいのではないか、と思っています。

 

伊藤 私も屋上緑化にはあまりいいイメージがなく、魅力を感じません。東京の屋上を緑化しても、いったいそこを誰が使うのだろうという疑問や現実があって、実際に、誰も屋上へ行かず、使われていないところが多いと思うので、何か付加価値を付けたらいいのではないかと思います。
そうすると放置されずに、単に緑化するのではなく、もうひとつ何かできそうな気もします。

 

 

中﨑 屋上空間をデザインする時に、植栽以外の素材の可能性もあると思うのですが、何かいい提案がありますか。

 

石上 僕はたまたま今回、緑を使っていますけれど、屋上を床の延長としてではなく景色として使いたいので、緑化など建築の表層表現として使う必要はないと思います。
場合によっては、向こうの景色を映し込む水面とか、反射的なものをおいたり、向こうの景色を遮るものであったりしてもいい。新しい景観として模索していくのが重要だと思います。必ずしも地面として使う必要はなく、いままでの地面になかった新しい景色をつくり出す方向で考えていければいいと思います。

 

伊藤 私も石上さんと同じような意見です。付け加えると、東京では込み合った感じなので、その中にスケール感の違う樹を置いたり、斜線制限を緩和できるなら、例えば樹を置くだけでなく樹をモチーフとした形状をつくって周りのビルからの圧迫感を和らげるようにしたり。
屋上にはあまり重いものを置けないと思うので、新たに地面にはないようなものをつくられたら、それが新しい都会の景色になると思う

 

石上 もうちょっと言うと、やはり高さ制限がダメな部分がある。それがあることによってある種の環境ができ、街並を整えられるかもしれないが、結果的に建築の屋外環境としては良くなっていないような気がする。
結局、同じ高さの”壁”になってしまっている。もう少し別のルールで高さの設定をして周辺を形作れば建物の外観をもっと景色に行かせるのではないかと思います。

 

*この後、会場からの質疑応答があり、中崎氏の結びを加えて終了。

 

1 2 3 4