イベントレポート詳細Details of an event

第36回 AGC studioデザインフォーラム
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会
“建築とランドスケープを融合する”

2013年10月3日(木)
講演会/セミナー

●トークセッション

 

 

中﨑 トークセッションを始めますが、まず、石上さんのプレゼンを聞かれて伊藤さんが感じられたことや、石上さんへの質問などがあればお聞かせください。

 

伊藤 率直にすごいな、という印象です。チャレンジしていますよね。新しいスケール感覚を持って、ああいうランドスケープと融合のさせ方は見たことないし、かい高2.1mというヒューマンスケールの中で闘っていることに感服します。
あれが自分にできるか、と問うと、自分にはそういうスケール感はなくて、まず自分が使う際の機能性とか、人の居心地を考えてしまうので、石上さんのように突破したところまで行けるか、というと自分はそういうタイプではないので、やれないと思います。

 

石上 まぁ、機能的でないというわけではないんで(笑)。どうやって機能的にするかを頑張ってスタディしていたところです。
僕の考えとしては、建築は新しくなっていかなければいけないと思います。時代の価値観もそうだし、人の価値観もそうで、その中で、今の時代だからこそ、こうやったほうがいいのではないかと思う。
僕の希望として、今までになかったようなものができた時に、時代へのフィット感というか、自然な感じがつくりだせると思っています。初めてそれを見た時に時代の雰囲気を知ることができる、というようなことを考えています。今の時代なら、こういうところに居たい、というようなものをつくり出したいと思います。

 

中﨑 伊藤さんのプロジェクトについてはどう思いますか?

 

石上 伊藤さんの現場はすごくいいと思いますね。あのような景色というか、建物が、都市空間に出現するのはすごく期待できる。
ランドスケープと建築を結びつけるというのは、単に自然環境がどうであるかということを超えて可能性があると思っています。都市的なスケールを提案する時にランドスケープと建築を結びつけるのはすごく価値がある。
伊藤さんの作品は、そういう意味で、いわゆる建物をつくっているのだけれど都市公園としての機能も同時に持っていて、都市的なインパクトを考えられるのではないかと思う。

 

伊藤 小松では、のぺっとした大空間をつくりたかったんです。
小松は都市と言うよりも地方都市の田舎で、車でちょっと行くと周りは田んぼばかりで、そんな中で「ここに自然が必要か?」ということを思ったこともありますが、逆に言うと、箱ものの建築物をつくってしまうと将来、使えない建築物になってしまいそうな気がして、そうならないために、もし機能が変わったとしても屋上くらいは公園として開放できるような、そんな使い方をできる公共建築があってもいいだろうと思ったところからスタートしています。そういうところで、地方都市の、ある風景を変えられたら、と思っています。

 

中﨑 ありがとうございます。

 

ところで今、私は「東京スキップ・ガーデン・プロジェクト」宣言という企画に関わっています。東京のスカイラインは揃っておらず段違いになっており、いわば建築の空間構成のスキップフロアと同じようなことが都市の中で起きている。そこで、屋上をスキップガーデンと言い換えて、東京の屋上をもっと魅力的な場所としてデザインしたらどうか、ということなのです。
これまで屋上はあまり見られない場所として、例えば室外機を置くスペースにしていた。しかし、最近では住所を検索すると必ず航空写真も付いてくる。段違いなので、他のビルからも絶えず見られている。建築家はそれをもう少し意識したほうがいいのではないか、と。
例えば、石上さんがつくるカフェテリアは周りの校舎から絶えず屋上が見えるだろうし、比較的低いので地上レベルからも見えたりしますよね。その屋上をデザインするという場合、何を重要視していくのかについて、聞かせていただきたいのですが。

 

石上 僕はあれを、屋上というようには考えていないのです。僕の感覚で言うと、屋上は建築の外観から切り離されているという気がします。僕は、今回のプロジェクトを進めるにあたって、屋上みたいなものをつくりたくないという思いであり、地面に見えるようなものとして建物全体をつくりたいと考えている。だから、上から見た場合、穴から見えた地面の下の地面、というように”屋上”が地面と等価に見えてしまうのです。
屋根面を人間が触れるくらいの位置に持ってきて、そのことによってある時は屋根になったり、ある時は地面のように見える、ということを意図しているのです。

 

中﨑 伊藤さんのプロジェクトは将来、北陸新幹線が金沢から福井方向へ延伸されると、その駅舎から屋上が見える、ということも意識しながらデザインをされたと思うのですが、伊藤さんは屋上について、どのようにお考えですか。

 

伊藤 小松の場合も、屋上がありそうでない、床が隆起して地面から上がって行くので、床とシームレスにつながっている感じを意識してつくっています。だから、私も屋上をつくっているつもりはないのです。
一方、東京の場合は、屋上と言っても、見通しのいい場所もあればビルに囲まれて見通しがきかない場所など、いろいろなデコボコもあると思うのです。そうすると東京の屋上というのは、視点の変化をつけられることが魅力的なのではないでしょうか。
小松のプロジェクトでもスラブが連続しているので、そこを人が上っていくと視点が変化していろいろな見え方が現れ、ある時は見上げたり、ある時は見下ろしたりと、新たな発見も生まれるだろうと考えています。

 

中﨑 では、「屋上」という言葉が少し古い言葉になりつつあるというか、もう少し違う言葉で表現できる場所として認識したほうが魅力的になるのでしょうか。

1 2 3 4