イベントレポート詳細Details of an event

第36回 AGC studioデザインフォーラム
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会
“建築とランドスケープを融合する”

2013年10月3日(木)
講演会/セミナー

 

中﨑 モデレーターを務める中崎です。
今日は建築模型展連動企画の5回目になります。テーマは「建築とランドスケープを融合する」にしました。
今年、石上純也さんを取材した際に、石上さんは「建築とランドスケープの接点を見いだそうとしている」と仰っていた。「柔らかく、建築の範囲を少し超えたところで周辺もつくっていきながら建築自体もつくられるようなことをしたい」と。
また伊藤麻理さんは「緑の連続で屋上を造り、人があつまる場所をつくりたい、緑の丘が周りにとけ込むような風景をつくりたい」と仰っている。
この2人から最近のプロジェクトについてお話しいただき、その後、トークセッションを行います。では、まず伊藤さんからお願いします。

 

 

伊藤 UAo(ユーエーオー)代表を務めている伊藤麻理と申します。よろしくお願いします。
私は2つの自然を大事にして建築に取り組んでいます。1つは「ネイチャー」、2つ目は「ナチュラル」です。
「ネイチャー」とは、後ほど写真でもご紹介しますが、自然の造形をできる限り建築で表現する、ということです。

 

私の感覚では、自然の造形美はとても優雅でエレガントなものだと思っています。例えば、すすきの穂が、このように風に揺れている。軽やかさ、しなやかさ、儚さなどがあります。
また河原に転がっている石は、このように自然に角が洗われて、滑らかで柔らかく、愛くるしい感じがします。こういう自然です。
またもうひとつの自然「ナチュラル」とは、自然体であること、つまり使う人が自然体で使える建築のことを意味します。
それは例えば4人家族が使う住宅においても、4000人が使う公共建築においても、同じ姿勢で臨んでいます。それは独りになれる場所と、みんながつながれる場所、切れ目ない流れと溜まり、そのような二面性のあることが、人が自然体でいられることだと考えています。イメージで言うと、絶え間なく流れる河の流れとか、ところどころに生まれる河の溜まりとかです。

 

さて、ここからは小松駅東交流センター(仮)をご紹介しながら、ネイチャーとナチュラルの説明をします。
これが現場の写真です。全体を見てお分かりの通り、二次元的な連続ではなく、三次元的な曲線を利用して構成しています。特に気を付けたのが地面とのつながり方で、ランドスケープと建築をシームレスにつなげたかったので、図に示すように地面からいきなり立ち上がっているのではなく、いつの間にか立ち上がっているような、そんな状態を先端部で工夫しています。
またこの先端部分を全部円錐状の断面にすることで人工的なスラブではなく、より自然なスラブを構成し、ランドスケープとつなげることを意識しました。
次に2つ目のナチュラルについてですが、自然体で使ってもらうために、切れ目の無い動線と人が溜まれる場所をデザインしようと心がけました。壁は天井との連続性をもちながら、空間が広がったり狭くなったりもします。
また陽の光は空間に明るい場所と暗い場所をつくりだし、壁が曲がった場所では、その向きによって感じが変わります。壁と壁の距離とか明暗とか、天井の高低などの変化によって、見えるものと見えないものの微妙な連続が生まれ、そういう流れとともに溜まりができています。それによって人が自然体でこもったり、流れたりしていけると考えます。
現状は、この写真のような段階です。屋根がいつの間にか床になっていく、そんな感じで、現場ではまだ屋上はできていませんが、屋上も地面とつながって、いわば上も下もないような、ねじれたメビウスの輪のようなイメージで、人が流れるから必要なアクティビティが生まれるような仕掛けをしています。
現場が進行中ですので、その動画を少しご欄ください。

 

(動画を紹介)

 

次に建物の紹介をします。敷地は石川県のJR小松駅前です。ここに2010年に閉鎖した小松製作所の工場跡地があり、それを小松市が買い上げて市民の交流施設を計画し、プロポザール・コンペが実施されました。
また小松市は小松製作所だけでなく、村田製作所やブリヂストンなど世界的に有名な企業が集まっております。プロポーザルでは、そのような地元産業のアピールと、将来を担う子どもたちにその文化を継承することが求められていました。
与えられた敷地は1万7000㎡で、延べ床が6000㎡あります。内訳は集客、交流、育成、継承、連携、支援、管理、共用、のスペースです。これらを合わせて6000㎡です。
私は、2つの自然を実現するために、ボリュームを分けてつなげ、流れの中にさまざまな交流と出会いをつくり出したいと思いました。目的の中で、内と外、地上と屋上、広さと狭さ、高さと低さなど自然に体験することを計画しました。
具体的なプログラムはこちらの「多目的ホール」や「イベントホール」また3D動画も見られる「3Dドーム」という、3つの大ボリューム空間があります。その他には、ここに「ものづくり展示」「科学実験室」「美術室」などがあり、建物としては、こういう1棟と別棟からなります。
また地上と屋上はいろいろなところから行き来できるように工夫しています。なお、この建物は一部、地中埋設物に重要文化財があり、その上に建てなければいけないので、全体として建物を軽くしないといけません。そこで、一部ボイドスラブを使っています。
また曲面は櫛形構造であり、ものすごい数の足場を使ってコンクリートを流し込みます。模型では簡単に作れますが、実際に造るのは大変だなと、この足場だらけの現場へ行くと感じます。

 

照明については岡安泉さんにお願いしています。ここはサイエンス・パークなので、科学にまつわる照明を演出してほしいとオーダーしまして、風が来ると、センサーが連動し、その風の流れに沿って灯りが点灯するような仕組みになります。風の流れがランドスケープに溶け込んで見えるような、そんな照明の提案をしていただきました。
今後もネイチャーとナチュラルを大事にしながら、エレガントで使いやすい建築をつくっていこうと思います
最後に、展示した模型の制作過程を動画でお見せします。

 

(動画を紹介)

 

工事はあと2カ月ほど残っており、来年3月のオープン予定なので、完成したら、ぜひ、多くの方々に訪ねていただきたいと希望しています。

 

中﨑 ありがとうございました。

1 2 3 4