イベントレポート詳細Details of an event

第34回 AGC studioデザインフォーラム
「新しい建築の楽しさ2013」展連動企画 講演会”集まって住む”

2013年8月29日(木)
講演会/セミナー



 

中崎 モデレーターの中崎です。よろしくお願いします。このデザインフォーラムは、1階で開催中の建築模型展「新しい建築の楽しさ2013」と連動したものです。今日は3つの集合住宅のプロジェクトを紹介しながら「集まって住む」ということについて発表とトークセッションを進めます。
この「集まって住む」は古くて新しいテーマであり、今後も建築や社会の重要テーマになり続ける課題と考えます。
ご紹介いただく中で「LT城西」は今、注目のシェアハウスであり、共用部が非常に重要な要素となります。
一方「鹿手袋の長屋」は集合住宅でありながら、共用部がまったくないという特徴があります。
そして「コーポラティブガーデン」は、それぞれの入居者がテラスまで含めて個々のデザインに関わり、その複合的なデザインと周辺環境をみんなで共有しようという狙いがあるようです。
それではまず、西田さんからお願いします。

 



 

西田 西田です。よろしくお願いします。
今回の企画展は僕らにとって非常に貴重なものです。というのも、戸建て住宅ではない多数のプロジェクトを集めた展覧会は僕ら30代の建築家にしてみると新しい発見が多いからです。
若手建築家は最初、戸建て住宅の仕事が多く、住宅で経験を積んで行くのがほとんどです。だから、戸建てでないものに取り組むこと自体が「楽しさ」でもあります。今日は、みなさんと話し合う中で「集まって住む」ことの意味をさらに深めたいと考えております。

 

さて、今日のテーマに対する我々オンデザインからのサブテーマは「人が集まることの可能性について」です。
僕らオンデザインが「集まって住む」ことについて最初に意識し始めたのは「ヨコハマアパートメント」という、大きな共用部のある賃貸の集合住宅のプロジェクトに取り組んだ時でした。
それを進める途中と竣工後に実感したのは、人が集まることの可能性や、そこに集まることの価値は、設計者やデザイナーが考えたから生まれるのではない、とういうことです。それを発見していく入居者の人たちや外から入って来る人たちが自分の居場所やライススタイルの中で「どう使っていくのか」を決めるものであって、デザイナーが決めつけるようなものではなく、両者で育んでいくような考え方が重要だ、とそのプロジェクトで学びました。
つまり、「デザイン」という言葉で収まるものではなく「インタラクション」という双方向が大事である、と。

 

ここで、少しだけヨコハマアパートメントを紹介させていただきます。
場所は港から徒歩20分くらい入った住宅密集地です。4戸からなる集合住宅ですが1階部分に非常に大きな半戸外の共用スペースがあります。
2階には4つの部屋(住戸)があり、各部屋にはトイレ、キッチン、バス等の水廻りを備えていますが、それぞれは20㎡ほどのとても小さな居住空間になっています。
この辺りの住宅密集地では、お隣りがどんなテレビ番組を観ているかが分かるくらいの距離で近所付き合いがされているエリアです。
これが模型の写真ですけれど、その1階の共用部で起きていることが隣の建物から手に取るように分かります。
道路から見ても、その境界は高さが1段上がっているだけ、ビニールカーテンが下がっているだけであり、外部との区別が非常に希薄な境界を持っております。入居者や私たちはこの共用部のことを「広場」と呼んでおり、この広場では毎月1度「入居者連絡会」を開いています。
広場には倉庫があり、共用のキッチンやタイル張りの床暖房スペースなどもあります。それを、入居者がどう使うか、また外部の人の利用希望がある場合は、その利用について話し合うのです。
入居者や近隣の方々が、この広場の使い方を発見して、何かをする際に、僕らもフォローする必要があるので、例えば、壁に釘を打ったり、照明を立てたりするなど、相談を受けるので、僕らも会議に出ています。

 

これらの写真は、使われ方の例です。野立てのお茶会を開いています。こちらはみんなで流しそうめんを行っています。また入居者の方の趣味を活かして写真展を開いたり、近所の方で楽器をやっている方によるクリスマスコンサートも開催しました。建築家のレクチャーもやりましたし、近所の書の先生を招き、書き初めを行ったり、芝居を上演したりなど、さまざまな使い方を発見しています。
上階が約80㎡、下階が70㎡の共用部ということで、アパートの建物自体は大きくありませんが、半戸外であること、そして大きな壁面を持っていることなどを利用してさまざまな活動を展開しています。ヨコハマアパートメントのブログでもそれらの情報を発信しております。
ここの活動で分かったのは、単なる木造の賃貸アパートメントですが、その共用部の意義を拡大して行くと、ただ顔を合わせるという以上の関係ができます。自分たちの場所に、公共的なものが生まれることを発見しました
この建物を通して、建物は設計者だけでつくるのではないという建築の価値に気付き、それをベースに今回のコーポラティブガーデンの設計につなげています。

 

さて、その新しいプロジェクトは五反田駅から徒歩5分ほどのところに予定地があります。
コーポラティブですから、建てる前に入居者を募り、その人たちで結成した組合がクライアントになって設計を進めるという、集合住宅としては特殊な形式です。
通常の集合住宅では、まず建てて、出来上がった器に入居してからインテリアや住まい方をどうするか、という流れになります。一方、コーポラティブという形式を使うと、建てる前から自分の家がどこになり、その家をどうしていくかを予め考えられます。このおもしろい仕組みを使って集まって住むことの価値をどのように高めるかを、僕たちは考えました。積極的に利用し、むしろスケルトンとインフィルの色分にも介入しています。
敷地は都心部にあるにもかかわらず緑道に面した風情のある場所です。写真のように少し傾斜していて、春にはこの桜の樹が満開になって眼前に見られるという環境です。

 

この10Pをつくるにあたって10戸の家ではなく、10戸の土地と考えました。10枚の重なった立体的な敷地に対して、各入居者に自分の家を建ててもらうという考え方です。
自分の家を建てる際は、当然その眺望を生かしたつくりや、趣味のための空間を設けるなど、普通の集合住宅だとあまり意識しない要素、例えばテラスを眺望や趣味に生かすなど、そういう考え方を各レベルの高さの敷地に持ち込んでみたらどうか、と考えました。
集合住宅のルールとして避難用の階段や避難用のバルコニーを付けねばならない規制がありますけれど、それらもすべて逆手に取って、1枚1枚のフロアに外の環境と内の環境を住まい手の方と一緒に考える、ということを最初に決めました。ただ、メゾネットタイプもありますので、実際には8戸になります。

 

構造としては、外壁を自由に移動させられるように4本の柱をと梁を2P1フレームで組み、そのラーメン構造ですべてをもたせてあります。テラスの取り方や窓の切り方など自由にできるようにし、外壁をすべて雑壁扱いにします。そうすることで10階建ての積層した建物であるにもかかわらず自分の階の外の環境を内装と同時に考えることができます。
例えば3階フロアの場合、ちょうど桜の樹が眼前に来るのでテラスの設け方を考慮したり、それを眺められるダイニングをつくったりとか、樹に手が届きそうなので、キッチンとダイニング、テラスを連続させて、戸外も使ってパーティーを開けるようにしようなどのプランも考えられます。
また6階の庭(テラス)では都会的な五反田の眺望を背景にした豊かさがあり、すぐ下に桜を見下ろせる環境も生まれます。さらにテラスに樹を植えたり、ハンモックを吊ったりなどのプランも考えられる。一般的な集合住宅ではテラスで自由に樹を植えるなどということは計画段階から考えることは難しいのですが、ここでは一戸建てを持つのと同じ感覚でそれを考えられる
打ち合わせをしながら1つ1つ実現に向けて動かして行くと、出来上がりの外観が不思議なというか、設計者が意図したものではなく、各入居者の考えが集まったものになる。
デザイナーがデザインするというよりも、ここに集まってきている人たちが、自分の趣味や生活、外への意識、住人同士の関係を良くするためのちょっとした気配りなど、そうしたことが生まれる建物というのは設計者がつくる以上の、いきいきとした有機的なものになるのではないかと予測しています。

 

こうして単なるデザインからインタラクションへと変化していく中で、建築や風景、まちづくりなども各自が自分のものとして考える。それが楽しいし、持続可能な未来へつながると思えるのです。
この展覧会に「建築の楽しさ」とありますが、それは何か、と問われると、設計という行為や営みをクライアントにも知ってもらいたいということがあります。僕たちは「何のために、誰のために、建築をつくり、使うのか」ということを常に考えて建物を建てています。それは、建物自体が目的ではなく「人と人がつながれる状況や、そういう環境が豊かさ」ということを認識し、大きな環境の中で”自分事化”していくのが大事ではないか、と考えています。

1 2 3 4