イベントレポート詳細Details of an event

第28回 AGC studioデザインフォーラム
U-30 Young Architect Japan. 開催記念対談イベント

2013年3月8日(金)
講演会/セミナー

米澤 先ほど倉方さんの言葉に「ガラスは実体を持つけれど虚像も持つ」と、「実体と虚像」という言葉を使われましたが、それはまさに今私が博士課程の論文で取り組んでいるテーマなのです。「実像と虚像」が論文のテーマなんです。
そのひとつとして透明性も扱っており、「透明の多義性」について学会に論文を提出いたしました。ちょうどその時に、このコンペの話が来たのです。

 

先ほど僕のことを「直球勝負」と評してくださいましたが、まさしく「ガラスがガラスたるゆえん、透明性」というものをいったん引き受けて、それを真面目に徹底的にやり抜くと、かえって違うものを出せるかもしれない、という気もしていました。
本来のガラスは構造躯体から切り離されて存在していますが。今回のように敢えて構造躯体にしてしまうとか、またフレームがあるガラスとフレームのないガラスを対比させてみるとか。
日常として、一般の人はフレームがあるから、そこにガラスの存在を知り、認識する。ところが、ガラスだけが存在したときに、それを見て、どう感じるのだろう、と。違和感を感じてしまい、その時の反射や透過像を見て意味が少し変わるのではないか。

 

あの作品の形は円筒形なので、1枚1枚のガラスは同じ角度ではなく全部ズレていて、それらに違う像が出てくる。またこちら側とあちら側ではガラスを挟んで異なる現象が起きていて、それゆえにガラスの性質が顕在化される。誤解を恐れずに言えば、「肯定的に捏造していく」「実像を虚像化していく」ということです。
倉方さんが言われた歴史観についても非常に共感するところがあります。例えば、今の社会状況を引き受けなければならないのですが、20年後、30年後にはその前提となった社会状況が明らかに変化していくと、やはり淘汰されてしまうかもしれない。
そこで、いかに建築を多義化して、20年後に曲解されるように虚像をつくっておくことが大事だと思っています。

 

倉方 聞いていて何となく解るが、ちょっとピンとこない部分もあります。工業大学系の建築は少し違うところがあるのかなぁと(笑)。早稲田系、芸大系、東大系などがあり、工業大学系がある。まぁ、直球勝負は工業大学的と思います。
でも、あれがなぜ全部構造なのか? 例えば、細い柱であれを支えていたら、そういう世界が成立しないのか? と。

 

米澤 工業大学系の建築は、二重人格的なのではないか、と思います(笑)。
僕らは工学的に考えているのだけれども、結果的には2つの顔が出て来てしまう。実と虚、などと言っておきながら、その裏ですごくテクニカルな構造計算や実験を繰り返している。非常に現実的なんです。
ただ、僕はそれを楽しんでいるところもあって、今回の体験で実感させられたのは、頭では解るんですよ。あの作品がこういった力の流れ方でいくんだ、と。
ただ、そうやって頭で考えている一方で、「本当にできるのかな、実現させられるのかな?」と半信半疑な、自分を疑う自分もいるのです。

 

倉方 例えば、清家清さんは実験的ですよね。工業大学系以外の建築の人は比較的工学を遠い存在として見ているところがある。身近にないと神聖視してしまうところがある。
ところが、清家さんは「工作」と「工学」が同列なんですね。何でも実験的にやってしまう。それがうまくいったらおもしろかったりする。工業大学系建築は、わからないから、やってみる、といったその感覚に近いのですかね?

 

米澤 このコンペのときは、やはり理想論や夢を語らざるを得なくて、審査員の方々からも「本当にできるのか?」と問われて、「できる!」と言い切らざるを得ないところがありました。それが、まさか最優秀賞をいただいてしまい、よく言えば「実現させていただいた」、悪く言えば「実現せざるを得ない」になったわけです(笑)。自分で言って、自分を追い込んでしまった。
頭の中での「できる」という仮説が実感を伴わないので、とにかく実験を繰り返すしかない。9割りがたの実験は失敗なんですが、その失敗に発見と学びがありますので、そこに道が見えるというところです。

 

倉方 前進できると信じているからこそ前へ行ける、と。それが工学系の良さですよね。

1 2 3 4 5 6 7 8