イベントレポート詳細Details of an event

第91回 AGC Studio Design Forum
新しい建築の楽しさ2017展 プレゼン&トークセッション③
 「ワークプレイスのアメニティ・デザイン」

2017年11月28日(火)
講演会/セミナー

中崎 では、それぞれのプロジェクトについて、何か質問があればお願いします。

 

大野 玉上さんのプロジェクトは、本体がすごく大きいですが、そのうちの一部を自分が手がける際、自分の担当エリアとその他の部分の関係性をどう考えながらやっていったのでしょうか? また、アメニティエリアということで区切ってやるのか、あるいは、倉庫の本体部分に対して建築家として入っていけるところがあるのでしょうか?

 

玉上 アメニティエリアをこの部分につくってくれと、最初に宛てがわれます。ですが、今DCを5、6件進行中なのですが、このようにDCを幾つか手がけていくと、宛てがわれたエリア以外のことを質問され、考えを求められることが自ずと増えてきています。
 そういう意味で、他とどのように折り合いをつけているかというと、自然発生的に口を出さざるをえない状況になってきています。また、自分が担当するエリアとそれ以外のエリアが接する部分が必ずあるので、その部分は、対話を通してうまく調和がとれるように、現場の定例会議のなかで変更を繰り返して調整しています。

 

大野 なるほど。物流倉庫は、建築家がまだ入っていけていないビルディングタイプかと思います。今は大手メーカーがメインプレイヤーになっているのでしょうが、建築家側からすると、今後の大きいマーケットかと思うのですが…。

 

玉上 はい、可能性はおおいにあると思います。例えば、ユニクロ本社は物流倉庫と一体になっていて、最上階がオフィススペースになっている。あの例などを見ると、最初から一体的に計画したほうが合理的ですよね。
 とくに、賃貸の物流倉庫はどんな業種が入ってくるかわからないので、フレキシビリティをすごく残します。そういう意味で、オフィススペースをどこに置くかは最初に決められているのですが、実際に借手が決まると、倉庫スペースの一画をオフィスにしたり、レストランを入れたりすることもあります。ですが、後からやると不合理な計画部分が出てくることも多い。そういう部分を一体的に計画できるようになったり、もしくは借手が最初に決まったりすると、我々建築家の力がもっと生かせるような場になる、と考えています。

 

中崎 物流施設プラス建築家、というのはこれからすごく面白くなると思います。玉上さん、他のプロジェクトについての質問はありますか。

 

玉上 長谷川さんと堀越さんのSNG officeの木の加工が美しい、と感じています。東京カテドラルや代々木体育館をイメージするような構成になっていると思いますが、あれは合掌になっているように見えて、実は交差していますよね。恋人つなぎみたいな感じで…。あの発想はどのように生まれたのか、また、交差していることが何を生んでいるかに興味があります。

 

堀越 交差しているのは、一重にすると象徴性が強くなって教会のようになり、上に向かっていくような感じが強調されるので、その形態や方向性をやわらかくするという意味合いがあります。
 また、大きなスパンをとばすには通常大きな部材を使う必要がありますが、交差させることによって、その交点までのスパンでよくなって、一般流通材のちいさな部材で構成することができるようになります。
 さらに、梁などの線材は、合板を渡して固められるのが普通ですが、二重になっている架構により、一方の架構は線材だけが宙を飛ぶ印象になります。総じてちいさな部材を軽やかに見せたりという考えからきていると思います。

 

玉上 先程、僕のプロジェクトの説明でも、「包まれることの心地よさ」について話をしましたが、SNG officeも人を包み込んでいるような感じがして、気持ちのいいオフィスになるのだろう、と思いました。

 

中崎 長谷川さん、何かありますでしょうか。

 

長谷川 大野さん、玉上さんのプロジェクトとも、とても大きな規模だと思います。そういう物件を手がけるなかで、どういう楽しさを発見できたかをお伺いしたいです。一般的な住宅や公共施設とは違い、新しい流れのなかででてきた建築ジャンルだと思うので、そこでの楽しみ方はどのようなものになるのでしょうか?

 

大野 僕がやった物件は、今日の事例のなかでは唯一の都市部で、そこそこの規模もあるものです。「ワークプレイスのアメニティ」のあり方が、今、都市部において変わってきていると感じます。既存の考え方では、あくまでそこで働いている人がちょっとリラックスをしたいなど、仕事の合間の快適性をあげるための場所だと思いますが、最近、オフィス・デザインの仕事が増えてくるなかで感じるのは、アメニティスペースは社員だけのためにつくっている空間ではない、ということです。
 GDO本社オフィスのクライアントエリアと中間領域は、社員も社外の人もかなり混ざり合って使っていて、それぞれのためのアメニティになっています。企業側が、自らの社員だけではなく、外部の人と社員とのコミュニケーションを図るなかで、新たに課題解決をしていく、あるいは課題を発見していくような場所が求められ、そういう空間をつくる事例が増えてきています。
 今までの日本では、オフィスのデザインは家具屋さんフィールドで、効率性や機能性を重んじていたと思うのですが、そこがもう少し開かれてきていて、開発の余地がいろいろあると考えています。今回のGDOのプロジェクトも、そういう点を含めて行いました。社内と社外の人との出会わせ方など、それ自体がアメニティと呼べるものになり、そのあたりに面白さがあると感じます。

 

玉上 今回、物流センターを手がけて思ったのは、社会の仕組みに密接に関わっていることに触れられた感じがしました。最近、ネット通販でモノを買うことが増えていますが、その裏側に先程のような物流倉庫があり、そこで働いている人たちがいる。そういう点に目を向けられたことがまず面白く、かつ、物流倉庫がどういう成り立ちで建っているのかという背景も新鮮でした。
 先程言ったように、何百億円というプロジェクトになるので、投資家からお金を集めて建て、賃貸収入から返していくなど、モノがつくられる仕組みの部分から技術的な部分まで、それまで接してこなかったものに触れられたというのは、何よりも面白かったです。倉庫本体の話をすることが多い定例会議にも参加する機会があり、そこで垣間見えてくる、僕が担当しているエリアには関係ない部分、それ自体がすごく面白かったです。

 

中崎 ありがとうございました。

*会場からの質問を受けて応答し、終了。

 

 

1 2 3 4 5