イベントレポート詳細Details of an event

第90回 AGC Studio Design Forum
新しい建築の楽しさ2017展 プレゼン&トークセッション②
 「地域を変えるデザイン」

2017年11月21日(火)
講演会/セミナー

中崎 私からの質問はこれくらいで、各組のプロジェクトを聞いて、それぞれ質問したいことがあればお願いします。

 

尾崎 魚谷さんのプロジェクトは、住宅よりも大きくて、「私設公民館」ということを最初に考えられた。実際にあの地域には、公民館が他にあるはずなんでしょうが……、そのあたりの建物で、この計画の違いというのはどのあたりですか?

 

魚谷 あります(笑)。「公民館」という名前を出しましたが、新しい公民館を考えたわけではありません。特殊な状況をどう取り込むか、という考えでしたが、自分が設計する施設がその地域に対して最良の解である必要はないとも思っていて、その地域が持っている特殊な条件の使い方を示すことによって、他の人が違う触発のされ方をしてもいいと思っています。ただ、その条件を、「良さそうだな」と変換してもらえることが大事で、そうなると地域の価値を勝手に引き継げるんじゃないかと。ですから、人が寄って、近所の農業をやっているおばあちゃんとかと手伝いながら、「この感じいいね」という会話が始まるだけでも、地域の価値が広げられないかと思っています。私からはtecoのお二人に質問をしたい。聞いていて非常にうらやましいなぁと思いました。都市で細かな人の動きを追って計画することは非常に難しいと思います。それと、高齢者のためのまちというか、高齢者がいかに住まうかということをやっておられるのは、すごくいいプロジェクトだと聞いていました。今回のプレゼンは施設の話だったと思いますが、もうちょっと街的な、というか、先ほど見せていただいたヘルパーさんのまちの動線みたいなものを特殊なバスのルートとして考えるような、あの建物に閉じない、エリアに対して展開できる、もっと射程の広い可能性があるのではないか、と感じていました。それについて何か、お考えがあればお聞きしたい。

 

金野 そうなのです。例えば市役所に行くなど、あの辺を少し移動する時に、実は近いけれど交通機関がつながっていない、というところがあり、ヘルパーさんたちの多くは自転車で移動しています。私たちもコミュニティバスを使いますが、おじいちゃん、おばあちゃんが大勢で乗ってこられます。やはり、私たちの年代だと想定しえない、経験の中での空間というのがあって、そこはまだまだ見えてない部分があるなぁと行くたびに思います。それが建築にまで投影できるのかどうか。もしかしたら運営が始まって、その後の物語として描いていくのが必要なのか、その辺の線引きが分からないままやっているところがあります。でも、そうした気づきが、次のプロジェクトのタネになるのかなと、今、ご指摘いただいて、改めて感じました。

 

魚谷 あのルートに顔を出せばなんとかつながっていくような気がしますね。

 

金野 そうですよね。実はそういうルートが小さなまちの中に数多く散りばめられていて、そうすると「あそこのおばあちゃんいつもいるのに今日はいない」ということにすぐ気付く。そういう私たちに見えていないセーフティネットがあるんですね。ヘルパーさんのヒアリングを通してもすごくおもしろかったので、これを持続してビジュアライズできればと思います。

 

アリソン 私たちは、このまちの成り立ちだったり、「訪問介護って、どういうものだろう」、それを知りたいという気持ちで質問して、経路を聞いて、「このネットワークの一つの中心をつくるんだ」という気持ちになった。あのネットワークの、あの網目が街中にいくつも張り巡らされていて、その交点に私たちが住んでいるんだというのが鮮やかに見えて、ああ、こういう見方もできるのだと思ったのです。もしかしたら、魚谷さんがさっき言っておられたアプローチと近いのかもしれません。縁辺集落という言葉は私も初めて聞いたのですが、その特殊な状況は、誰かよくわからない人が線を引いて、普通に見ると異質なものが現れているんだけれども、それを最大に生かせるデザイン、その可能性を示すみたいなアプローチですね。その姿勢はすごく共感できたし、私たちがあの建物をつくったのは、ああいう都心で、すごく住宅が密集していて、訪問介護に自転車で行けるスペースだからああなったのですけれども、もし私たちが郊外で仕事をするならば、こういうまちの骨格みたいなところからアプローチするというのはクレバーでいいなぁと思いました。

 

金野 尾崎さんに質問いたします。不動産屋さんとの仕事で、こういう変な敷地をやってんだなぁ、というのにすごく驚いて、これを見ると、そんなに床をとれない不思議な土地じゃないですか。でも実はそういうところに建築家が起用される可能性があると思ったのです。例えば旗竿敷地で、相場よりも安く売りだされていて、上物プラス土地代の総額の中で、土地代を落とせれば、建築家が入っていく余地があるということに不動産屋さんも目を付けてやっているんだなぁ、と思いました。変形敷地といいますか、条件が悪い敷地の可能性を感じられていれば、お聞かせください。

 

尾崎 実際、旗竿敷地は建築家がたくさん手掛けて魅力的な建築がたくさんありますよね。三角形の敷地もそうだろう、と思っていて、実際、駅に近いなど人が確実に来るようなところは、リスクが低いので建築家の入る余地がない場合が多く、無理して空間的なものを出すよりもファサードしかやれるところがないという印象があります。一方で、ちょっと離れたところになると、こちら側の設計によって、例えば今回、共同住宅だったものを、「こういう計画ならホテルにもできるかもしれないね」と出したことによって、今までの、共同住宅とは違う収益の、別の道筋を示す。そういうことも含めて提案していけば、入り込んでいく余地がまだまだあると思いました。一方、マイナスな面を言うと、こういう案件は説得に時間がかかる。最近、不動産屋さんだけではなく、そこに融資をする銀行の人に対しても、同じように説得しないと計画が進まない、ということがあります。越えられる問題ではあると思いますが。

 

中崎 どうもありがとうございました。それでは会場からの質問がありましたらお受けいたします。

 

*会場からの質疑応答を経て終了。

 

 

1 2 3 4 5