イベントレポート詳細Details of an event

第90回 AGC Studio Design Forum
新しい建築の楽しさ2017展 プレゼン&トークセッション②
 「地域を変えるデザイン」

2017年11月21日(火)
講演会/セミナー

若手建築家が取り組むプロジェクトを集めた「新しい建築の楽しさ2017」展が開催された。AGCスタジオでは、その展覧会に伴い、企画者である中崎隆司氏をモデレーターに、出展者たちによるプレゼン&トークセッションを実施。2回目は「地域を変えるデザイン」をテーマに、3組の建築家が集まった。

 

モデレーター
中崎隆司氏 
建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー

 

中崎 こんばんは。新しい建築の楽しさ2017のデザインフォーラムを開催します。司会進行を務める中崎です。まず、今日の登壇者の方々をご紹介します。一番奥から、魚谷剛紀さん、次にアリソン理恵さんと金野千恵さん、そして私の隣が尾崎泰永さんです。この3組の方々に、展覧会に出展されたプロジェクトについて話していただきます。その後、地域を変えるデザインというテーマでトークセッションを行います。では魚谷さんからお願いします。

 

「まちなかのラーニングスペース」(教室・集会所・兼用住宅/静岡県浜松市)

魚谷剛紀氏(Uo.A)

 

魚谷 Uo.A(ユーオーエー)の魚谷と申します。こんばんは。このような貴重な機会をいただき、ありがとうございます。それでは、「まちなかのラーニングスペース」というプロジェクトについて説明いたします。

 

現在、展覧会でこのような模型を展示させていただいております。まちなかのラーニングスペースというタイトル自体は、ちょうど中崎さんにインタビューしていただいた際に、ヒントをいただいた経緯があります。気に入っていて、そのまま使っておりますが、最初は、私設公民館とか、私設集会所みたいなものをつくろうと考えていました。もともとはクライアントから「ダンス教室や料理教室などができる建物をつくりたい」と言われていました。それを考えていくうちに、住宅も付随していった経緯がありまして、教室兼集会所の併用住宅という用途で設計しました。最初は、公民館的なイメージがあったのですが、もう少し気軽な、手続きなどを踏まずとも立ち寄れるような場所がいいかな、という計画をしていく段階で、ラーニングスペースという話が上がってきました。併用住宅なので、いかに外とつないでいくか、ということもプログラムとしてあるのですが、プロセスとしては「開いていくものに住宅を付けていった」わけです。

 

この計画地は静岡県の浜松にあります。浜松といっても中心部ではなく、周辺部というか、郊外です。初めて敷地を訪ねた時は「変だな」と思いました。この写真を見ると、建築関係の方ならそう感じると思うのですが、旗竿敷地ですが、竿の部分に接して道があります。にもかかわらず、旗竿敷地の形状をしているという、変な場所なんです。依頼を受けたのはクライアントがこの土地を購入された後だったので「どうしてこうなるのだろう?」というのが最初の感想です。そこで、調べていくと、浜松には「市街化縁辺集落」という指定がありまして、普通は2項道路と接道していると建築を建てられるのですが、ここでは2項道路として全てつながっていないものは道路として認められない。そうなると、敷地北側にある公道まで、この旗竿を伸ばさないといけない。その結果セットバックは通常通り要求される2項道路を敷地の傍らに抱えながら、旗竿敷地になるという変な状態がありました。

 

これが敷地周辺の写真です。こちらはまだ2項道路とつながっていないので住宅地とされていない部分です。ここに線を引くとちょっとわかりやすいと思いますが、線を境に建ち方が違うというのが分かると思います。この「市街化縁辺集落地域」というのが特殊なので、それについて少しお話しします。(空撮画像を見せながら)これがいわゆる「市街化調整区域」という行政区分です。真ん中が「市街化区域」でその周辺の青いところが「市街化調整区域」です。市街化調整区域には建築をなかなかつくれないのですが、市街化調整区域でも建設が可能なのが「大規模集落制度」というものがあります。もともと、ある程度の人が住んでいて、そこに住んでいる方の血縁関係にある人、あるいはその集落の延長であれば住宅を建てても良い、という制度です。一方、この線は国道1号線や浜松の環状線など、主要な幹線道路です。浜松では、こうした主要幹線道路の内側にある大規模集落地域を、「縁辺集落地域」として指定しています。この赤い部分がそうですが、市街化調整区域の大規模集落地域で、幹線道路の中に入っている部分を「もうちょっとだけ他の人も住んでいいよ」という条例が定められています。そこには、いくつか特殊な条件が付帯しており、宅地開発なども禁止されています。ですから、ぱっと住宅地が増えるわけではない。それから、開発道路も新設されていないので、先ほどの2項道路みたいに、ちょっと変だけれども使いながら計画してください、という状態になっています。それから、敷地面積が200㎡以上500㎡未満ということも決められています。大きい土地に建てなさい、という条件にもなっています。計画地は、この赤い印のところです。

 

敷地を見て思った、ちょっとした違和感が、こういう事情でできていると分かったのです。それが行政から与えられた状態ではあるのですが、ここで計画する場合に、都市計画とは別に、住む人にとってラッキーなのではないか、と肯定的に捉えようと考えています。この赤いラインから横が市街化区域で、こちらが縁辺集落地域です。この近辺に新築される場合、特別に大きな住宅が建つケースは少ないようで、区域に関係なく、似たサイズの住宅や施設が建っているように思いました。そうすると縁辺集落に建坪が30坪ぐらいの住宅を建てると、反建蔽率といいますか、建たない側の面積の割合が80%程度残ります。例えば敷地が500㎡の場合もあるので、すごく大きな土地を持て余しているように見えました。

 

そこからどういう建築ができるかを考えていきました。旗竿なのにセットバックもされてしまうのは嫌だなぁ、というネガティブな感想から一転して、道路を単純に私的なオープンスペースと考えていくと、周辺の持て余された土地もポジティブな余白に思えてきました。それを積極的に迎い入れるような状況をつくりたいと考えました。ここに敷地の境界を書いたのですが、こちらから迎え入れることで、その境を薄くしていくような関係をこの地域の価値として捉えたいと思いました。境界はもちろん財産なので、しっかり測られるものですが、使われ方としては曖昧な状況が想像できます。そのような場所で教室をやりたいというクライアントと話していくと、いろんな使い方が膨らんできました。例えば、立地も浜松駅から車で30分くらいの場所にあり、クライアントがされるダンス教室や料理教室に対しては、旗竿の竿部分に駐車スペースを多く確保できます。通常の旗竿だと駐車には不利なのですが、2項道路が接っしているので、串刺しの状態みたいなことができます。それから、ダンス教室のステージのようにも使えるので、自然と周りの人が集まってきて観客席的な場所になります。また、周囲に畑があるので、単純に畑作業をしている人とコミュニケーションをとるような状況が生まれてくる。料理教室ということもあるので、その作物を使って料理をすることもできます。さらに、それを配る屋台が出るなど、この建物を使いながら外も人がいろいろと使いだせば良いのではないかと思います。そういう姿が立ち表れる、また行為を助けるような計画をしたいと考えました。

 

これが模型写真です。真ん中がラーニングスペースです。両脇に大きなキッチンと土間と和室があります。どちらもラーニングスペースとあわせて教室的な使われ方に対応します。キッチンなんかは、まさに公民館的な使われ方かなと思います。2階には、屋根裏リビングと呼んでいるボリュームがあり、場合によってはここが託児スペースや準備室のように使われます。それから、上下階を吹き抜けで継いでいて、子どもがボルタリングや上り棒などで遊びながら、駆け回れるような動線を確保しています。断面で見ると、真ん中がオープンになっているので、上下階でプライバシーを使い分ける、生活を分けるように意図しているのですが、個室を奥に配置して、吹き抜けなどの動線空間をブァッファーゾーンとなるように考えています。それで、このような場所を使いながら、地域の方々や、教室開催の時には子どももたくさん集まるので、そういう人たちと関係をつくりながら、建物だけじゃなく、周りの土地であったり、地域の余白まで侵食するように利用できるようになれば面白いな、と考えています。

 

少し構造的な説明をします。このような建ち方をしています。単純にラーニングスペースとして真ん中を広く取りたいのですが、ただ単に大きくつくっていくとコストも膨らむので、両脇の2棟をしっかりつくって、真ん中を乗せるというつくり方をしています。躯体のフレームは木造です。通常、木造の基礎というのは、上部の木造に対して強いというか、強度が過剰なのではないかと思うところもありまして、両脇の基礎をしっかりつくり、真ん中にはほとんどない。真ん中をブリッジすることで、躯体的に予算を取られそうなところを削りながら、大きなスペースをつくっています。(*図と写真で構造解析まで含めて細かく説明)

 

 「地域を変えるデザイン」ということに寄せて考えると、私の場合は、これをつくって何かを変えてしまおうというよりも、誰かが引いた線、今回は行政が引いたのですが、そういう与えられた条件に対して、勝手に解釈するとか、それを新しい視点で見るということによって、その地域の可能性を広げたい、と考えています。縁辺集落という制度がなくなっても敷地の余白を活かした住み方や関係が残ると面白いだろうなと。都市のストックなどという場合に、どうしても構造物的であったり、景観的な意味を受け継ぐという視点が多いと思っていますが、単純にその状態を受け継ぐというよりは、その価値を勝手に継承しているというか、もともとは違う目的で与えられたものに対して、その読み方を広げることで、何らかの伝統が残っているわけでもない場所に対しても残し続ける、そのエリアの魅力を引き出していけるような建築を展開したいと考えています。以上です。ありがとうございました。

1 2 3 4 5