イベントレポート詳細Details of an event

第27回 AGC studioデザインフォーラム
陸前高田発 ”地域の力” 明日へ ~暮らしの再建・地域の再生~

2013年2月23日(土)
講演会/セミナー

城本 もう残り時間も少ないので、最後に一言ずつ発言をお願いします。

 

伊藤 今日はみなさまありがとうございました。
もうこちらから支援を要請ばかりするのはおしまいにして、今後は協働という形にもっていかねばなりません。ぜひ、みなさんには陸前高田へ訪れていただきたいと思います。
なお、今回の震災は、確かに不幸なことでしたが、東北で起きて良かったのではないかという気もしています。というのは、私たちの地域は近所で助け合ったり、コミュニティがしっかりしていたので、支援も何もない時に米や野菜を供出して分け合ったりできた。これが東京などの都会だったら「できるのだろうか?」と思うところもあります。
そのようなコミュニティで、助け合える関係をつくる先生方が陸前高田には多数いらっしゃるので、参考にするため、ぜひいらしてください。
今日はありがとうございました。

 

高橋 私は企業誘致の担当者みたいな者ですから、一言だけ。
この被害のあった場所で裸一貫やってみようかという人、面白いアイデアのある人、ぜひ来てください。それができないまでも、私たちのことを想像していただけるだけでも助かります。

 

武蔵 震災から2年、まだほとんど何も成し遂げられていない印象もあります。でも、確かな一歩が確実に見えてきているし、それを自分たちでできることは自分たちで進めていかなくてはならない、と考えています。
ところで、せっかくNHKの城本さんがいらっしゃるのでお聞きしたいのですが、「復興庁とは何だったのか?」「いったい復興庁は本当に必要だったのか?」ということについて、ご意見を伺いたい。というのも、私たちも最初はすごく期待したのです。すごくスピーディーに復興が進むのではないか、と。

 

 

城本 ご指名いただいたので話します。
これはNHKとはまったく関係のない、あくまでも個人的な見解ですが、まず、「復興庁が必要であるという構想」については間違っていない。それは必要だったと思うし、今でも必要だと考えています。
正直言って、私も省庁縦割りでないものができるのではないか、旧来型のお役所仕事でない、機動的に仕事が進められる、と一瞬思いましたし、必要なところに必要な人材と資金が配分されるだろうと考えました。
その後、予算だけは安倍政権になっても上積みされ、25兆円を注ぎ込むことだけは決まりました。コンクリートでつくる防潮堤であったり、道路であったり、大型公共事業に類するものだけは順調に積み上っています。
ただし、マンパワーと生コンが足りないという事態も起きていますね。

 

その一方で住宅を再建するための支援や伊藤さんのように懸命に子ども支援をなさっているところに、そういうソフト面へ、必要な資金はほとんど回っていません。なぜ、そうなるのかといえば、やはり従来型の霞が関の縦割りの仕組み、非常時に対応できないシステムが復興事業にそのまま持ち込まれているからです。「ワンストップで」と安倍首相も仰っているが、そうはなっていないんですよね。形だけで人材も権限もない。
具体的には、復興庁が各省庁におうかがいを立てて、次に各省庁が財務省にうかがいを立てる、という仕組みになっており、そこを変えない限り、復興庁には実質的な存在意味がない。実務担当者の話を聞いてみてもそうです。とにかく延々と交付金申請のための書類に忙殺されている、というのが実態です。
結局、復興庁で何かをするのではなく、従来の縦割り重層構造の中で業務をこなすことになっている。その仕組みを変えなければなりません。

 

今、まとめのように行政の悪口をいいましたが、行政マンたちが悪いと言っているのではありません。もちろん、みなさん懸命に仕事をしている。それがかみ合ってない(そういう仕組みを放置している何かが悪い)。そこをきちっと直す必要があるでしょう。
今の答えではまとめになりませんので、最後に、何度もお名前が出ている、会場にいらっしゃる北総研・鈴木さんに一言お願いします。

 

鈴木 今回は、NHKの城本さんがコーディネートされており、この難しいディスカッションを一気にまとめていただけると考えていたものですから、何か話せといわれても…まともな話はできそうにありません。(笑)
武蔵さんのお話しに何度か登場した鈴木です。私自身は、何度陸前高田に通っても、現地の方々から学ばせていただくことばかり、わずかなお手伝いしかできていませんし、再生の主人公はあくまで地域の方々だと思っています。行政の方々も市民の方々も、夢に向かって本当に一生懸命にやっていらっしゃる。どの方にお会いしてもそれを感じます。ただ、最近ちょっと感じるのは、外からたくさんの方が入り、地元の方々もばらばらに外とつながっている。もう少し地元で水平の連携が強くなれば、地域の力がまとまればやれることはたくさんある。気仙の力で創る住まいの再建プロジェクトをやっていて、そう感じます。

 

今はひょっとすると、外との強い絆が多少、毛玉のように絡まってしまっている部分がある。主人公が外なのか地元なのか曖昧になっている部分もある。外から入る人間もそれに注意する必要がありますし、地元の方々も自ら選択すべき時期が来ているのではないか。そのために重要なのは地域の水平連携ではないかと。
陸前高田は、日本の地域の中でも魅力的なところといつも感じます。だからみなさんが横につながってほしい。そして、今日、会場に集まっている方々のほかにも、お役に立ちたいと思っている人はたくさんいる。今後の本格的な復興過程では、いろいろなフェーズがあるはず…その場面場面で、自分たち、まちにとって必要な人間を、もっと上手に利用してほしいなと思います。

 

城本 どうもありがとうございました。会場のみなさんも長い時間のご清聴、ありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6