イベントレポート詳細Details of an event

第24回 AGC studioデザインフォーラム
「省エネ法基準改定でこう変わる、ビルの設計作法」

2012年11月20日(火) 開催
講演会/セミナー

設計等への影響と基準達成スタディー

 


 ※クリックで拡大します。

いろいろと面倒な印象を受けますが、これらの計算は、もともと省エネ設計をやっておられた方々には「手間が変わるだけ」とも言えます。そこで、その手間がどの程度増えるかについて「作業負荷のケーススタディー(作業時間比較)」を試算した事例を紹介します。
~(詳細は略)~

 

新基準計算(PAL+一次エネルギー計算)は3割程度作業負荷が大きいということになりますが、1、2年もするとPALではなく新しい外皮の計算法が開発されるだろうと思っています。
また、「空調熱源容量選定への影響」も検討スタディー(負荷率計算)してみます。
~(詳細は略)~

 

今後は部分負荷運転がきちんと反映されるようになりますので、機器容量に余裕があると、かえって非省エネ的と見なされる場合も出てきます。例えば、同じ容量の機械を入れても、それが1台の場合と2台に分割して設定した場合を比較すると、1台ではBEI/ACが1.4で基準不達成となりますが、2台ではBEI/ACが0.8となって基準達成になる。それくらい大きな影響が出ます。
要は、熱源機器の部分負荷特性を勘案した台数分割が実現されていなければ、空調エネルギー消費量が大きく見られるということです。空調のことばかりで恐縮ですが、空調や給湯以外の照明、換気などは「定格の出力×運転時間・点灯時間」などでだいたいすっきりしますよね。

 

一方、部分負荷の効率が変わる空調や給湯はより厳密になった訳です。次も一つの試算ですけれど、セントラル熱源が個別になっただけで、計算上はエネルギー消費率が15%も減る。このように今回の計算プログラムでは台数を分割することによって有利になる傾向があると聞いています。

 


 ※クリックで拡大します。

さらに、図面表現の工夫についても触れておきます。この図に示すように空調や換気などに関して、従来は機器リストに記入していなかった省エネ対策をきちんと文章で明記することによってプログラム入力がラクになります。外気冷房などが代表的なものです。
こうした制御の内容・対象機器を機器表等に明記しておくと申請時に確認が容易になり、かつ自動制御図の提出を省略できたりします。ですから会社内で決めていた従来の書き方を見直した方が効率的になると考えられます。
これは照明においても同じで、従来だと調光制御のスケジュールがどこにも書いてありませんでしたが、その制御内容と対象室を明記しておくといいですし、給湯の場合も入力シートに必要なものはきちんと図面に記載することが求められます。
なお、基準達成スタディーを紹介しますと次のようになります。(詳細は略)

 

 

低炭素建築物認定について

 


 ※クリックで拡大します。

最後に低炭素建築物認定についてのスケジュールをもう一度確認しておきます。
実は、今回の省エネ法改定よりも前に、「低炭素まちづくり法」の低炭素認定建築物の基準として、一次エネルギー消費の基準を使うということが決まってしまったので、そちらが先行してバタバタと色々なものが決まった訳です。こちらはすでに施行されていて12月から届出が始まります。

 

一方、新省エネ法自体は施行が3月末だろうと見られており、さらに1年間の猶予期間を設けるとされているので、あと1年間は現行のPALとCECでの届出も許容されるということになります。
ここで参考までに「低炭素建築物の認定に関する基準のイメージ」をご紹介しますと、図のように2つの評価項目があります。1つは「定量的評価項目(必須項目)」であり、もう一つは「選択的項目」です。要するに今回の省エネ基準より10%以上一次エネルギー消費量を減らせば、必須項目をクリアできる。先ほど省エネの新基準は旧基準より15%くらい減ったという話をしました。
つまり、「低炭素建築物」は、現行の旧省エネ基準よりも25%くらい一次エネルギー消費量が減っている、という位置づけになるわけです。
またそれに加え、そういった数値に表れない、雨水利用などの節水対策や、屋上緑化のヒートアイランド対策なども「選択項目」としてやってください、という内容になっています。
より詳しい資料は国交省のホームページに載っていますので、参考にしてください。
この後、質疑応答を経て終わりとします。ご清聴ありがとうございました。

 

1 2 3 4