イベントレポート詳細Details of an event

第22回 AGC studioデザインフォーラム
「震災における非構造部材の被害について」

2012年9月20日(木) 開催
講演会/セミナー

先ほどご紹介ありましたが、防煙垂れ壁も改良されていて、下枠を通すタイプや壁際にクリアランスと緩衝剤を入れたタイプ、いわゆる耐震型を普及させていますけれど、やはりそういうタイプは損傷が少ないと確認できました。それから、公共施設は築年が古いものが多くて、結果的に被害も多かった印象があります。硬化性のパテを使っているものなどですね。
逆に新しいガラス建築の仙台空港では、津波に浸かった1階は別として、2階以上はまったく健全でした。集合住宅では窓と窓の間、壁の剪断亀裂でブルーシートがかかっているものもありました。そして水戸周辺もかなり被害が大きかったです。

 

一方、郊外型・平屋の大型店舗では、大きな変形を受けた軒天などで被害がありました。そうしたところの防煙垂れ壁は壁や柱との取り合いで壊れています。内陸部の被害も多くあり、郡山、須賀川などといった地域で散見されます。
ただし、郡山駅前の超高層ビルはまったく問題がなかった。やはり新しい構法によるものは健全でした。
なお、リブ構法では正面に関しては健全ですけれど、リブガラスの足元が破損しています。これはリブガラスが層間変位に追随できなかったり、地盤面との摩擦があったりで割れたのだろうと推察されます。
一応のまとめとして、傾向を把握できた範囲で言うと、やはり新しい構法の都市型ビルでは目立った被害がなかった。反対に郊外型の大型店舗では大きなガラスや防煙垂れ壁への被害が多かった、と言えます。

 

追加で申しますと、ガラススクリーン構法はご承知のように面ガラスと方立てで支えるものですが、層間変位を受けますとフェイスガラスが回転して同じ方向に変位します。
しかし今回は挙動が一致しない部分があったと見られ、基本的にリブガラスとコーナー部分の被害が多く見受けられました。これについては後に二次調査として76件のヒアリングを行っています。その76件中で被害があったのは34件でした。うち、面ガラスの被害は32件、方立てガラスが20件、両方に共通しているのが18件という結果です。
このヒアリング調査では、地域的な差やスクリーン高さによる差も考えられるのではないか、という仮設を立てて聞き取りしています。しかし、エリア的な差はたいして見られませんでした。また大きさ、高さに関しても差は見られませんでした
ただし、竣工年について見ると、基本的に設計が古いものに被害例が多くなっています
なお、ガラスの厚みによる差はほとんど出ていません。このヒアリングでは特徴的な傾向をつかめませんでした。
ガラススクリーンは「層間変位が想定を超えると割れる」とされています。今後はそうした新しい層間変位の考え方について、周知を図っていきたいと考えております。

 

最後に、災害関連の追加として突風被害にもちょっと触れておきます。
先頃、竜巻による被害が起きたこともあり、板硝子協会およびAGCとして調査しましたのでご報告します。
まず、日本における突風のガラス被害は、瓦屋根が飛んで来て大きく破損する、という例が多いです。そして開口部が一度破れると、そこから風が入り、その内圧によって今度は屋根が飛ばされる、という二次被害が起きています。
従来は「網入りガラスや強化ガラスが強い」とされてきましたが、本セミナーの前に体験していただいたように、飛来物や外力に対しては合わせガラスが強みを発揮します。
今回の震災で被害に遭った車を見ると、リアやサイドの窓は強化ガラスなので割れてしまっていたのですが、合わせガラスになっているフロントは残っていたわけです。

 

さて、私どもは「ガラスのパワーキャンペーン」を実施しております。そして2005年から全国の指定避難場所へ合わせガラスの寄贈等も行ってきました。それに伴い、ガラスに関する出張授業などにも取り組んでいます。
これは中越地震の際に、体育館のガラスが割れてしまって、避難場所として使えない、割れたら寒くて困る、といった事態を教訓として始めたものです。そういう取り組みなども通じて、安心、安全なガラス環境を創出していきたいと考えております。
この後、質疑応答を行いますが、本日はどうもありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 6